秘密の痴漢指導1話のネタバレあらすじ感想を紹介中です。

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

秘密の痴漢指導1話ネタバレを紹介します。

 

毎朝、通学途中に電車の中で
痴漢にお尻を触られてる真面目そうな美少女。

 

この日も痴漢に遭遇していました・・・

 

しかし、いつもはお尻を触るだけの
痴漢でしたが、この日の行為はエスカレート!

 

ブラの中に手を入れ、
大きくなった男性器をお尻に当ててきたのです!!

 

痴漢の恐怖に震え、怯えていた時。

1人の汚い中年オジサンが助けに来ました。

 

翌朝から、こっそりと誰にも秘密で

『痴漢撃退法』を教えてもらう事になった女の子は、このオジサンの言う事を

素直に聞き入れてしまい・・・

(純情な女の子の気持ちを利用するキモ男!ウラヤマシイですw)

 

 

秘密の痴漢指導1話あらすじ

秘密の痴漢指導人物画像

 

通学中の電車の中。

 

いつもの様に扉のすぐ近くに立ち、目指す駅へ向かう女の子。

 

電車の中は乗客でほぼ満員。

 

 

そんな時、
スカートの中に手を入れ、太ももの後ろ側を触ってくる感触が・・・

 

 

スリスリ・・・

 

 

「まただわ・・・」

 

 

いつもの痴漢に触られ、困る様子の女の子。

 

 

しかし、この日の痴漢は
いつも以上に積極的だったのです!

 

 

いつもは手の甲で、お尻を触るだけだった痴漢。

 

この日は女の子の柔らかそうなお尻を

 

ギュッ

 

鷲掴み、力いっぱい揉みはじめました。

 

 

痴漢の中指と人差し指は

女の子の大事な部分

を触っています。

 

 

「いやっ!」

 

 

いつもと違う触り方。

いつもと違うトコロを触られ、

 

女の子のカラダは

 

ビクンっ

 

と反応するも、
いつもと違う痴漢の行為に、恐怖するのでした。

 

 

声を出したり、
抵抗しない様子を見た痴漢は

 

学校の制服の白いブラウスの
ボタンを無理矢理外し、

 

ブラの中にまで手を入れてきたのです。

 

 

そして、痴漢は耳元でこう囁きます。

 

 

「お姉ちゃん、良いカラダしてるなぁ・・・」

 

「声出さないで、大人しくしててくれよ・・・。」

 

 

女の子の胸まで触っている痴漢は

抵抗しない女の子の柔らかい感触に興奮していて、鼻息も荒くなっています。

 

 

「やめて・・・・」

 

「おねがい・・・」

 

 

いつもは『お尻』しか触られなかったので、我慢していた女の子。

 

今日はブラまで外され、
大きく柔らかそうなおっぱいまで揉まれてしまっているのです。

 

 

「誰かぁ・・・」

 

「助けてお願いっ・・・」

 

 

女の子は今起きている事態が怖くて、声も出せません。

 

電車の中は乗客で満員。

 

でも、女の子が痴漢されている事に気付く人は、誰一人としていないのです・・・

 

 

痴漢に胸を直接触られ

 

「これから、どんな事をされるんだろう・・・」

 

と、怯えている女の子の目からは

恐怖で、

涙があふれています。

 

 

「キミ、いつも嫌がらないよね」

 

「もしかして、もっとシテほしかったの?」

 

 

痴漢はそんな事を女の子に言いながら、両方の乳首をつまんでいます。

 

女の子の乳首は

ピンク色で、痴漢にさわられているのに

少し勃ってしまいました。

 

 

「怖くて、声が出せない・・・」

 

 

知らない男の人に胸を揉まれ、
恐怖でいっぱいの女の子。

 

 

「こんなに人がいるのに、どうして誰も助けてくれないの・・・」

 

脅える女の子。

 

痴漢は女の子が声を出さないので、

 

 

「声を出さないのはOKのサイン」

 

と、勝手に勘違いしている様子です。

 

 

興奮して大きくなっている

痴漢の男性器・・・

 

 

痴漢はそれを
女の子のお尻に当ててきました。

 

 

グリグリ・・・

 

 

「ヤダ!気持ち悪い!」

 

 

女の子は今自分のお尻に、何が当たっているのかすぐにわかったようです。

 

 

「もしかして、私・・・」

 

 

「挿れられちゃうの?」

 

 

これから起こりえる事を想像すると、涙がこぼれてくる女の子に救いの手が差し伸べられました。

 

 

「コラ!お前なにしてるんだ!」

 

「この痴漢め!」

 

「うちの生徒に触るな!」

 

 

女の子を助けたのは、通っている学校の先生でした。

 

先生は見た目とても気持ちが悪く、おそらく独身。

 

 

恐怖に怯えていた所を助けてもらった女の子は

 

この先生の事を

 

救世主

 

と思い込んでしまったようです。

 

 

授業が始まると、
その日の授業はさっき助けてくれた先生の科目でした。

 

 

この先生は
「化学」の担当。

 

他の女の子の生徒からは

 

「気持ち悪い!」

 

「名前なんだっけ?」

 

と、相手にもされていない先生。

 

 

しかし、この先生を
「救世主」と思っている女の子は、

 

放課後、

「毎朝痴漢に遭っている事」

相談するのでした。

 

 

先生は、心よく相談に乗ってくれたのですが、

 

先生が教えてくれた

『痴漢の撃退方法』

がとてもエロ過ぎる内容で・・・

 

 

女の子と先生の2人は翌朝から、

「信じられないようなエッチな事」

を始めてしまいます・・・

 

 

先生を完全に信じきっている女の子。

 

先生の指導通りに

エロ過ぎるあんな事

を、疑問に思いながらも実践してしまいます・・・

 

 

気持ち悪くて、
モテそうにない中年の先生が

 

若くて可愛い女の子に教えた

秘密の痴漢撃退法!!

 

 

男の欲望が丸出し

で、とっても興味をそそられる内容でした!

 

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

次回の秘密の痴漢指導2話はコチラから

 

次回のネタバレはこちら

「秘密の痴漢指導」

2話ネタバレ

→先生が特別にイチから教えてやろう

 

 

最後まで「秘密の痴漢指導」1話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※