スカートの中はケダモノでした。
2話ネタバレ、感想を紹介しています。

【TL】スカートの中はケダモノでした。

 

スカートの中はケダモノでした。2話ネタバレ

 

スカートの中はケダモノでした。ナビゲーターまこ

こんにちわ。マコです。

 

TVアニメで

「スカートの中はケダモノでした。」

を見て以来、
涼くんにハマってしまってます(≧Д≦)

 

 

少しでも読んでくださる方に、

「スカートの中はケダモノでした。」

の良いトコロを紹介出来れば嬉しいです♪

 

 

 

今日は「スカートの中はケダモノでした。」2話のネタバレを紹介しますね。

 

 

いきなり『なぞなぞ』なんですが、

 

 

「女にはあって、男には無いもの。」

 

 

って皆さん、わかります?

 

 

 

 

 

正解は、

 

 

 

 

 

 

 

 

カッコイイ男の子の前でブリっ子になる能力

 

だそうです(*´ω`*)

 

(わかるわかるw)

(男はすぐに騙され過ぎww)

 

 

 

 

ちょっと横道にそれてしまいました(汗)

 

 

「スカートの中はケダモノでした。」

2話は、

 

ベッドに押し倒されて濃厚なキスをされてしまってる静歌。

 

 

涼にあお向けにされて、上に乗られて・・・。

 

お腹に感じる違和感。

 

女の子には有ってはイケナイ存在のアレ。

 

 

 

「りょ、りょりょりょりょりょっ」

 

 

「りょうさん、お、お、おとこなんですか!?」

 

 

 

涼のことを完全に

キレイな女の子

と思っていた静歌。

 

 

 

男嫌いなのに、まさか今キスされてるのが男?

 

 

 

バージンを奪われてしまう危機。

 

 

「ちゃんと、答えて下さい・・・」

 

 

泣きながら涼に

「男なのか女なのか」

を聞きたい静歌。

 

 

 

「もう、わかってるはずだよ?」

 

 

「女の子には無いモノが、お腹に当たってるはずだ・・・」

 

 

 

静歌はそのまま、涼にカラダを触られていくのです・・・

 

 

「男の子に触られるのなんて、絶対にイヤなのに・・・」

 

 

「なぜか気持ちいい・・・」

 

 

 

 

スカートの中はケダモノでした。

→無料立ち読みはこちらから

※「スカートの中」と検索してください。

スカートの中はケダモノでした。画像

 

スカートの中はケダモノでした。2話感想

「スカートの中はケダモノでした。」2話。

 

エッチな内容で、読んでいてドキドキしてしまいました(*´ω`*)

 

積極的な涼。

触られたくないのに、気持ち良くなってしまう静歌。

 

お酒を飲んで酔ってるせいで、カラダは敏感になっちゃってたんでしょうね~。

(涼のテクが凄かったのかもしれませんケド。気になるアナタは涼がアソコを触るシーンを確認してみて下さいネ☆)

 

「もうわかってるはずだよ?」

「お腹にさっきから当たってるでしょ?」

 

あの体勢でお腹に当たるなんて、

涼のアレ

はどれだけ大きいのでしょうか
(*´ω`*)

ココだけのハナシ、相当デカいと思います♪

(あ、だから「スカートの中はケダモノ」なんでしょうかw)

 

 

静歌が抵抗したからなのか、一線は越えていない2人(ドコかで聞いた言葉ww)

 

 

次の日、
静歌が大学に行くと

なぜか大学にやって来た涼。

 

 

次回の

「スカートの中はケダモノでした。」

3話も気になってしまいます!

 

 

 

次回の

「スカートの中はケダモノでした。」

3話ネタバレは
こちらからどうぞ

ヾ(*´∀`*)ノ

→女子トイレでこのあいだの続き…シようか?

 

 

→無料立ち読みはこちらから

※「スカートの中」と検索してください。

スカートの中はケダモノでした。画像

 

※期間限定オトク情報※

10/16 0:00までの期間限定ですが、「スカートの中はケダモノでした。」1巻(1話~3話まで収録)無料で読めます!

 

「スカートの中はケダモノでした。」が気になってるんだー!!

 

という素敵な女性はこちらから進んでくださいね♪

 

「スカートの中はケダモノでした。」を

→1巻無料で読む!

[コミックシーモア]【10月】【TL】スカートの中はケダモノでした。

 

前回の「スカートの中はケダモノでした。」ネタバレはこちら

 

スカートの中はケダモノでした。

→1話ネタバレはこちら

 

 

最後まで「スカートの中はケダモノでした。」2話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました(*´ω`*)