神の乳母(かみのめのと)
異形に奪われた妻

3話ネタバレを紹介しています。

 

 

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~
▼ 画像をくりっく

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母3話ネタバレ

神の乳母(かみのめのと)
異形に奪われた妻3話は、

 

 

あんな事があった日のあとも、
毎日、ベビーシッターとして

異形の神様の乳母

をしている友里恵。

 

家族に危害を与えられない為には、

異形の生物に神様の乳母としてマン汁を与え続ける

しか方法はないのでした。

 

 

異形の神様が待つ部屋に入ると、
必ずドコかへ出かけていく部屋の主人。

 

友里恵が部屋に入ると目を覚まし、
ベビーベッドから這い出てくる異形の神様。

 

 

この日もまた友里恵は異形の神様に、

愛する息子を妊娠した時に使った大事な子宮を、

犯されてしまうのでした・・・

 

(友里恵のマン汁を飲んで成長していく異形。おぞましい見た目に引いてしまう人もいるかもしれません・・・)

 

神の乳母~異形に奪われた妻3話あらすじ

 

母乳の出ない乳首を吸い、
マ◯コの中にへその緒を挿れてマン汁を舐めるだけで

どんどん大きくなっていく異形の神様。

 

 

人間なら
たった数日で
こんなに大きく成長なんてするはずがないのに、

「神」と呼ばれる異形の生物の脅威の成長スピードに

「この子はやっぱり人間ではないんだわ。」

と百合恵は思うしかないのでした。

 

 

しかも
この子が大きくなってる栄養が、

自分自身

だと考えると、
吐き気がしてくるのです。

 

 

異形の神様はこの日も、
友里恵の乳房にむしゃぶりつき、

出ない母乳を吸いつづけていました。

 

 

ちゅーちゅー

ぢゅるぢゅる・・・

 

 

ヨダレを垂らしながら、
ひたすら乳首を吸い続けています。

 

 

「私は母親じゃないんだから、おっぱいは出ないのよ。」

 

 

友里恵の言葉を理解できない異形の神様。

母乳の出ない乳首を吸い続けます。

 

 

強く乳首を吸われると、

 

「んっ・・・」

 

「んんっ・・・」

 

声が出てしまう友里恵。

 

 

「こんな声出してはいけない・・・。」

 

と口を手で押さえても、

乳首を強く吸われてしまうと
気持ち良くて声は出てしまうのです。

 

 

この異形の神様には、

神の乳母と認めた女性を火照らせる異能が備わっているんでしょう。

 

 

乳首を吸われていると、
下着を濡らしてしまう友里恵。

 

 

そのニオイに反応した異形の神様は
へその緒を大きくし、ゆっくりと友里恵のスカートの中に侵入していきます。

 

 

「今日もするのね・・・」

 

(「神の乳母~異形に奪われた妻」3話ネタバレは後編に続きます)

 

 

「今日もするのね・・・」

百合恵のマン汁のニオイを感じ
大きくなる異形の神のへその緒。

「神の乳母を無料立ち読みだけするかな?」
という方はこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~
▼ くりっく・・・

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母~異形に奪われた妻3話ネタバレ後編

 

「今日もするのね・・・」

 

 

自分を守る為。そして家族を守る為に、

異形の神様を怒らせる事は絶対に出来ない百合恵。

 

 

友里恵の頭に浮かんでくるのは、

夫の顔と愛する息子の顔。

 

そして、
この部屋の女の顔・・・

 

 

「逃げ出したら神様がアナタとアナタの家族は許さないと思うわ!」

 

 

その言葉を思い出すと、
抵抗する気持ちは失せ消えてしまうのです・・・

 

 

「あなたごめんなさい・・・」

 

 

この日の挿入はいつもとは違いました。

 

百合恵が下になって
四つん這いでお尻を突き出す姿勢。

 

異形の神様は上に乗って、
友里恵の中を犯していくのです。

 

その姿はまるで、

 

昆虫の交尾

 

のようでした・・・

 

 

ずちゅ ずちゅ ずちゅ・・・

 

 

百合恵のマン汁を吸って
大きく成長していく異形の神様。

 

 

何度も何度も、

百合恵のマ◯コに触手を出し入れし、

栄養を吸収していくのでした・・・

 

 

「ここだけはだめ・・・」
「息子を産んだ大事な部屋だから・・・」

お腹にギュッと力を入れ、
異形のチ◯ポの侵入を防ぐ友里恵。

先端の形を変え、
無理矢理挿れてくるのでした・・・

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら
▼ くりっく・・・

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」

→次回のネタバレはこちら

神の乳母~異形に奪われた妻3話感想

「神の乳母」3話。

百合恵のマン汁を吸収して
大きく成長してる異形の生物がキモさを増してます・・・。

 

どこの部分をとっても気持ち悪いんですけど、異形の生物は骨格がマジでキモいんです。人間の骨格ではないんです。

 

特に背中脇腹

 

頭は腫れ上がってるので

太ってる赤ちゃん

に見えるんですが、

 

上半身は骨が浮き出ていて

骨格の良い老人

というか、

カブトムシとかクワガタの幼虫

みたいなんですよね・・・。

 

そのせいなのか理由はわかりませんが、この日のマン汁の吸い方はまるで『昆虫の交尾』。

 

大きい体のメスが下になり、小さい体のオスが上に乗る。

 

小さいのに

自分のほうが能力は上。

という自然界の法則を描いてるのかな?

 

って思うシーンでした。

 

このシーンはなんか、

「見てはいけないモノを見てしまった・・・」

って気持ちになる人も多いと思います。

 

細かく動く触手。

感じてはいけないのに感じてしまってる百合恵。

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」3話は
この「昆虫みたいな交尾」を是非読んで、気持ち悪くなってみてくださいね♪

 

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」

▼無料立ち読みはこちらから▼
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

次回の「神の乳母~異形に奪われた妻~」はこちらから

次回の「神の乳母~異形に奪われた妻」4話は、

 

昼は「異形の生物のエサ」になってる百合恵。

でも夜は、夫と子供の為に母親として自分を感じれる貴重な時間。

 

その貴重な時間を
異形の生物に奪われてしまいます。

 

 

神の乳母
~異形に奪われた妻~

4話

→「お願いあなた起きないで…っ」眠る夫の隣で異形に身体を捧げた人妻

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

前回の「神の乳母」ネタバレはこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~

2話

→「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました

 

「神の乳母」無料立ち読みはこちらからどうぞ

 

 

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

安易な気持ちで応募してしまった
ベビーシッターのアルバイト。

そこには「神様」と呼ばれる人間とは違う
グロテスクな容姿のバケモノ。

奇形な手足。
切除されていないへその緒・・・

吸っても出ない百合恵の母乳を求める神様。
長く太い触手は下半身に伸び、
百合恵のパンツの中に侵入していく!

最終回は
血の気が引いてしまう
衝撃的な結末・・・

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら
▼ 画像をクリック ▼
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

こちらで
「神の乳母~異形に奪われた妻」
を全話まとめています。

お時間があれば寄ってみてくださいね^^

 

→神の乳母~異形に奪われた妻【全話ネタバレまとめ】

 

最後まで「神の乳母~異形に奪われた妻」3話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!