雪国美少女秘湯レ○プ 5話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

雪国美少女秘湯レ◯プ5話ネタバレ

「雪国美少女秘湯レ◯プ5話」は、

 

 

誰もいない秘湯温泉の建物の中。

 

窓ガラスに手を付かされて、バックで犯されている少女。

 

 

「外から見られて恥ずかしい・・・」

 

という感情は消え、今では

 

「レ◯プでも良い・・・気持ち良くなりたい・・・」

 

 

という気持ちでした。

 

 

美少女には似合わない
だらしなく開いた口。

 

さっきまで処女だった女の子。

 

今ではポルチオで

レ◯プ男の亀頭を感じ、

 

涙を流しながら、

絶頂してしまうのでした・・・

 

(ポルチオを刺激されて感じまくる美少女。)

(「私、イヤラシイ子じゃないです!」太ももにまで垂れるHなマン汁・・・

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ5話」
とってもエロい内容になっています!

(こんなに可愛い美少女がレ◯プされてしまう・・・)

(雪国特有のツルツルな肌)
(学校でもモテそうな美少女が、偶然会った男にレ◯プされてしまう・・・)

窓に手を付かされて、外からレ◯プしている姿を見られる美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

いつ誰に見られてもおかしくない状況でレ◯プされてる少女。

 

少女にはもう、恥じらいの感情は無くなっていました。

 

「誰に見られても構わない・・・ただ、気持ち良くなりたい・・・」

 

地元の知り合いに見られることよりも、快楽を求めた少女。

 

バックで突かれ、激しく揺れるおっぱい。

 

だらしなく開いた口からは
ヨダレを垂らし、

 

誰にも見せれない姿で
思いっきり

感じてしまっていました・・・

キスをされて潮を噴いてしまう美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「ふはぁ はっ はっ・・・」

 

恥じらいの感情は捨てたものの、

気持ち良すぎて
どうにかなってしまいそうな精神状態の少女。

 

マ◯コからは

ピチャピチャ

男の太ももを伝う量の
潮を噴いてしまっていました・・・

 

レ◯プされてる相手なのに、

男がキスをすると、

少女もそれを嬉しそうに応えてきます。

体位を変えレ◯プされる美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「こんな可愛い少女を相手に・・・」

 

「こんな山奥の秘湯でレ◯プ出来るなんて・・・」

 

「もしかしてこれは夢じゃないのか?」

 

 

一目惚れした少女をレ◯プしている

 

ということを
現実だと思いたい男。

 

それを確かめるために、

 

男は仰向けになり

少女を上に乗せて、腰を振らせました。

 

そうすることで

少女の重みを感じられる。

 

そして

少女が自分で腰を振ることで、

少女の存在を感じれる。

 

そう思ったのでした。

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」5話は

このあと・・・

 

レ◯プされているのに、
自分から腰を上下に動かし始めた雪国美少女。

 

「もう逃げれないんだ・・・」

 

とあきらめて、

自分から気持ち良くなることを求めていきます。

 

深く腰を男の下半身に落とし、チ◯ポを子宮で感じようとします。

 

さっきまで処女だった女の子。

 

秘湯温泉の建物の中で、

何度も何度も絶頂してしまいます!

 

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ5話」は

 

少女が自分から腰を振って、

『普通の絶頂』

を味わうだけでは終わりません!

 

もっと気持ち良くなりたい少女は、

女性の性感帯で1番気持ち良いと言われている

ポルチオ

をチ◯ポを挿れられてるまま、
自分で腰を動かして探していきます。

 

「私はイヤラシイ女の子じゃないっ!」

 

自分ではスケベな女の子と認めたくない少女。

 

言葉とは裏腹に、

自分から快楽を求めて腰を振り続けます!

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ5話」は

さっきまで処女だった女の子が、

大声を出してイク姿

がとってもエロい内容になっています!

 

(少女が可愛いと思えば思うほど、「少女を壊したい・・・」と感情が変化していくレ◯プ男。欲望はどんどん強くなっていく・・・)

 

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
無料立ち読みはこちらからどうぞ

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

次回
「雪国美少女秘湯レ◯プ」

→6話ネタバレはこちら

 

雪国美少女秘湯レ◯プ5話感想

「雪国美少女秘湯レ◯プ」5話も
前回につづき、とってもエロかったです!

 

あまりの気持ち良さに、

「もう、誰に見られても良いの・・・」

「もっと気持ち良くなりたい・・・」

無意識で思ってしまう少女。

 

開放的になりすぎてしまって、

さっきまでなら絶対にしない恥ずかしい行為を繰り返してしまいました(*´ω`*)

 

 

アエギ声も少し前とは違い、

どんどん大きくなっていくのもエロかったです(*´ω`*)

 

「私はイヤラシイ女の子じゃない!」

 

少女のその一言がとっても印象に残った「雪国美少女秘湯レ◯プ5話」でした。

 

「気持ちいい~~!」「気持ち良いよぉ~」って、腰をうねうねさせながらチ◯ポをでポルチオを探す少女・・・)

 

(濡れまくって、太ももまでエッチな汁が垂れてしまうのは、イヤラシイ女の子の証拠ですよね☆)

 

 

あぁ・・・

どっかにレ◯プなのに

自分でポルチオを探して感じまくる

エロい美少女いないかな・・・

 

 

「雪国の秘湯には純粋そうな少女を淫乱女にする効能がありそう!」

 

(「秘湯の素」の入浴剤が販売されたら、この世の中。良い事だらけの予感がしますw)

 

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ6話」は、

 

「お前はイヤラシイ女の子なんだ!」

 

と認めさせるために、
ポルチオを何度も突いていくレ◯プ男。

 

「イクッ!いくっ!」

「ひんっ ひんっ・・・ あぁーっ」

 

ポルチオで気持ち良くなりすぎてしまう少女が超エロいです!

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ6話」もお楽しみに!

次回の雪国美少女秘湯レ◯プ6話はこちらから

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
6話

→彼女の中で暴れだす白濁液。彼女は性処理の肉壺となった。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

前回の雪国美少女秘湯レ◯プネタバレはこちらから

雪国美少女秘湯レ◯プ
4話

→僕のイチモツが蜜穴を貫き、少女は女になった。

 

 

最後まで「雪国美少女秘湯レ◯プ」5話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ5話」もお楽しみに!