眠るあの子にハメてみた。
13話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

眠るあの子にハメてみた。愛実

眠るあの子にハメてみた13話ネタバレ

 

「眠るあの子にハメてみた。」13話は、

 

「俺のも舐めてくれない?」

 

ベッドの上で、
シッ◯スナインをする愛実と叶多。

 

 

生まれて初めてのフ◯ラチオ・・・。

 

どうやったら叶多が気持ち良くなってくれるか。。。

 

分からないなりに一生懸命、チ◯ポを舐めていく愛実。

 

 

叶多のチ◯ポを舐めている時、
マ◯コを舐められマン汁を吸われ、

 

愛実は気持ち良すぎて、

 

イッてしまうのでした。

 

 

「ねぇ、愛実。挿れてもいい?」

 

 

愛実がイッてしまって全身の力が抜けてしまってる時、叶多はハメたくて我慢が出来ないのでした。

 

 

「う、うん・・・」

 

 

「眠るあの子にハメてみた。」13話。

 

最強にエロい内容になっています!

 

(愛実が叶多のチ◯ポを舐めるシーンはオススメ★)

 

(でも、1番のオススメシーンは叶多に挿れられた瞬間の愛実ちゃんです★)

 

 

 

「眠るあの子にハメてみた。」
をとりあえず
無料立ち読みしたいんだ!

という方は
こちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた。【13話ネタバレ前編】

「眠るあの子にハメてみた。」
13話タイトル

ゆっくりとか…やっぱ無理!

 

 

 

 

叶多が愛実を部屋に呼んだ目的は、愛実にチ◯ポをハメるためなのに、

 

「アルバムを見せてくれるために呼んでくれたんだ。」

 

とまだ思い込んでる愛実。

 

 

「愛実・・・」

 

「わかってんのかな・・・。」

 

「今から俺にチ◯ポを挿れられること・・・」

 

 

叶多はトランクスの窓から

大きくなってるチ◯ポを取り出し、

愛実に見せていきます。

 

 

突然の出来事に
愛実はチ◯ポをじぃっと見つめて

 

 

「あ・・・」

 

「わわっ・・・」

 

 

声にならない言葉を出してしまいます。

 

突然目の前に大きくなってるチ◯ポを出されて、固まってしまう愛実。

 

 

 

叶多はもうハメたくて我慢の限界が来ています。

 

 

 

 

仰向けになって眠る姿勢になる叶多。

 

愛実の顔を自分のチ◯ポの目の前に移動させ、

愛実のマ◯コは自分の顔の前に・・・。

 

(「眠るあの子にハメてみた13話ネタバレは後編に続きます。」)

 

 

 

「え?」
「あ・・・」
「やだっ・・・」

目の前に叶多のチ◯ポ。
自分のオマ◯コは叶多の目の前に・・・

愛実は恥ずかしすぎて、
顔を真っ赤にしてしまう・・・

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

無料立ち読みはこちら
▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた【13話ネタバレ後編】

 

「え?」

 

「なに・・・これ・・・?」

 

「あ・・・」

 

「やだっ・・・」

 

突然こんな格好をさせられて恥ずかしくて困ってしまう愛実。

 

顔は真っ赤になっていました。

 

恥ずかしくて、目には涙もたまっています・・・。

 

 

「やだやだっ・・・」

 

「恥ずかしいよぉ・・・」

 

 

叶多の目の前には、パンツをはいたまま股を広げられてる愛実。

 

「ねぇ・・・」

 

「ねえってばぁ・・・」

 

 

「叶多、恥ずかしいってぇ・・・」

 

 

大好きな叶多の顔の前には、パンツをはいたままとはいえ、オマ◯コが。

 

 

愛実がいくら恥ずかしがろうと、
叶多はもう我慢の限界。

 

 

愛実のパンツをズラし、
おマ◯コが見えるようにするのです。

 

マ◯コに向かって伸びていく叶多の舌。

 

ペロっ

 

叶多は愛実の濡れているオマ◯コを舐めました。

 

 

「ひゃっ」 

 

「かなたぁっ」

 

「やっ・・・」

 

 

愛実は叶多に下着を褒められて嬉しくなって、その時から少しずつ濡れていました。

 

 

ぢゅるるるるっ

 

