雪国美少女秘湯レ○プ 6話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

雪国美少女秘湯レ◯プ6話ネタバレ

「雪国美少女秘湯レ◯プ6話」は、

 

 

誰もいない秘湯温泉の建物の中。

 

「いげね! いげね!」

 

もうこれ以上はしないでください。

おかしくなっちゃうから・・・

 

少女の悲痛の叫び声が響きます。

 

「ボクはまだイッてないよ?」

 

男は嫌がる少女に

激しく腰を

叩きつけていくのでした・・・

 

(「いげね!」方言で嫌がる雪国美少女。)

(おかしくなるほどの快感を与えられた少女のマ◯コは、チ◯ポをとても気持ち良く包んでいく!

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ6話」
とってもエロい内容になっています!

(こんなに可愛い美少女がレ◯プされてしまう・・・)

(雪国特有のツルツルな肌)
(学校でもモテそうな美少女が、偶然会った男にレ◯プされてしまう・・・)

ポルチオを刺激され全身を震わせてイク雪国美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

ポルチオを刺激されて

「いげねっ いげねぇ」

と叫ぶ少女。

 

もっと気持ち良くさせて

少女をめちゃくちゃにしたい

レ◯プ男は

 

少女の叫びを無視して

チ◯ポを挿入していきます。

 

 

少女のポルチオを亀頭で突くたびに

少女のカラダは細かく

痙攣していたのでした・・・

レ◯プ男のチ◯ポをに絡みつく少女のヒダ

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

ポルチオを突かれると、

少女のヒダは

レ◯プ男のチ◯ポ

に絡みついてきます。

 

亀頭を包み込む柔らかくて温かい肉感。

 

少女のマ◯コの中にあるヒダは
気持ち良くされていくと、

チ◯ポをもっと奥へと

導いているようでした・・・

「これ以上気持ち良くしないで!」少女の悲痛の叫び声は・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「やんだ・・・」

「やんだぁ!」

 

感情が素直に出る時、
田舎の方言が出てしまう少女。

 

「これ以上気持ち良くなったら、おかしくなってしまう!」

 

少女はもう止めてほしかったのに、関係なく腰を振る男。

 

「イッちゃう!」

「イクイク!!」

 

少女は絶句したのち、

全身を震わせて、

 

イッてしまったのでした・・・

次元の違う気持ち良さから逃げ出したい美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

全身をガクガク震わせて
絶頂してしまった少女。

 

「ひんひん・・・ いひっ・・・あーーっ!!」

 

言葉にならない声を出し続け、チ◯ポを抜こうとします。

 

「この子をもっと気持ち良くさせたい・・・」

 

と思ってるレ◯プ男は
逃げる少女の太ももを掴み、

さっきよりも激しく腰を振っていきます。

 

ポルチオを集中して責められて、

さっき以上に感じてしまう少女。

 

 

あふれ出すエッチな汁と、

こすり続けているチ◯ポのせいで

 

少女のマ◯コからは

泡が吹いてしまうのでした・・・

美少女のマ◯コは名器だった・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「もういやっ!いやぁぁ・・・」

 

逃げ出したい少女に

 

「ボクはまだイッてないよ・・・」

 

と言ったあと、腰を乱暴に振っていく男。

 

 

気持ち良すぎる恐怖から

「もう止めて下さい・・・」

と懇願してくる少女。

 

 

「もうこれ以上は耐えられない・・・」

 

と逃げ出したい表情をしている少女の顔を見ているだけで、

 

「もっとこの少女をおかしくさせたい・・・」

 

と思った男は、さらに激しく腰を振っていきます。

 

イケばイクほど締め付けてくる少女のマ◯コ。

 

「これが名器というやつか・・・」

 

少女の名器は、

チ◯ポを締め付け、

潮を噴いていたのでした・・・

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」6話は

このあと・・・

 

名器で締め付けられ、射精したくなってきた男。

 

「イクっ!!」

 

高速で腰を叩きつけていきます。

 

「あぁぁぁ! いぃっ! 気持ちいぃっ!!」

 

ポルチオでイカされ、
全身性感帯になってる少女は

 

「もっと突いて! もっと突いて!」

 

 

無意識で
レ◯プ男のチ◯ポを欲しがります。

 

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ6話」は、

 

少女がポルチオでイッて

チ◯ポを欲しがる

だけでは終わりません。

 

 

「中で出して!」

 

「いぐぅーっ!」

 

「あぁいぐぅーっ!」

 

本能で快楽を求めてしまいます。

 

レ◯プされてるのに、

膣内で射精して欲しい少女。

 

妊娠したくなってしまう雪国美少女の姿は、

 

超エロいです・・・

 

 

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
無料立ち読みはこちらからどうぞ

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

次回
「雪国美少女秘湯レ◯プ」

→7話ネタバレはこちら

 

雪国美少女秘湯レ◯プ6話感想

「雪国美少女秘湯レ◯プ」6話・・・

超ヤバかったです!!

 

 

「いげね・・・いげね・・・」

 

「やんだ・・・やんだっ!!」

 

 

方言で抵抗されるっていうのは、結構ゾクゾクしてしまうんですね!

 

 

「これ以上はヤメてぇ!」

 

「おかしくなっちゃうぅ!!」

 

 

目を大きく見開いて、
方言をしゃべり必死に抵抗する少女。

 

方言が生々しくて、とっとも良かったです☆

 

 

嫌がる少女に対して、

 

「ボクはまだイッてないよ?」

 

この日が初めての性行為の少女。

 

少女は、

これ以上気持ち良くなってしまったら、自分がどうなってしまうのかわからない。

 

 

涙を流しながら懇願する姿は

ゾクゾクしてしまいました☆

 

 

あぁ・・・

どっかに名器を持っていて、

気持ち良くなったら
方言が出ちゃう美少女いないかな・・・

 

 

「TVで雪国の少女が映ったら妄想してしまいそう!」

 

秘密のケン◯ンSHOWを見ていて、妄想してしまいそうな自分が怖いですw

 

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ7話」は、

 

「明日になったら少女はレ◯プされたことを誰かに言うかもしれない・・・」

 

恐怖に怯える男は再び、少女のカラダをむしゃぶりついていきます。

 

一度レ◯プされてしまっていた少女は、男の要求を受け入れてしまいます・・・

 

 

次回の
「雪国美少女秘湯レ◯プ7話」もお楽しみに!

次回の雪国美少女秘湯レ◯プ7話はこちらから

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
7話

→小さく狭い穴を何度も責めたて、絶頂潮吹き。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

前回の雪国美少女秘湯レ◯プネタバレはこちらから

雪国美少女秘湯レ◯プ
5話

→唾液で濡れ、淫液で濡れ…。彼女も淫らに快楽を求め始める。

 

 

最後まで「雪国美少女秘湯レ◯プ」6話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ7話」もお楽しみに!