雪国美少女秘湯レ○プ 3話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

雪国美少女秘湯レ◯プ3話ネタバレ

「雪国美少女秘湯レ◯プ3話」は、

 

 

誰もいない秘湯温泉の建物の中。

 

パンツの上からマ◯コを触られて

「気持ちいい・・・」

と言ってしまった少女。

 

 

我慢出来なくなった男はパンツを脱ぎ、
少女の目の前に勃起しているチ◯ポを見せつけます。

 

生まれて初めて見るチ◯ポ・・・

 

誰もやって来ない山奥の秘湯の小屋で、

処女だった雪国の美少女は、

 

チ◯ポを

美味しそうに

舐めていく・・・

 

(美少女の汚れてない口で舐められ、どんどん硬くなっていくレ◯プ犯のチ◯ポ。)

(レ◯プされているのに、「気持ち良くなって欲しい・・・」とチ◯ポを舐める美少女。)

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ3話」
とってもエロくて羨ましい内容になっています!

(こんなに可愛い美少女がレ◯プされてしまう・・・)

(雪国特有のツルツルな肌)
(学校でもモテそうな美少女が、偶然会った男にレ◯プされてしまう・・・)

気持ちいい・・・と言ってしまった美少女のマ◯コを舐める男

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

マ◯コを指でさわられて

「気持ちいい・・・」

と言ってしまった少女。

 

男は少女のパンツをずらし
直接マ◯コを舐めることにしました。

 

「あぁんっ・・・」

 

マ◯コを見られて出てしまう声。

 

レ◯プされているというのに、少女のマ◯コはすでにヌルヌルに濡れていたのでした・・・

 

マ◯コから漂ってくる

酸味を持った少女のマ◯コの匂い

に興奮した男。

 

「もっと恥ずかしい思いをさせてやろう。」

 

じゅぶぶぶぶぶぶっ!!

 

レ◯プしている美少女のマン汁
思いっきり吸っていくのでした。

 

濡れている少女のマ◯コを目の前にして我慢できなくなった男は、

 

思いっきりマ◯コに

むしゃぶりついていくのでした・・・

マ◯コを舐められて感じてしまう美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「ああああああぁぁぁっ!」

 

マン汁を残り一滴まで吸われるように舐められ、気持ち良くなってしまった美少女。

 

さっきまで声を我慢していたのに、思いっきり声を出して感じてしまいました。

 

ビクビク・・・
震えてしまうカラダ。

 

止めようとしても止まらない
喘ぎ声が混じった吐息・・・

 

男が舌を固くして舐めると、
さっきよりも少女のマ◯コは

濡れてくるのでした・・・

レ◯プしている少女は処女だった・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

大陰唇を舐め、小陰唇を舐めていると

少女のカラダの反応は
セ◯クス経験者のそれとは違いました。

 

初々しさがあり恥じらっているのです。

 

「この子は処女なんだ・・・」

 

そう思った男。

 

「レ◯プしている美少女が処女・・・」

 

男の興奮は一層高まり、

さっきよりも
優しく丁寧に

少女の処女マ◯コを

舐めていくのでした・・・

レ◯プなのに気持ち良くて震えてしまうカラダ

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

男はまだ少女の小陰唇を舐めていきました。

 

ぶるぶるっ

 

気持ち良くて震える少女のカラダ。

今度は小陰唇から大陰唇。マ◯コのスジを上から下までゆっくりと舐めていきます。

 

「はぁはぁ はぁはぁ・・・」

 

目を閉じて深い呼吸をする少女。

 

生まれて初めて
マ◯コを舐められてる気持ち良さを

少女は味わってるのでした・・・

レ◯プ中、マ◯コを舐めながら少女に羞恥心を与えてみる男

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

マ◯コ全体を舐めていると溢れ出してくるマン汁。

 

男は少女に恥ずかしい気持ちを与えるために、

 

ぶじゅじゅじゅるるるっ

 

音を出してマン汁を吸い上げていきます。

 

「知らない人に舐められて、こんなに濡れてしまってる・・・」

 

