雪国美少女秘湯レ○プ 8話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

雪国美少女秘湯レ◯プ8話ネタバレ

「雪国美少女秘湯レ◯プ8話」は、

 

 

雪が降りはじめた秘湯の中で、再びセ◯クスをしようとしている少女と男。

 

 

「この子のすべての処女を奪いたい・・・」

 

 

少女のお尻を指で開き、

マ◯コに挿入していたチ◯ポを抜いて、肛門に押し当てました。

 

 

「いやぁぁぁ!」

 

「そこはだめぇぇぇ!」

 

 

男性器の挿入を

拒むように締め付けてくる

 

少女のピンク色で

キレイなお尻の穴・・・

 

(「少女のすべてを自分のモノにしたい・・・」レ◯プ男の気持ちがわかるような気がします。

 

(今回の「雪国美少女秘湯レ◯プ8話は「お尻の穴特集」みたいになっています。苦手な方は見ない方が良いかもしれません。)

 

(でも!! そういうのが大好きな男性には、是非読んで欲しい内容になっています!ちなみにFANZAの「雪国美少女秘湯レ◯プ」は丸見えです☆)

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ8話」
マニアの男性には、とってもエロい内容になっています!

(こんなに可愛い美少女がレ◯プされてしまう・・・)

(雪国特有のツルツルな肌)
(学校でもモテそうな美少女が、偶然会った男にレ◯プされてしまう・・・)

少女の肛門をレ◯プしたくなった男

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「少女のすべての処女を奪いたい・・・」

 

と思った男。

 

少女のお尻に手を伸ばし、ゆっくり広げていきます。

 

 

「いやぁぁ・・・」

 

 

キレイなピンク色をしているお尻の穴。

 

 

「きれいだ・・・この穴の処女も奪いたいっ・・・」

 

 

まだ誰にも汚されていない少女のお尻。

 

 

「でも、こんなにキレイな穴に挿れても良いのだろうか・・・」

 

 

少女のキレイなお尻の穴を見て、躊躇してしまう男。

 

 

「朝が来ればもう二度と彼女とは・・・」

 

 

「ここの処女も奪おう!」

 

 

男は少女のお尻に

チ◯ポを当てていく・・・

そんなに奥まで挿れないで!懇願する美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「いやぁぁぁぁ!」

 

「そこはだめぇぇぇぇ!」

 

お尻に亀頭が入った時、少女は大声を出し叫びました。

 

 

初めて異物が入ってきたお尻は

ギュッ

とキツく締まり、

挿入されるのを拒んできます。

 

そのままチ◯ポを肛門に当てていた男。

 

少女が叫び終わって

一瞬、力が緩んだスキを逃さず
一気に奥まで挿入しました。

 

少女はお尻を振り、

挿れられたチ◯ポを

吐き出そうとしてきます。

 

収縮する少女の肛門・・・

 

収縮することで、

チ◯ポは少女の肛門の奥深くにまで

入っていくのでした・・・

肛門をレ◯プされてもイッてしまった美少女・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

少女の肛門に奥深くまで入ってしまったチ◯ポ。

 

少女はまだ嫌がっていました。

 

 

男の下半身は、

今までに感じたことのない快感

に襲われていました。

 

 

肛門から先は筒状になっていて、全体でチ◯ポを締め付けてきます。

 

 

それはまるで

大きくて柔らかくて温かい手のひら

で全体をシゴいている感覚でした。

 

 

男が少女の肛門で
気持ち良くなっている時、

 

あんなに嫌がっていた少女にも
変化が現れてきました。

 

「だめっ あはぁぁぁ・・・」

 

「いく・・・イクイク・・・」

 

マ◯コに挿れている時とは違う気持ち良さ。

 

男が一心不乱に腰を振っていると

少女の腰は

ビクビクっ

と震え出し、次の瞬間。

 

少女はお尻の穴でも

イッてしまったのでした・・・

「イヤっ・・・誰かに見られちゃう・・・」お尻をレ◯プされてる姿を見られたくない美少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「キミがこんなに可愛くて・・・」

 

