雪国美少女秘湯レ○プ2話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ

▼レ◯プされてる画像をクリック!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

雪国美少女秘湯レ◯プ2話ネタバレ

「雪国美少女秘湯レ◯プ2話」は、

 

誰もいない秘湯温泉の建物の中。

 

男はさっき会ったばかりの

美少女の口とカラダをしていきます。

 

 

「気持ち良い・・・?」

 

 

少女の秘部に指を当て、ゆっくり触って少女に質問した男。

 

 

「うん・・・」

 

 

レ◯プされてるのに
気持ち良くなってしまった美少女は、

 

危機的状況なのに、

腰をふるわせて

感じてしまっているのでした・・・

 

(ピンク色の乳首に大きなおっぱい。マ◯コを触られて溢れ出すマン汁!)

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ2話」
前回とは比べ物にならない内容になっています!

(こんなに可愛い美少女がレ◯プされてしまう・・・)

(白いルーズソックスが「この美少女がレ◯プされてしまうんだ・・・」という残酷さを一層、際立たせてくれます)

抵抗しない少女に舌を突っ込んでいく男

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

少女の口の中を縦横無尽に舐めていく男。

 

まったく抵抗しない少女。

 

舌の裏側を舐めた時、

「んんっ・・・」

少女の口から、うめき声が聞こえてきます。

 

口の中で動く異物を感じて、あふれ出す少女の唾液。

 

「もっと彼女の口の中を味わいたい!」

 

これからレ◯プしていく男は
少女の柔らかい口の中を美味しそうに

ベロベロに舐め回していく・・・

舐められていただけの少女の舌にも変化が・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

男の舌がイヤラシく口の中で動くのを、ただ黙って我慢していた少女。

口の中全体を舐められているうちに
少女の舌に変化が・・・

 

男の舌に合わせ
自然と少女も男の舌に

自分の舌を

絡ませていくのでした・・・

抵抗しない美少女に唾液を飲ませていく男

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

少女が舌を絡め返してきて、さっきよりも興奮した男。

激しく舌を突っ込み、唾液を流し込んでいきます。

 

勢いよく口の中に唾液を流し込まれてしまった少女。

 

「ゴクっ」

 

喉を鳴らしながら一気に

男の口から流し込まれた唾液を

飲み込んでしまうのでした・・・

我慢出来なくなった男は、力づくで少女を壁に押し付けて

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

少女とカラダを密着させて
体温を感じてるうちに、

もうどうすることも出来ない

興奮状態の男・・・

 

少女を壁に押し付け、服の上からおっぱいを揉んでいきます。

 

「い、いやっ・・・」

 

キスまでは耐えられる・・・

 

と思っていた少女。

 

おっぱいを触られて

レ◯プしようとしている男に

声にならない声を出して、

初めての抵抗をしていきます・・・

少女の胸は予想より大きかった

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

服の上から少女のおっぱいを揉んだ男。

 

手を弾き返してくる感触で
少女の胸は、服の上からでも

とても大きいのがわかりました。

 

さっきまで雪が積もる外にいたからだろう。服の上から触る少女のおっぱいはとても冷たかった。

 

何度も何度も
おっぱいを触っていると

 

「んんんんっ」

 

少女は吐息まじりの声を出した・・・

美少女の服を脱がしていく男

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「この服の下には、柔らかくて大きな胸があるに違いない!」

 

そう思った男は少女の服を
勢い良くめくり上げました。

 

目の前に現れた少女の大きなおっぱい。

 

同時に、
少女特有の

化粧っ気のない良いニオイ

も溢れ出してきた・・・

ブラをめくると少女の大きな胸がレ◯プ男の目の前に・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

少女のニオイを嗅いでボルテージが一気にあがった男。

ブラを一気にたくしあげました。

 

ぷるんッ

 

予想以上に大きかった少女のおっぱい。

 

ツンと上を向いた乳首。
はち切れそうにパンパンに張ってる乳房。

 

女として成熟している大きなおっぱいのすぐ上にはまだ、あどけなさが残る少女の幼顔が見えた・・・

 

成熟しているおっぱいと幼い顔・・・

 

そのギャップで男は

「もうどうなってもいい!」

 

さっき会ったばかりの少女に対して、

 

体感したことのない興奮

 

をしてしまう・・・

 

 

この他にも
「雪国美少女秘湯レ◯プ」2話は、

 

男は

幼い顔には似合わない少女の大きなおっぱい

にむしゃぶりついていきます。

 

レ◯プされてしまう少女は
乳首を同時に責められて、

 

声には出しませんが
気持ち良くなってしまいます。

 

 

少女を壁に振り向かせて、
お尻を突き出す姿勢にする男。

パンツの上から、

マ◯コを舐めていきます・・・

 

 

レ◯プされているのに
気持ち良くなってしまう美少女。

 

マ◯コから溢れ出すマン汁・・・

 

「気持ち良い?」

と質問されて、レ◯プなのに

「気持ちいい・・・」

と返事をしてしまう美少女。

 

(田舎の少女だから他人を信じてしまっているのかも・・・)

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ2話」

とっても
エロい内容になっています!

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ

▼レ◯プされてる画像をクリック!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

次回
「雪国美少女秘湯レ◯プ」

→3話ネタバレはこちら

 

雪国美少女秘湯レ◯プ2話感想

「雪国美少女秘湯レ◯プ」2話は、
とってもとってもエロかったです!

 

舌を絡ませて濃厚なキスから始まって、強引に服を脱がせて乳首を舐めていく男。

 

ブラジャーを外されて目に映るのが、

幼い顔には似合わないサイズの巨乳

というのがタマラナイですよね(*´ω`*)

 

 

あとは、
スカートをめくった時に見える

雪国特有の白い肌。

 

それに、

処女を感じさせる白いパンツ。

 

(白いパンツはポイント高いですよね☆)

 

 

さっき偶然会ったばかりの美少女に
こんな事をしてしまうんですから、

 

「こんなことが自分に起きたら・・・」

 

って考えるだけで
興奮が止まりません!

 

あぁ・・・

どっかにレ◯プしても受け入れてくれる

可愛い美少女がいないでしょうか・・・

 

ボクの趣味に

「雪国の秘湯めぐり」

も追加されそうな予感がしますw

(毎回感想でこのこと言っていそうな気が・・・。それくらい本気で美少女とのレ◯プを妄想してしまいますw)

 

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ3話」は、

 

少女のパンツをずらして
マ◯コを舐めていく男。

 

興奮した男は履いているパンツを脱ぎ、少女の目の前にチ◯ポを見せつけます。

 

目の前にある

ギンギンに勃起したチ◯ポ

を見た美少女は

それを・・・

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ3話」もお楽しみに!

次回の雪国美少女秘湯レ◯プ3話はこちらから

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
3話

→いきり勃ったイチモツを差し出すと、少女は戸惑いながらも舌を這わせる。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ

▼レ◯プされてる画像をクリック!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

前回の雪国美少女秘湯レ◯プネタバレはこちらから

雪国美少女秘湯レ◯プ
1話

→癒しを求めて尋ねた温泉地。そこで美少女と出会い、僕は…。

 

 

最後まで「雪国美少女秘湯レ◯プ」2話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ3話」もお楽しみに!