姉の忘れ形見の姪を俺は調教した

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した
4話ネタバレ、感想を紹介しています。

 

 

※期間限定※
無料キャンペーン中!
ただいま期間限定で
「姉の忘れ形見を俺は調教した」
第1話が
無料キャンペーン中!

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した

→第1話(0円)無料立ち読みはコチラ←

「姉の忘れ形見」と検索してください)

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した,画像

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した 4話ネタバレ

 

お腹が痛くて体調が悪いのに、

 

「心配をかけたくないから・・・」

 

という理由で我慢する女の子って、

他人に優しいことが出来る素敵な女性ですよね。

(女の子は皆、そうであって欲しい!)

 

 

「今回の姉の忘れ形見の姪を俺は調教した」4話は、

 

朝起きてから何度もトイレに行く姪。

 

下腹部に違和感を感じてる様子でした。

 

 

お腹に違和感を感じる原因は、

昨夜眠ってる間に、叔父にレ◯プされたから・・・。

 

そんな事なんて全く知らない姪は、

疑うどころか、

 

心配をかけたくない。

という理由で

「大丈夫です。」

とにっこり笑ってくれるのです。

 

 

何も知らない姪の姿を見て、

「やりすぎたかな・・・」

と後悔する叔父。

 

しかし、

叔父のその気持ちは長く持たず、

 

この夜も姪を眠らせたあと、

調教という名のレ◯プ

をしてしまうのでした・・・

 

「姪を自分好みのカラダに調教しよう。」と思った叔父。

 

まだ女子校生なのに、

乳首だけでイッてしまう

スケベなカラダにしようと

乳首を調教していくのでした。

 

(「叔父さんに心配をかけたくない・・・。」疑うことを知らない純粋な椿ちゃんが可愛すぎます!)

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した

↑の画像クリックでFANZAの「姉の忘れ形見~」のページへジャンプします。

 

姉の忘れ形見の姪を俺は調教した4話あらすじ

 

 

「体調悪いなら、休んでも良いんだよ?」

 

 

今までに体験した事のない

下腹部に鈍い痛み。

 

 

「これくらいで心配をかけたくない!」

 

 

叔父に向かってニッコリ笑って

 

 

「大丈夫です!」

 

 

笑顔で学校に出かけていくのでした。

 

 

姪の

「叔父さんには心配かけたくない。」

という気持ちが伝わってきた叔父。

 

 

「こんな良い子に手加減を忘れて、思いっきり欲望をぶつけてしまった・・・」

 

この時は昨夜の行為を後悔するのでした。

 

 

 

 

しかし、

夜になるとその気持ちは完全に消え、

再び睡眠薬入りの紅茶を飲ませてしまうのです。

 

 

昨夜よりも激しくレ◯プしていく叔父。

 

全然目を覚まさない姪。

 

 

昨日、あれだけ激しく挿入されたせいで、

叔父のデカいチ◯ポをすんなり受け入れてしまうのです。

 

 

「んっ・・・」

 

「んんっっ・・・」

 

 

寝ていても出てしまう吐息。

 

叔父はチ◯ポを締め付けられる快感で、気持ち良くなっていきます。