雪国美少女秘湯レ○プ 4話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ

▼レ◯プされてる画像をクリック!

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

雪国美少女秘湯レ◯プ4話ネタバレ

「雪国美少女秘湯レ◯プ4話」は、

 

 

誰もいない秘湯温泉の建物の中。

 

遂に雪国の美少女は、

男に挿入されてしまいます。

 

 

「キスされて、カラダを触られて・・・」

 

「ちんちんを舐めてあげれば、許してもらえるだろう・・・」

 

と思っていた少女。

 

念入りにチ◯ポを舐められて
気持ち良くなってしまった男は、

 

「ダメっ・・・」

 

という少女の言葉を無視して、

チ◯ポを挿入してしまうのでした・・・

 

 

誰もやって来ない山奥の秘湯の小屋で
温泉に入りに来ただけの男は

そこにいただけの少女の

 

処女を奪っていく!

 

(クリをチ◯ポで刺激されて気持ち良くなってしまう処女。)

「だめっ」「いれないで・・・」少女の願いは届かない…)

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ4話」
とってもエロい内容になっています!

(こんなに可愛い美少女がレ◯プされてしまう・・・)

(雪国特有のツルツルな肌)
(学校でもモテそうな美少女が、偶然会った男にレ◯プされてしまう・・・)

頭を上下に動かしフ◯ラする雪国美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

生まれて初めてチ◯ポを舐める少女。

 

その動きはぎこちなく、

慣れてる女のフ◯ラにはない気持ち良さ

がありました。

 

「まだ幼い少女が俺のチ◯ポを一生懸命に舐めている・・・」

 

そう思うと、一気に

射精感がチ◯ポを
襲ってくるのでした・・・

イキそうなレ◯プ男。少女はそれに気づいて・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

イキそうな顔をしていた男。

 

少女は

男の射精が近い。

と思ったのか、

咥えていたチ◯ポを口から出し、

手でシゴき始めました。

 

少女の細くて可愛い指。

 

手コキをしていると、カリの部分に指が引っかかり、それがとても気持ち良いのです。

 

ぴちゃ ぴちゃ・・・

 

手で刺激しながら玉袋を吸う少女の口。

 

イキそうになってしまった男は、

少女を押し倒す・・・

もうイキそう!レ◯プ男は少女を押し倒し・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

手コキと玉を舐められて
イキそうになったレ◯プ男。

 

座ってフ◯ラしていた少女の服を
力づくでめくり上げ、その場に押し倒しました。

 

 

何もはいていない少女のオマ◯コ

 

横になっても崩れない大きなおっぱい

 

が男の目に映ります。

 

 

白く、きめ細かいスベスベの少女の肌。

 

大きな成熟したおっぱいのには似合わない、幼い少女の可愛らしい顔。

 

これから本格的なレ◯プがはじまるというのに少女のマ◯コからは、

 

エッチな汁
が垂れているのでした・・・

レ◯プされるのに何かを期待してしまってる美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

レ◯プされているというのに、「何か」を期待している少女。

 

マ◯コからはマン汁が溢れ出ていました。

 

男が舐めると

少女のマン汁は無味無臭。

 

 

一滴もこぼさないように男は、

隅々まで

マ◯コを舐めていくのでした…

レ◯プなのに気持ち良くなってきた少女はアエギ声を・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

マ◯コを舐めていると、
少女は今までと違い、アエギ声を出して感じていました。

 

「はぁ  はぁ・・・」

 

かよわくて
今にも壊れてしまいそうな小さな声・・・

 

そんな声を聞かされて、

もう限界が近いレ◯プ男。

 

「レ◯プはこれからが本番だ・・・」

 

ギンギンに勃起しているチ◯ポを

 

少女のマ◯コに

押し当てました・・・

「だめっ・・・」レ◯プされたくない少女は挿入を嫌がり・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「だめっ・・・」

 

チ◯ポをマ◯コの入り口に押し付けると、少女は小さい声で挿入されるのを拒んできました。

 

