雪国美少女秘湯レ○プ 10話ネタバレ、あらすじ、感想を紹介しています。

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

雪国美少女秘湯レ◯プ10話ネタバレ

「雪国美少女秘湯レ◯プ10話」は、

 

 

秘湯にある建物の中で目を覚ました男。

 

「あれ?」

 

そこには少女の姿はありませんでした。

 

「なんでだ!」

「もうあの子を抱けないのか!」

 

気付くと服を着ている男。

 

裸で寝たはずなのに・・・

彼女が着せてくれたのか?

 

「優しい少女が風邪を引かないように、気を使ってくれたんだろう・・・」

 

でも、

 

「終わった・・・」

 

「俺と彼女だけの世界は終わったんだ・・・」

 

 

少女を失った悲しさで

胸が張り裂けそうな男。

 

 

予約しておいた宿へ戻り、

 

「少女ともう会えないんだ・・・」

 

悲壮感が漂い、抜け殻になっていると

 

 

不意に旅館の扉が

 

ガラガラ・・・

 

音を立てて

ゆっくりと開きました・・・

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ10話」
とってもエロい内容になっています!

(こんなに可愛い美少女がレ◯プされてしまう・・・)

(雪国特有のツルツルな肌)
(学校でもモテそうな美少女が、偶然会った男にレ◯プされてしまう・・・)

「おかえりなさい!」いなくなった美少女が旅館に・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「おかえりなさい!」

 

声をする方を見てみると、秘湯でレ◯プした少女が笑顔で立っていた。

 

「どうしてここに彼女が・・・?」

 

泊まる場所なんて教えていないはず。なのになぜ?

 

いるはずのない少女が目の前にいて驚く男。

 

「朝は急にいなくなってしまってごめんなさい・・・」

 

「学校にいかなくちゃならなかったから・・・」

 

少女はレ◯プされたあと、学校に行っていたのでした。

 

そして学校が終わって、「男の泊まってる旅館にやって来た。」というのです。

 

「私、この旅館の娘なんです。」

 

「部屋に戻ってくるのをずっと待っていたんです。」

 

 

「でも、どうして?」

 

 

「俺はキミを無理矢理レ◯プして・・・」

スカートをめくり上げパンツを見せてくる少女

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

「俺はキミを昨日、レ◯プしたんだよ?」

 

「なのになぜ待っていたの?」

 

男が不思議がって少女に聞いている時、

 

制服のスカートをめくりパンツを見せてきました。

 

そして

口を開けて

 

男が驚く意外な言葉を口にします。

 

「・・・しよ?」

 

男の顔を見てニッコリと笑う少女。

 

たった半日、会わなかっただけで

何年もの間会えなかった恋人みたいに、

 

2人はすぐに

セ◯クスをはじめた・・・

昨晩レ◯プしたせいでチ◯ポに激痛が・・・

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

昨晩、何度も何時間もの間、
少女をレ◯プして挿入しつづけた男。

 

サオも玉にも痛みが残っていた。

 

でも、男にとっては

その痛みすら愛おしかった。

 

なぜならこの痛みは

同意はないにせよ

 

少女と愛し合った証だから・・・

 

「これからも会ってくれますよね?」レ◯プがきっかけで始まる恋

ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

 

男とまた一つになれた喜びで、

昨日最初にレ◯プされた時の表情とは

全然違う笑顔を見せる少女。

 

 

「これからもずっと・・・」

 

「ずっと会ってくれますよね?」

 

挿入されて気持ち良くなりながら「また会いたい。」という少女。

 

「うん。ずっとずっとキミを抱き続けたい!」

 

 

今朝は少女を失って、

 

「何もかもなくなった・・・」

 

「俺の人生は終わった・・・」

 

そんな気分でいた男。

 

 

でも今、目の前には、

 

失って失望していたはずの少女が、

股を開いてチ◯ポを挿れられ喜んでいる!

 

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」10話は

このあと・・・

 

「私のオマ◯コ、気持ち良いですか?」

 

 

秘湯温泉の近くにある
少女の実家の温泉宿で

激しくセ◯クスしていく2人。

 

昨日、レ◯プされる前には

絶対に口にしないような言葉

平気で言ってしまう少女。

 

 

「あぁ・・・キミのオマ◯コ、最高に気持ち良いよ・・・」

 

 

レ◯プではない愛情あるセ◯クスで、

昨日、処女を失った少女

 

気持ち良さと
男からの愛を感じて

 

思いっきり
気持ち良くなっていくのでした。

 

 

雪国美少女秘湯レ◯プ
無料立ち読みはこちらからどうぞ

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

 

雪国美少女秘湯レ◯プ10話感想

「雪国美少女秘湯レ◯プ」10話。

今回で最終回でした~(泣)

 

最初の出会いはレ◯プ。

 

最後は愛を語り合い、同意の上でセ◯クス。

 

今回の「雪国美少女秘湯レ◯プ10話」だけ読むと、なんだか「純愛」のストーリーです。

 

田舎で育ったからこそ、

曲がらないで育った純粋な気持ち。

 

今の都会にはいない

絶滅危惧種の貴重なピュアな美少女。

 

「雪国美少女秘湯レ◯プ」というタイトルに惹かれて読んでみたこのマンガ。

 

読み終えると、なんだか・・・

 

清々しい気持ちになりました☆

(ウソです。次回作はもっとエロい内容を期待しています。)

 

あぁ・・・

どっかに

レ◯プから始まる純愛

なんて落ちていないでしょうか・・・

 

「雪国の秘湯には出会いが待ってる!」

 

みたいな美味いハナシ。
なかなか無いですよね・・・

 

 

でも、今回の

「雪国美少女秘湯レ◯プ」は

とっても良いストーリーでした
(*´ω`*)

 

 

無料立ち読みはこちら

雪国美少女秘湯レ○プ
 画像をクリック! 
ハンディコミック【雪国美少女 秘湯レ○プ[アドグッド]】※スマホ専用

FANZAは超お得!期間限定(9/21まで)
全話まとめて378円で読めます。
FANZA版
「雪国美少女秘湯レ◯プ」はこちら
 画像をクリック! 

前回の雪国美少女秘湯レ◯プネタバレはこちらから

雪国美少女秘湯レ◯プ
9話

→僕は気を失った彼女を犯し続けた。ここはもう、僕と彼女だけの世界だ。

 

 

最後まで「雪国美少女秘湯レ◯プ」10話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!次回作でお会いしましょう!