神の乳母(かみのめのと)
異形に奪われた妻

2話ネタバレを紹介しています。

 

 

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~
▼ 画像をくりっく

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母2話ネタバレ

神の乳母(かみのめのと)
異形に奪われた妻2話は、

 

「お願いだから離れてっ!」

 

赤ちゃんに言葉なんて通じないのに
泣きながら必死にお願いをする友里恵。

 

泣き叫んでいてもどんどん伸びて
マ◯コに近づいてくる「神」と呼ばれる異形のへその緒。

 

へその緒は蛇のように動き、
パンツの上から敏感な部分を探してきます。

 

 

「おっぱいならいいから・・・」

 

 

「ソコだけはやめてっ!」

 

 

マ◯コに入っていく「神」と呼ばれる異形の生物のへその緒。

 

百合恵のマ◯コに入ったあともどんどん伸びていき、

 

夫のチ◯ポでは届いた事のない場所を

刺激していくのでした・・・

 

「そこは赤ちゃんの場所だからダメなの・・・」友里恵の言葉は神には通じない・・・)

 

神の乳母~異形に奪われた妻2話あらすじ

 

「なんでこんなことに・・・」

 

「あぁっ・・・」

 

「あなた・・・ごめんなさい・・・」

 

 

異形の生物のへその緒を
マ◯コに挿れられてしまった友里恵。

 

夫のチ◯ポでは届かない子宮の奥を刺激されて、ダメだとわかってるのに気持ち良くなってしまっていました。

 

 

「おっぱいなら好きなだけ吸っていいからお願いっ!!」

 

 

「あぁぁっ・・・」

 

 

マ◯コにへその緒を挿れながら
乳首をチューチュー吸う異形の生物。

 

友里恵は気持ち悪くなりながらも
気持ち良くて声が出てしまうのでした。

 

 

「あっ・・・」

 

「あぁっ・・・」

 

 

夫にしか許したことのないマ◯コ。

 

ベビーシッターに来ただけなのに、犯されてしまうなんて・・・

 

 

「神」と呼ばれる異形の生物のへその緒は、マ◯コの中で触手みたいにウネウネ動き、

百合恵は今までに味わったことのない感触に襲われていました。

 

 

「だめっ・・・」

 

「奥ばっかり・・・」

 

 

ちゃぷちゃぷ・・・

 

イヤラしい音が部屋に響いています。

 

 

「そこは赤ちゃんの部屋だからっ」

 

「あなたは入っちゃダメなのっ!」

 

(「神の乳母~異形に奪われた妻」2話ネタバレは後編に続きます)

 

 

「そこは赤ちゃんの部屋だからっ」
「あなたは入っちゃダメなの・・・」

子宮の中に入ってきた
「神」と呼ばれる異形のへその緒。

神のへその緒で
「未来の赤ちゃんの部屋」を
犯されてしまう・・・

「神の乳母を無料立ち読みだけするかな?」
という方はこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~
▼ くりっく・・・
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母~異形に奪われた妻2話ネタバレ後編

 

「そこは赤ちゃんの部屋だからっ」

 

「あなたは入っちゃダメなのっ!」

 

 

百合恵が抵抗しても関係なく、
マ◯コの奥をぐにょぐにょ犯し続ける神のへその緒。

 

 

力づくで神のへその緒を抜きたいのに、気持ち良すぎて力が入らないのです。

 

 

「怖い・・・」

 

「気持ち悪いっ・・・」

 

 

「でも・・・」

 

 

「気持ちいいっ・・・」

 

 

嫌なのにあふれ出てくるマン汁。

 

マン汁を味わうように、
膣壁を舐め回してくる神のへその緒。

 

 

ちゅるちゅるちゅる・・・

 

 

本能で母乳を飲むように、

百合恵のマン汁を

吸い続ける神様と呼ばれる異形のバケモノ。

 

 

異形の神様はこのあとも、

空腹を満たすまで

マ◯コから出て来るマン汁を吸い続けます。

 

出ない母乳を必死で吸い続けます。

 

 

連続で快楽を与え続けられた百合恵。

力が抜けて仰向けになって横たわっていました。

 

 

大きく股を広げ、
夫には絶対に見せれない姿を晒してしまうのです。

 

 

百合恵はこのあと何時間にも渡って

「神」と呼ばれる異形のバケモノに、

 

マ◯コの中に入ったままの触手で

マン汁を吸われ続けてしまうのでした・・・

 

 

「お願い・・・もう許して・・・」
「もう何も出ないから・・・」

百合恵の願いは
異形の神様には通じない・・・

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら
▼ くりっく・・・

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

「神の乳母~異形に奪われた妻」

→次回のネタバレはこちら

神の乳母~異形に奪われた妻2話感想

「神の乳母~異形に奪われた妻」2話。

 

百合恵が何時間もの間、マン汁を吸われ尽くすエロい内容でした(*´ڡ`●)

 

「神」と呼ばれる生物の気持ち悪い形態のへその緒。

 

割れてる先端には細い触手が4,5本。

中心には太い触手が1本。

 

これが百合恵さんのマ◯コに入っていきます。

 

「おっぱいなら好きなだけ吸って良いから!」

 

百合恵のオマ◯コと子宮は夫と、「これからまた生まれるかもしれない赤ちゃん」の為の物。

 

「神」と呼ばれる異形のバケモノに挿れられるのを本気で嫌がる表情がとってもソソられてしまいます(*´ω`*)

 

「夫のチ◯ポでは味わったことがない快感」で、気持ち悪いのに感じてしまう百合恵。

 

何時間もマ◯コの中を吸われて、
絶頂してしまう格好がエロ過ぎでした!

 

ちょっとでも、

「百合恵が神に犯されて、絶頂してしまう姿を見たい!」

って思った方は、

「神の乳母~異形に奪われた妻」
の無料立ち読みだけでも、
読んでみてくださいね♪

 

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」

▼無料立ち読みはこちらから▼
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

次回の「神の乳母~異形に奪われた妻~」ネタバレこちらから

次回の「神の乳母~異形に奪われた妻」3話の簡単なネタバレです。

 

次回の
「神の乳母~異形に奪われた妻」
3話は、

 

神守さんの言動に命の危険を感じた百合恵。

 

次の日も
出ない母乳とマン汁を与える為に
異形の神様の所へ行くのでした。

 

異形に再び挿入される百合恵は、

夫よりも気持ち良い触手でイカされてしまう・・・

 

神の乳母
~異形に奪われた妻~

3話

→「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

前回の「神の乳母」ネタバレはこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~

1話

→「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…

 

「神の乳母」無料立ち読みはこちらからどうぞ

 

 

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

安易な気持ちで応募してしまった
ベビーシッターのアルバイト。

そこには「神様」と呼ばれる人間とは違う
グロテスクな容姿のバケモノ。

奇形な手足。
切除されていないへその緒・・・

吸っても出ない百合恵の母乳を求める神様。
長く太い触手は下半身に伸び、
百合恵のパンツの中に侵入していく!

最終回は
血の気が引いてしまう
衝撃的な結末・・・

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら
▼ 画像をクリック ▼
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

こちらで
「神の乳母~異形に奪われた妻」
を全話まとめています。

お時間があれば寄ってみてくださいね^^

 

→神の乳母~異形に奪われた妻【全話ネタバレまとめ】

 

最後まで「神の乳母~異形に奪われた妻」2話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!