ハンディコミック【11/11~タイトル直】【四畳半で密着3Pお泊り会!】LP5※スマホ専用

「四畳半で密着3Pお泊り会」

⇛2話ネタバレ「前編」
はこちら

 

「んっ・・・」

 

「ダメ・・・」

 

賢一におっぱいを揉まれ、
エッチな声が出てしまうゆかり・・・

 

麗美がリビングにいるのに
えっちな事をはじめてしまうのか?

と、思った瞬間。

 

「ちょっと何やってんのよ!」

 

賢一の戻りが遅いので
心配した麗美が風呂場にやって来てしまいました。

 

「言い訳は聞いて頂けるのでしょうか・・・」

 

ガクガクと震えながら麗美に質問する賢一。

 

「とりあえず、ボコる!」

 

麗美が見ていない所で
ゆかりにえっちな事をしようとしていたと勘違いされボコられる賢一。

 

一通り、ボコられ終わったあと、
風呂場から部屋に戻る麗美と賢一。

 

麗美のお説教タイムの始まりました。

 

「どうしてゆかりがお風呂に入ってる時にトイレなんか!」

 

賢一が説教されて可哀想になった
ゆかりは仲裁に入ります。

 

「良いのよ。生理現象なんだから」

 

ゆかりちゃんは
とっても優しい女の子です。

 

「私は気にしてないから!」

「もう終わりにしよう!」

 

ゆかりがそう言うと、
麗美も賢一を怒るのをヤメました。

 

賢一は

「おっぱいを揉んでしまったのに許してくれるなんて・・・」

「もしかして俺の事を?」

 

なんて妄想をしてしまいます。

 

妄想してニヤけている賢一を見た麗美は

 

「何よ・・・ニヤニヤして・・・・」

 

賢一がゆかりの事ばかり考えているので面白くない表情をしています。

(もしかすると麗美は賢一の事が・・・)

 

「さぁもう寝るわよ!」

 

四畳半の部屋に
敷かれた布団は二組

 

「なぁ俺の分は?」

 

「アンタは押入れよ!」

 

家主なのに、押入れで寝る事になってしまった賢一。

 

不満たっぷりですが、
さっきのお風呂での素敵な出来事が忘れられません・・・

 

「良かったなあ・・・。
ゆかりちゃんのおっぱい・・・」

 

ゆかりのエロいカラダを思い出すと
ドキドキして眠れない賢一。

 

目をつぶり寝ようとすると
押入れの戸を開ける音が・・・

 

スーッ

 

賢一が寝ている
狭い押し入れの中に入ってきたのは・・・

(目的は一体?)

 

風呂場でおっぱいを揉まれ
エッチな声が出てしまうゆかり!

顔を赤くして照れてる表情
男受けする事間違いなし!!

清純そうな、ゆかりの
エッチな表情を見てみたい!
という方はこちらを
 クリック! 
四畳半で密着3Pお泊り会
ハンディコミック【11/11~タイトル直】【四畳半で密着3Pお泊り会!】LP5※スマホ専用

 

四畳半で密着3Pお泊り会2話の感想

「四畳半で密着3Pお泊り会」2話はちょっとエロ少なめでした・・・

ですが・・・3話は期待出来ます!

「押入れに入ってきた麗美が何と賢一と!」

という内容になってますよ~。
「2話でニヤけてる賢一を見て不機嫌になった麗美の理由が明らかになります。」

あれ?ゆかりちゃんは?という方はもう少々お待ち下さいね♪

 

 

次回の記事はこちら

四畳半で密着3Pお泊り会

3話

押し入れで抜け駆け
密着触りっこ!

 

無料試し読みはこちら
 クリック! 
四畳半で密着3Pお泊り会
ハンディコミック【11/11~タイトル直】【四畳半で密着3Pお泊り会!】LP5※スマホ専用

(無料試し読みだけでも十分楽しめます!)