レ◯プ男は

 

亀頭の先端から出てる我慢汁

少女のマン汁を

 

マ◯コの入り口で
グチュグチュ掻き混ぜていきます。

 

かき混ぜられて

ヌルヌル

になってしまってる少女のビラビラの部分。

 

 

「もうだめ・・・」

 

「挿れられてしまう・・・」

 

 

処女を失う恐怖と戦いながら、

「入れちゃだめ・・・」

と言う秘湯にいた美少女。

 

でも少女は

 

マ◯コをピクピクさせて

男に挿入されるのを

待ってるようでした・・・

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」4話は

このあと・・・

 

 

「だめ・・・入れないで・・・」

 

と言ってる少女のマ◯コに、男は挿入してしまいます。

 

 

痛くて苦痛で歪んでしまう少女の顔。

 

ヌチュヌチュ

 

と秘湯の建物の中に響く
エロくて卑猥な音・・・

 

 

雪国の秘湯に偶然いた美少女を見て、

この美少女をレ◯プしたい!

 

衝動にかられた男は

 

強引に少女の処女を奪っていきます!

 

 

キツキツに締まる処女マ◯コに理性を失ってる男。

 

そして

 

必死にチ◯ポを抜こうとする美少女。

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ4話」は、

美少女がとうとう処女喪失してしまいうという

 

残酷な内容

だけでは

 

終わりません!

 

 

普段から
激しいオ◯ニーをしていた少女は、

 

レ◯プだというのに、
初めての絶頂を迎えてしまいます!

 

 

(バックで突かれるとブルンブルンに揺れるおっぱいとイッた時に流した涙も印象的でした!)

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
無料立ち読みはこちらからどうぞ

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

次回
「雪国美少女秘湯レ◯プ」

→5話ネタバレはこちら

 

雪国美少女秘湯レ◯プ4話感想

「雪国美少女秘湯レ◯プ」4話。

大興奮のエロさでした!!

 

とうとう処女を失ってしまった少女。

 

でも、

初めての挿入で、初めての絶頂・・・

 

普段からオナってたせいなんでしょうね。

初挿入でイケるなんて(*´ω`*)

 

「レ◯プといえば、もっと激しく抵抗するもんだ。」

 

と思っていたんですけど、僕の予想より抵抗しませんでした(汗)

 

 

「ちんちんを挿れられたら、どんなに気持ち良いんだろう・・・」

 

雪国に住む美少女は、
そんなことを考えていたのかもしれませんね(*´ω`*)

 

 

可愛い顔をしてエロい女。

 

アナタの近くにいる可愛い女の子も実は、エロ女かもしれません(*´ω`*)(だからってレ◯プしたらダメですよ☆)

 

 

あぁ・・・

どっかにレ◯プしても

怒らないし、誰でも言わない。

都合の良いエロい美少女いないかな・・・

 

 

「雪国の秘湯には良い事がありそう!」

今から、冬になるのが楽しみですw

 

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ」5話は、

 

外から見えるような場所で
少女をレ◯プしていく男。

 

「見られたらどうしよう・・・」

「でも、気持ち良い・・・」

 

快楽のあまり、

羞恥心を失ってしまった少女

潮まで噴いてしまいます・・・

 

ガラスに映る自分の恥ずかしい姿。

 

さっきまで処女だった雪国の美少女は乱れまくってしまいます!

 

 

次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ5話」もお楽しみに!

次回の雪国美少女秘湯レ◯プ5話はこちらから

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
5話

→唾液で濡れ、淫液で濡れ…。彼女も淫らに快楽を求め始める。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

前回の雪国美少女秘湯レ◯プネタバレはこちらから

雪国美少女秘湯レ◯プ
3話

→いきり勃ったイチモツを差し出すと、少女は戸惑いながらも舌を這わせる。

 

 

最後まで「雪国美少女秘湯レ◯プ」4話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ5話」もお楽しみに!