眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ!
1話感想を紹介しています。(少しネタバレも含んでいます。)

 

眠るあの子にハメてみた。愛実

 

眠るあの子にハメてみた。1話を読んだ感想

 

主人公の愛実ちゃん。

ショートカットが似合っていて、とっても可愛い女の子でした!

 

おっぱいのサイズはちょっと小さくて、AカップかあってもBカップくらい。

 

ツンと上を向いてる可愛い乳首はピンク色でした(*´ω`*)

 

 

愛実ちゃんはこんなに可愛い女の子なのに、自分では意識していません。

 

 

丈の短い制服のスカートなのに平気でパンツを見せまくってしまいます。この日のパンツは「ひよこ」のプリントもの♪

 

小さいお尻によく似合っていました^ー^

 

 

「おっぱいが小さいから別に平気。」

 

と思っているのか、ノーブラでも全然気になりません。

 

 

ブラウスのボタンも全部止めないので、上から覗き込んだら乳首は見えてしまいそうです(*´ڡ`●)

 

 

年頃の女の子なのに、

パンツが見えそうになっても隠そうとしない。

 

覗き込まれたら乳首が見えそうなのに、ボタンを留めようともしない。

 

「年頃の女の子」として無自覚な愛実ちゃんに、幼馴染の叶多は注意します。

 

注意の内容は、ノーブラのおっぱいを触ること

 

 

でも、
愛実ちゃんは、

幼馴染の叶多くんを

異性

として見ていないので、

おっぱいを触られても全然怒ることもしないのです。

 

 

愛実ちゃんは多分、1年生か2年生。

思春期真っ最中の女の子。

 

でも、恋愛にも無関心・・・

 

 

自分がこんなに可愛いのに、全然気付いていません。

 

 

おっぱいを叶多に触られても、

 

気持ち良い。

じゃなくて

くすぐったいだけ。

 

異性として見ていないと、
感じ方もこんなに違うんですね。

 

多分、愛実ちゃんは処女

 

処女の特徴として、

座ってる時に股を開いてしまう。

というのがあります。

 

愛実ちゃんが叶多におっぱいを揉まれて、座り込んでしまった時。

 

股を開いて、
パンツ丸見えで座っていました。

 

(その時に偶然、近くを散歩していた犬が飼い主から脱走して、愛実のオマ◯コのニオイを嗅ぎにきます。)

 

 

お風呂上がりに着たTシャツの隙間から見えた愛実ちゃんの可愛いおっぱい。

 

こんなに近くで見れた叶多が羨ましかったです!

 

 

今回の

「眠るあの子にハメてみた。」1話はエロい部分が

 

愛実ちゃんのおっぱいとパンツのみ・・・

 

漫画のタイトルとは程遠い内容でした。

 

しかし、ご安心を。

 

次回の2話から、

叶多が眠ってる愛実ちゃんにハメていきます!(しかもあんなに大胆に・・・)

 

次回の

「眠るあの子にハメてみた。」2話~は期待してくださいね!!

 

→次回の「眠るあの子にハメてみた。」2話感想はこちら

 

 

こちらのページで

「眠るあの子にハメてみた。」1話を

今回の記事よりも、
超詳しくネタバレしています。

 

お時間がある方は是非、
遊びに寄ってみてください(≧Д≦)

 

→眠るあの子にハメてみた。1話ネタバレ

 

 

無料立ち読みはこちらです。

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

 

最後まで「眠るあの子にハメてみた。」1話感想にお付き合い頂きまして、ありがとうございました(*´ω`*)

 

 

→こちらで「眠るあの子にハメてみた。」全話ネタバレをまとめています。

 

 

また遊びに来てくださいね~♪
たくさんのネタバレ記事を書いてお待ちしてまーすヽ( ´∇`)ノ