「こんなにイヤラシイ女の子だってことを皆に知ってもらおう・・・」

 

秘湯の中で挿入していた男。

 

少女の肛門に挿入したままカラダを持ち上げ、

 

この場所に誰かが来たら

全部見られてしまう状態にした男。

 

 

「いや・・・見られるのいや・・・」

 

 

恥ずかしくて嫌がる少女。

 

何も言わさないようにキスをして、口を塞ぐ男。

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」8話は

このあと・・・

 

お尻に挿れられてイッてしまったのに、マ◯コでもイキたくなってしまった女の子。

 

「本当にキミはいやらしい女の子だね。」

 

マ◯コを触ると

ベチョベチョに溢れ出していたマン汁。

 

「んんんんっ・・・」

 

気持ち良すぎて、目を見開いたまま

 

「ちがう・・・」

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ8話」は

 

少女がお尻でも気持ち良くなってしまうだけ。

 

では終わりません!

 

口、お尻の穴、マ◯コ

3つの穴を同時に責められて

 

プシャアア

 

思いっきり潮を噴いてしまう少女。

 

「私はいやらしい女の子じゃない・・・」

 

頭では認めていなくても、

 

カラダは

いやらしい女の子

という証明をしてしまいます。

 

 

気持ち良いけど、

自分のカラダがイヤラシイ事に気づいて、

恥ずかしさでいっぱいの美少女。

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」8話は
とってもエロい内容になっています!

 

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
無料立ち読みはこちらからどうぞ

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

次回
「雪国美少女秘湯レ◯プ」

→9話ネタバレはこちら

 

雪国美少女秘湯レ◯プ8話感想

「雪国美少女秘湯レ◯プ」8話も
前回につづき、とってもエロかったです!

 

バックで挿入されてる時に、お湯に映る少女の感じてる顔がなんても言えなかったです!

 

あとは、男の

「この子の処女を全部奪いたい!」

という気持ちはわかりますね~

(好きになった女の子の全部を俺のモノにしたい!レ◯プはしませんよ?犯罪ですもん、当然です!)

 

 

女の子はやっぱり恥ずかしいんでしょうね。

お尻の穴を見られるのって。

(さっきまで処女だったんだから、その恥ずかしさは非処女の数十倍にもなると思います。)

 

 

あ、そうだ。

「女の子のお尻の穴をバッチリ見たい!」

というに方は

FANZA版の「雪国美少女秘湯レ◯プ」

をオススメしたいとおもいます。

 

(ハンディコミック版では、白くて大きなモザイクで全然見えなくなっています・・・)

 

(FANZA版の「雪国美少女秘湯レ◯プ」ではお尻の穴は丸見え。マ◯コは薄いモザイクになっています!)

 

期間限定で半額キャンペーン中(378円で全話読めます)なので、「お尻の穴まで見せてくれ!」という男性はFANZA版をダウンロードしてくださいね☆

FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

 

 

あぁ・・・

どっかにお尻の穴の処女を奪いたくなるような

可愛くてレ◯プしたくなってしまう美少女はいないかな・・・

 

 

「一緒に雪国の秘湯に行ってくれる女の子が希望です!」

 

そんな日はやってくるのでしょうか・・・w

 

 

次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ9話」は、

 

「だめです・・・だめです・・・」

 

「もうだめです・・・」

 

お尻からチ◯ポを抜いた男は、今度はマ◯コに挿入していきます。

 

何度もイカされてしまった女の子。

 

頭では冷静な判断をすることが難しくなってしまっていました。

 

次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ9話」もお楽しみに!

次回の雪国美少女秘湯レ◯プ9話はこちらから

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
9話

→僕は気を失った彼女を犯し続けた。ここはもう、僕と彼女だけの世界だ。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

前回の雪国美少女秘湯レ◯プネタバレはこちらから

雪国美少女秘湯レ◯プ
7話

→小さく狭い穴を何度も責めたて、絶頂潮吹き。

 

 

最後まで「雪国美少女秘湯レ◯プ」8話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!次回の「雪国美少女秘湯レ◯プ9話」もお楽しみに!