神の乳母
異形に奪われた妻

6話ネタバレを紹介しています。

 

 

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~
▼ 画像をくりっく
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母6話ネタバレ

「神の乳母(かみのめのと)
異形に奪われた妻」6話は、

 

百合恵の体液を飲み、
成人男性よりも大きく成長していた異形の神様。

 

 

へその緒は形状を変え、
股間で男性器として

立派に生殖器の役目

を果たしているのでした。

 

 

「ママ・・・ママ・・・」

 

 

百合恵を母親と思い込んでいる異形の神様。

 

 

ママのマ◯コに
この日はじめて、

生殖器になったアレを挿れてくるのです。

 

 

自分の息子と同様に
愛情を注いでしまう百合恵。

 

 

旦那にするのも躊躇してしまう

パイズリとフ◯ラ

異形の神様相手に

してしまうのでした・・・。

 

(亀頭を舐められ震える巨大化した異形の神様。百合恵はその姿を見て、「あぁ可愛い・・・」夫以上に愛情を注いでしまうのでした・・・。)

 

神の乳母~異形に奪われた妻6話あらすじ

 

この日、
百合恵は異形の神様と初めて

性交

を行う日。

 

 

異形の神様の母親

だと思っていた最初に見た女性(神守さん)もこの儀式に立ち会っています。

 

 

「ママ・・・ママ・・・」

 

 

百合恵に後ろから挿入してくる
巨大化した異形の神様。

 

 

「マ・・・マ・・・」

 

 

自分を大きく育てる為に
栄養を毎日与えてくれた百合恵を
ママだと思い込んでいます。

 

 

「あらあら・・・」

 

「教えてもいないのに、そんなに必死で腰を動かして・・・」

 

「よっぽど百合恵さんの中が気持ち良いのね。」

 

 

最初、

異形の神様の母親

だと思っていた女性の目の前で、挿入されてしまってる百合恵。

 

 

あの女性は冷静に、
百合恵と異形の神様の行為を近くで見ているのでした。

 

 

激しく腰を叩きつけてくる異形の神様。

 

百合恵は重さに耐えきれず、
床に顔と上半身を押し付けられてしまっていました。

 

 

「だめよ。そんなに激しくしたら・・・」

 

 

「せっかくのお母さんが壊れてしまうわ。」

 

 

初めての性交で気持ちが良かった異形の神様。

 

あっという間に百合恵の中で果ててしまうのでした。

 

 

人間ですら無い何かの精子
息子を産んだ子宮に注がれてしまった友里恵。

 

 

自分の体液で大きく育った
人間では無いこの子に
愛情を感じてる百合恵は、

 

実の息子に抱かれている。

 

という背徳的な感情を抱いてしまっていたのです。

 

 

たくさん子宮の中に精液を発射し、
嬉しくて顔を撫でてあげる友里恵。

 

 

「いいのよ・・・」

 

「好きなだけママの中に出してね。」

 

(「神の乳母~異形に奪われた妻」6話ネタバレは後編に続きます)

 

 

 

びゅっびゅっ

びゅるるるるる~

出つづけて止まらない精子。

たっぷりと夫の為にある子宮の中に
注ぎ込んでいく・・・

「神の乳母を無料立ち読みだけするかな?」
という方はこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~
▼ くりっく・・・
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

神の乳母~異形に奪われた妻6話ネタバレ後編

 

射精を終えたあと、
神様は友里恵のマ◯コからチ◯ポを引き抜き、

 

友里恵に見せつけるように
仰向けに横になりました。

 

 

百合恵には

神様がこんな姿勢をした意味

がすぐに理解出来ました。

 

 

「たくさん気持ち良くしてもらったのだから」

 

 

「女性としての義務を果たさないと・・・」

 

 

横になってる神様に近づき、
まだ大きなままの神様のチ◯ポに顔を近づけていきます。

 

 

「あぁ、こんなにたくましい物で・・・」

 

 

「私を愛してくれていたのね・・・。」

 

 

「なら、男の子の大事な場所を・・・」

 

 

「ちゃんとキレイにしてあげないと・・・」

 

 

