いくものがかり
4話ネタバレ、感想を紹介しています。

 

★期間限定オトク情報★

「いくものがかり」
第1話が期間限定で
10円キャンペーン中です!

「いくものがかり」の
無料立ち読みと
10円で第1話を読む方はこちらから

▼ 画像をクリック! ▼

いくものがかり4話ネタバレ

 

「絶対にダメっ!」

 

って言われてしまったら、
抵抗したくなってしまいたくなりますよね?

 

 

 

 

 

今回紹介する
「いきものがかり」4話は、

 

 

前田さんという女の子が、

「いくものがかり」

当番の日。

 

 

プールの授業中に、「射精」の勉強が始まります。

 

 

「ちっ、今日の当番は前田かよっ」

 

 

前田さんが「いくものがかりの当番」で不満そうな木村くん。

 

 

 

でも、前田さんは実はテクニシャンで、名器の持ち主。

 

 

「絶対に中で出すなよ!」

 

 

順番に前田さんのマ◯コで射精してしまう男子生徒。

 

 

さっき、前田さんのことを嫌がっていた木村くん。

 

 

他の生徒が前田さんのマ◯コが気持ち良くて、速攻で射精するのを見て、

 

 

「お前は挿れたらダメだ!」

 

「お前なんか、手で十分だ!」

 

 

挿れたかったのに、

手コキで射精してしまうのでした・・・。

 

 

(スク水を着たままで挿入される前田さん。)

(脱がされかけて見える小さいおっぱいが、とってもエロい内容です!)

 

 

 

いくものがかり 4話感想

 

「いくものがかり」4話。

いつもと違って、今回はプールで射精の授業。

 

スク水を上から脱がされて見える、前田さんの小さいおっぱいがとっても可愛いかったです(*´ڡ`●)

 

 

多分Bカップくらいのおっぱい。

「やわらけー」

って男子が言っていましたけど、ムニムニしてて本当に柔らかそうでした。

 

 

性格が結構、キツそうに見える前田さん。

 

でもそれは「何だよ、前田かよ!」って言っていた木村君にだけ。

 

他の男子生徒にはとっても優しくて、

「じゃあ、最初にしてあげるね♪」

って、前田さんが好きな男子のチ◯ポを1番最初に咥えてあげていました。

(こういう事してくれるだけで、男の子って超ウレシイですよね~)

 

 

前田さんは、名器の持ち主。

チ◯ポを挿れた男子生徒が、

「前田のマ◯コ、マジやっべぇ!」

って連呼していました。

 

そのせいで、挿れてた男子は速攻で中出しを・・・。

 

「ったく・・・。お前らはぁ・・・」

「中に出すなっつってんのに・・・」

 

口ではキツイ言葉を言いつつも、全然怒ってない前田さん。

 

言葉とは真逆で、超性格の良い女の子なんだな~って思いました★

(こんな女の子に一度でも良いから、挿れさせてもらいたい!)

 

 

今回の「いくものがかり」4話は、番外編!

 

ストーリーはちょっと短め・・・。

 

でも、

 

日焼けした女の子が好きな男性には、朗報なんです!

 

本来なら色白な前田さんですが、

「色黒バージョン」

で描かれた特別版が収録されています!!

(髪の毛は黒いままです。金髪ではありません。)

 

 

日焼けした健康的な女の子がタイプの男性には、

「いくものがかり」4話はオススメだと思います!

 

 

「ったく・・・お前らはぁ・・・」
「中で出すなっつてんの・・・」

ダメって言われてるのに、
マ◯コが気持ち良すぎて中出ししてしまう男子生徒。

言葉もキツイけど、
マ◯コがもっとキツキツだった(*´ڡ`●)

「いくものがかり」の
無料立ち読みと
10円で第2話を読む方はこちらから

★期間限定オトク情報★

「いくものがかり」
第1話が期間限定で
10円キャンペーン中です!

▼ 画像をクリック! ▼

 

 

次回のいくものがかりはこちらから

いくものがかり

5話は10/8現在、未配信です。

 

配信後すぐにネタバレしますね!

 

前回の
「いくものがかり」
ネタバレはこちら

→3話ネタバレ

 

いくものがかり第1話期間限定キャンペーン中!

 

期間限定で「いくものがかり」第1話が10円キャンペーン中です★

 

「いつ、いくものがかりの10円キャンペーンが終了するのか。」わからないので、お早めに!

 

 

★期間限定オトク情報★

「いくものがかり」
第1話が期間限定で
10円キャンペーン中です!

「いくものがかり」の
無料立ち読みと
10円で第1話を読む方は
こちらから

▼ 画像をクリック! ▼

 

最後まで「いくものがかり」4話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。