レ◯プされて濡れてしまってる事実を認めたくないのか、少女は左耳を自分の肩にくっつけ聞こえないようにするのでした・・・

認めたくない。レ◯プされてるのに濡れてるなんて・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

男は少女の行動を見て、

「少女は耳を肩にくっつけて、恥ずかしい音が聞こえないようにしている。」

と思っていました。

 

次の瞬間、
少女は男の予想外の行動をしてきます。

 

少女はマ◯コを
男の顔に押し当ててきたのです。

 

「もっと舐めて下さい・・・」

 

男の顔を見ながら
そういう表情をする少女。

 

「この少女はレ◯プされてるのになぜこんな事を・・・」

 

きっとこの女の子は、

「もっと気持ち良くして欲しいんだ。」

と判断した男。

 

 

少女の目の前に

今まで一回も見た経験がないであろう

 

勃起したチ◯ポ

 

を見せつけるのでした・・・

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」3話は
このあと

 

初めて見るチ◯ポに驚いてしまう少女は、顔を伏せてしまいます。

 

でも本当は、

「少女はチ◯ポを見ないようにしていた」

のではなく

 

レ◯プしている男を気持ち良くさせたくて、

 

最初に亀頭ではなく、
玉袋を舐めようとしていたのでした。

 

美少女はレ◯プしている男を
気持ち良くさせる為、丁寧に丁寧にチ◯ポを舐めていきます。

 

 

レ◯プされているというのに、男を気持ち良くさせたい美少女。

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ3話」は、

 

美少女が
こんなにエロくて
いいのでしょうか?

 

という男の希望がたくさん含まれている内容になっています!

(フ◯ラに玉舐め。チ◯ポを全部口に含んでいきます。)

(濡れまくってるマ◯コもエロいです!)

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
無料立ち読みはこちらからどうぞ

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

次回
「雪国美少女秘湯レ◯プ」

→4話ネタバレはこちら

 

雪国美少女秘湯レ◯プ3話感想

「雪国美少女秘湯レ◯プ」3話も
前回につづき、とってもエロかったです!

 

「レ◯プされてる。」

というのに

マ◯コを舐められて
気持ち良くなってしまう少女。

 

「さっき気持ち良くしてくれたお返しに・・・」

 

左の玉を舐め、次は右の玉を舐める。

そのままサオを舐めて、再び玉へ・・・

 

丁寧に丁寧に男の金玉を舐めてしまいます。

(金玉を舐められるとあんなに気持ち良いんですね。初めて知りました☆)

 

 

しかも

男の表情を見て、

「気持ち良い?」

って想いながら(*´ω`*)

 

美少女の献身的なフ◯ラは
これだけでは終わりませんでした。

 

亀頭に優しくキス。

そしてチ◯ポ全体を丁寧に舐め、

そのまま喉の奥まで咥えていきます。

 

雪国の田舎の女の子は全員、こんなに男に尽くしてくれるんでしょうか?

(雪国に住んでみたい!と思うのはボクだけではないはずw)

 

 

あぁ・・・

どっかにレ◯プしても

こんなに丁寧にフ◯ラをしてくれる

可愛い美少女が落ちてないかな・・・

 

 

「雪国の秘湯めぐりに行きたい!」

そんな男性が増えない事を期待しますw

 

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ4話」は、

 

丁寧にチ◯ポを舐めてくれる少女。

射精したくて我慢出来なくなった男は、少女を押し倒します。

 

目の前には、処女のマ◯コ・・・

 

「だめっ・・・」

 

「これから挿れられてしまう」
と思った美少女は・・・

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ4話」もお楽しみに!

次回の雪国美少女秘湯レ◯プ4話はこちらから

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
4話

→僕のイチモツが蜜穴を貫き、少女は女になった。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

前回の雪国美少女秘湯レ◯プネタバレはこちらから

雪国美少女秘湯レ◯プ
2話

→快感に怯え震える少女の濡れた下半身に、キスをした。

 

 

最後まで「雪国美少女秘湯レ◯プ」3話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ4話」もお楽しみに!