雪国美少女秘湯レ○プ1話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ

▼レ◯プされてる画像をクリック!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

雪国美少女秘湯レ◯プ1話ネタバレ

「雪国美少女秘湯レ◯プ1話」は、

 

休日、秘湯を目指し田舎の山道を歩いている男。

 

陽も落ちかけ、周囲は暗くなりはじめていました。

 

 

ガサガサッ

 

 

「何かいるっ!」

 

 

秘湯を目指しつつも
いつの間にか迷子になっていた男。

 

 

「まさか熊かっ!?」

 

 

熊に襲われないようにゆっくり近づき、音のする方を見てみると

 

そこには熊ではなく、
1人の少女が立っていました。

 

 

シャアアアアアァァァァ

 

 

夕陽に照らされ
光り輝く放物線を描いている液体・・・

 

 

制服を着ているその少女は
立ったまま足を開き、

 

下半身から液体

 

を放っていたのでした・・・

 

(「雪国美少女レ◯プ」1話のエロいシーンは、この美少女が下半身から液体を飛ばすシーンのみです・・・)

 

(でも、この出来事が「美少女をレ◯プするきっかけ」になるので、見逃し厳禁です)

 

(こんなに可愛い美少女がレ◯プされてしまう・・・)

(雪国特有のツルツルな肌)
(学校でもモテそうな美少女が、偶然会った男にレ◯プされてしまう・・・)

雪国美少女秘湯レ◯プ1話あらすじ

 

山道をしばらく歩いていると、目的の秘湯に到着。

 

さっきの見た立ち小便をしていた女の子が秘湯の脱衣場のある建物から出てきました。

 

 

「あっ・・・」

 

「さっきの少女だ・・・」

 

 

女の子をよーく見てみると、
茶色い髪の毛で大きな瞳。

 

 

誰がどう見ても美少女。

 

 

「美少女があんな場所で立ち小便・・・」

 

 

少女をもっと近くで見てみたくなった男は、少女のいる場所へ急いで走っていきます。

 

 

近くで見ると
遠くから見るよりもさらに美少女。

 

透き通るキレイで透明な肌。

 

 

「どでんしたぁ!」

 

「え?」

 

 

「あっ、すいません・・・」

「つい、方言が出ちゃって」

 

可愛らしい顔をしているのに、口から出てきたのは聞き慣れない方言。

 

 

「こんなに可愛い少女が、なまってるって…」

 

 

見た目のイメージとは違いすぎるギャップに、男の理性は崩壊しかけていきます。

 

 

少女の魅力に取りつかれてしまった男。

 

いきなり少女に顔を近づけていきます。

 

 

いきなり顔を近づけられて

 

「え?」

 

声を出して驚いてしまう少女。

 

少女のが驚いているのなんて
男にはもう関係ありません。

 

 

近くで少女の顔を見てみると、

 

大きな瞳。長いまつげ。

サラサラの髪の毛。

リップだけ塗っているやわらかそうな唇。

 

そして雪国特有のきめ細かい肌。

 

 

近くで見れば見るほど

 

少女の何もかもが
男の欲求を掻き立てるのです。

 

 

顔を近づけていた男は

美しい少女のすべてに

見とれてしまっていました。

 

 

「可愛いね。キレイだね。」

 

口で言おうとしたその言葉。

 

心の中で思うだけで
声に出ませんでした。

 

 

何も言わないで目を血走らせ、
息を荒くしたまま顔を黙って見てくる男。

 

 

少女はただただ驚いて、
男の顔を見るしか出来ません・・・

 

 

 

男は少女の顔を見つめたまま、

まるで少女に吸い寄せられていくように

何も言わずに少女の胸を触っていました。

 

 

興奮している男と

見ず知らずの男に胸を触られて、困惑している少女・・・

 

 

 

男は少女の胸を触ったあと、

 

あどけなさが残る少女を

力いっぱい抱きしめました。

 

 

ドキドキドキ・・・

 

 

いつもよりも早くなってる

少女の胸の鼓動

が男の胸に伝わってきました。

 

 

少女を力強く抱きしめている

男の耳の横には少女の口。

 

はー はー 

 

ふー ふー

 

「何をされるのかわからない。」

恐怖で荒くなってる少女の息。

 

 

無言の時間が数秒つづいたあと

男は何も言わず、

少女にキスをしました。

 

 

キスをされても

少女はその場から

一歩も動きませんでした。

 

 

というか

自分の意思

で動かなかったのです。

 

 

「これが終われば解放される・・・」

 

 

抵抗しない少女を見た男は

 

自分がやりたいように

自分の欲求を解消するように

 

少女の口の中を舐め回していきます。

 

 

少女は何も抵抗せず、されるがままに

さっき初めて会った男に

口の中を犯されていきます・・・

 

 

胸を揉まれても、

キスをされても

まったく抵抗しない美少女・・・

 

 

「もう少しで終わる・・・」

 

「このまま何もしなければ解放される・・・」

 

そう思っていた

少女の考えは残念ながら

 

この男には
通用しませんでした・・・

 

無料立ち読みはこちら

「雪国美少女秘湯レ○プ」
▼レ◯プされてる画像をクリック!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

次回
「雪国美少女秘湯レ◯プ」

→2話ネタバレはこちら

 

雪国美少女秘湯レ◯プ1話感想

「雪国美少女秘湯レ◯プ1話」は
エロいシーンがあまりありませんでした・・・。

 

漫画のタイトルに「レ◯プ」と入っているので、

「第1話からレ◯プするのかな?」

と思っていましたが残念。

 

1話は少女の出会いとキス。
そしておっぱいを揉むまで・・・

 

僕は今のこの記事を書いている時点で

「雪国美少女秘湯レ◯プ」10話(最終話)まで全て読み終わってるので結末は知ってるんですけど、

 

今回の1話は読んでおかないと、

少女の心境の変化

とかが分からなくなってしまうんですよね~。

 

あんまりエッチなシーンがないので

「ちっ! 損した!」

と思う男性もいるかもしれませんが、

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」を100%楽しむには、第1話は欠かせない存在になっています。

(値引きキャンペーンして欲しいですよね。お願いしますよ!ハンディコミックさんw)

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ1話には、まったくエロいシーンが無い。」というワケではなく、

 

強いて言えば、

 

あんなに可愛い女の子が
誰も見ていないと思って立ち小便をする。

 

ところですかね^^;

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ1話」は、

 

可愛い顔をしてるのに、田舎くさい方言を喋る美少女。

そして

あどけない顔なのに、大人顔負けの成熟したカラダ。

 

そんな田舎っぽくもあり、

もうすぐオトナになる少女が

男に無理矢理・・・

 

「美少女の方言」っていうのは

ギャップがあって萌えますので、

無料立ち読みだけでもしてみてくださいね!

 

(次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ」2話からは、今回なんて比べ物にならないドエロイ内容になっています!)

次回の雪国美少女秘湯レ◯プ2話ネタバレはこちらから

雪国美少女秘湯レ◯プ
2話

→快感に怯え震える少女の濡れた下半身に、キスをした。

 

雪国美少女秘湯レ◯プの無料立ち読みと半額セール会場はこちら

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ

▼レ◯プされてる画像をクリック!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

 

最後まで「雪国美少女秘湯レ◯プ1話ネタバレ」にお付き合い頂きまして、有難うございました!次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ2話」もお楽しみに!