 

叶多に恥ずかしいトコロを舐められて、どんどん濡れてくるオマ◯コ。

 

 

「はぅっ」

 

 

マ◯コを吸われると、気持ち良くて声が出てしまうのです。

 

 

感じやすくて敏感な愛実。

叶多に舐められて、カラダが上に仰け反ってしまいます。

 

 

「あっ」

 

「ああぁんっ」

 

 

叶多が愛実を上に乗せて、マ◯コを舐めていたのには理由がありました。

 

 

「ねぇ愛実?」

 

「俺のも舐めてよ・・・」

 

 

 

「チ◯ポを舐めて欲しい。」
と言われた愛実。

どうやったら良いのか分からず
ぎこちない動きでチ◯ポを咥えていく!

「こ・・・」
「これでいいの・・・?」

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

無料立ち読みと本編は
こちらからどうぞ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

次回の
「眠るあの子にハメてみた」

→ネタバレはこちら

 

眠るあの子にハメてみた【13話感想】

 

「眠るあの子にハメてみた。」13話。

超エロかったです!!

 

 

目の前にチ◯ポを出されて、びっくりしてしまう愛実。

 

「あ・・・わ・・・わ・・・」

 

って驚いてる顔が可愛いかったです(*´ェ`*)

 

でもそれよりも、

シックスナインの姿勢にされて、
困ってしまう愛実ちゃんが
とぉ~っても可愛いかったです(*´ڡ`●)

 

「何これ」
「ねぇ叶多・・・なに?」
「やだ。恥ずかしい・・・」

 

好きな人に明るいトコロでオマ◯コを見られるのって、女の子ならやっぱり恥ずかしいんでしょうね。

 

でもしょうがないんです。

男は女の子を

恥ずかしい気持ちにさせたい生き物なんです。

 

叶多に

「俺のも愛実と同じくしてよ。」

って言われてどうして良いのか分からなくて、チ◯ポを力強く握ってしまったのも新鮮で良かったですね(*´ω`*)

 

チ◯ポを口に咥えて、

 

「こ・・・」

「これで・・・」

「いいの・・・?」

 

やり方がわからないけど、
叶多が喜んでくれるなら頑張って舐める!

 

そんな愛実の想いが伝わってきて、超可愛いかったです!!

 

 

今回の
「眠るあの子にハメてみた。」13話は

愛実ちゃんのエロいシーンだらけで
超満足した内容だったんですが、

ボクが1番最強に良かったと思うシーンは後半部分!

 

チ◯ポを舐められて気持ち良くなった叶多。愛実にハメたくて我慢出来ません。

 

手マンでイカされ、マ◯コを舐められてイッてしまってる愛実の敏感になってるカラダ。

 

「ゆっくりね・・・」

 

愛実にお願いされますが、
挿入した時、愛実のオマ◯コの中が気持ち良すぎて、

叶多は腰を

ゆっくり動かすこと

なんて出来ません・・・。

 

一気に奥までチ◯ポが入ってきた時、

 

「はぁぁぁっっ」

 

敏感になってる愛実は全身に力が入り、

声を出しながらカラダを仰け反らせてしまいます。

 

この時の愛実ちゃんが最高にエロいです!!

(気持ち良すぎて頭を振る愛実ちゃん。乱れていく髪の毛もエロさを増してくれています!)

 

今回の
「眠るあの子にハメてみた。」13話は愛実ちゃんのエロいシーンがたくさん見れて、

 

大満足の内容でした!!

(このエロさで50円は安すぎです!)

 

次回の「眠るあの子にハメてみた。」14話ネタバレもお楽しみに!

次回の「眠るあの子にハメてみた」14話のネタバレはこちらから

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

14話

→こんな事されてんのに、起きないの?

 

「眠るあの子にハメてみた。」を
無料立ち読みしたいんだっ!

という方はこちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

前回の「眠るあの子にハメてみた12話ネタバレ」も読んでみようかな?という方はこちら

 

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

12話

→パンツの上からでもイッっちゃった…

 

 

こちらのページで「眠るあの子にハメてみた。」全話まとめています。

 

→眠るあの子にハメてみた【無料画像・ネタバレ・感想】まとめ

 

 

最後まで「眠るあの子にハメてみた。」13話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!