神様のチ◯ポを愛おしく感じ、

自分を気持ち良くさせてくれたお礼

をこれからしようとしていました。

 

 

ちいさな口を開けて、
ゆっくりと咥えていきます。

 

 

ペロっ

 

ちゅるるる・・・

 

 

神様の大きな亀頭を口に咥え、
舌を使って優しく舐めてあげます。

 

 

ブルブルっ

 

 

気持ち良くて震えてしまう神様。

ブルブル大きな体を震わせています。

 

 

「尿道の中にまだ残ってる・・・」

 

 

亀頭を舐め、

サオを舐めていると

まだ出てくる神様の精子。

 

 

百合恵は

「神の乳母」として

大切な物を飲むように、
一滴もこぼさないで丁寧に

精子を飲んでいくのでした・・・

 

 

夫のチ◯ポを舐めること。
夫の精子を飲むこと

には抵抗があった友里恵。

神様にはなんの抵抗もなく、
自ら進んで
「気持ち良くしてあげたい・・・」
と思ってしまう。

「喜んで欲しい・・・」
そう思った友里恵は神様のペ◯スを
大きなおっぱいで挟んでいく・・・

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら
▼ くりっく・・・
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

「神の乳母~異形に奪われた妻」

→次回のネタバレはこちら

神の乳母~異形に奪われた妻6話感想

「神の乳母~異形に奪われた妻」6話。

 

上の画像に出てくる

巨大化した神様

が登場するんですけど、
本当に気持ちが悪かった・・・。

 

太り過ぎて苦しいのか、大きくなりすぎて動くだけで疲れるのか。

 

汗だくになってるんです。

 

汗だくになりながらも、必死に性交を完遂したい神様は必死で百合恵のマ◯コに性器を挿れて、腰を振ってきます。

 

射精したあと、横になって性器を百合恵に見せつける神様。

 

その姿は「神様」というより、大きな仏像みたいです。

 

巨大化する神様に対して、夫以上に愛情を注いでしまう百合恵。

 

段々スピリチュアルな雰囲気になってきた「神の乳母~異形に奪われた妻」。

 

 

次回の7話で最終話。

是非、衝撃の結末を読んでみて欲しいと思います。

 

 

今回の
「神の乳母~異形に奪われた妻」6話は、

巨大化しすぎた神様の姿。

 

神様に心まで捧げてしまった百合恵の姿を是非、あなたの目で見て欲しいと思いました。

 

 

次回の「神の乳母~異形に奪われた妻~」はこちらから

次回の
「神の乳母~異形に奪われた妻」7話は最終回です。

 

神様に愛情を感じ、
何度も中出しされてしまう百合恵。

 

激しすぎるセ◯クスで、
遂に百合恵は

妊娠

してしまうのです。

 

現状のストーリーからは

想像も出来ない結末・・・

 

 

神の乳母
~異形に奪われた妻~

7話

→「私の大切な赤ちゃん…ちゃんと産んであげるから」そして妻は母になる

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

前回の「神の乳母」ネタバレはこちら

神の乳母
~異形に奪われた妻~

5話

→「しょうのない子…もう少しだけよ」玄関越しに夫と会話しながらイかされて

 

「神の乳母」無料立ち読みはこちらからどうぞ

 

 

神の乳母(かみのめのと)
~異形に奪われた妻~

安易な気持ちで応募してしまった
ベビーシッターのアルバイト。

そこには「神様」と呼ばれる人間とは違う
グロテスクな容姿のバケモノ。

奇形な手足。
切除されていないへその緒・・・

吸っても出ない百合恵の母乳を求める神様。
長く太い触手は下半身に伸び、
百合恵のパンツの中に侵入していく!

最終回は
血の気が引いてしまう
衝撃的な結末・・・

神の乳母
~異形に奪われた妻~

無料立ち読みはこちら
▼ 画像をクリック ▼
ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

 

 

こちらで
「神の乳母~異形に奪われた妻」
を全話まとめています。

お時間があれば寄ってみてくださいね

 

→神の乳母~異形に奪われた妻【全話ネタバレまとめ】

 

 

最後まで「神の乳母~異形に奪われた妻」6話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!