秘密の痴漢指導2話のネタバレあらすじ感想を紹介中です。

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

秘密の痴漢指導2話ネタバレを紹介します。

 

先生に痴漢撃退法を、指導してもらうことになった大野という生徒。

 

「処女で男の人の事を何も知らない・・・」

 

という、この大野という美少女は

 

先生の欲望全てを、カラダで受け止めてしまいます。

 

「痴漢に遭うのは、この体のせいだ!」

 

と言った先生は、
大野のパンツに手を入れ・・・

 

指でアソコを触られ
イッてしまいます!

(電車の中で大胆な事をする先生。大野のカラダも敏感に反応してしまい・・・)

秘密の痴漢指導前回のあらすじ

 

通学電車で、いつも痴漢に遭遇してしまう大野という女子生徒。
(背は低いのに、巨乳。そして童顔。)

 

この日も、電車で痴漢に遭っていました・・・。

 

この日の痴漢の行為は激しく、
ブラの中に手を入れたり、
お尻に男性器を当ててきました。

 

怖くて声が出せない大野は、
体を震わせ恐怖に脅えています。

 

「本当は、もっとシテ欲しいんだろ?」

 

そんな事を痴漢に言われ、
恐怖心がMAXになった時に救世主が現れます。

 

痴漢の手を握ったその男は

 

「ウチの生徒になにしてるんだ!」

 

救世主は、
大野が通う学校の教師だったのです。

 

誰にも「痴漢に遭っている事」なんて、恥ずかしくて秘密にしたかった大野は、先生を信用しきっています。

 

生徒に信用されている事を、都合の良いように理解した先生は

 

「痴漢撃退法を教えてやろう!」

 

と、翌朝一緒に電車で大野を放課後呼び出し、とんでもなくエロい行為を指導するのでした・・・

 

「秘密の痴漢指導」
1話ネタバレ記事はこちら

「せ・・・せんせぃが・・・アソコを触ってくる!」

秘密の痴漢指導2話あらすじ

秘密の痴漢指導登場人物

秘密の痴漢指導人物画像

 

前回からの続きで、電車の中で「痴漢撃退法」を指導する先生。

先生が指導する痴漢撃退法は

「先生が大野に痴漢行為をして、自分で痴漢を退治する!」

という方法。

 

先生の手は、大野のお尻をギュッと鷲掴みにします。

 

そして、大きな胸を揉み始めます。

 

「先生、やりすぎだよぉ・・・」

 

「やだ、それ以上触らないで・・・!!」

 

そう思う大野でしたが、
相変わらず声を出すことが出来ません。

 

おっぱいを揉み続けられた大野は

 

「あっ・・・」

 

と、少し声が口から漏れてしまいます。

 

その反応を見た先生の手は

 

大野のパンツの中に入って行きました。

 

そして、耳元でこう囁きます。

 

 

「お嬢ちゃん、良いカラダしてるねぇ・・・」

 

「お尻もおっぱいも、大きいねえええ」

 

 

先生はリアルな痴漢になりきっています。

 

パンツの中に入っている先生の手は、大野の

 

ワレメを触り始めました。

 

 

ビクンっ

 

 

敏感な所を先生に触られて、嫌なのにカラダを震わしてしまう大野。

 

 

ですが、
「男というもの」を全く知らない大野は

 

「大事な部分だから触らないで!」

 

ではなく、

 

「汚いから触らないで!」

 

と、思うのでした。

 

 

自分のアソコは

「汚いモノ!」

と思っている大野でしたが、

 

先生にアソコを触られていると、
勝手にカラダが震え始めてしまいます。

 

 

先生の手の動きは
スピードを上げ、大野のアソコを触り続けます。

 

 

「そこ、汚いのに・・・」

 

「何故か・・・。」

 

 

「気持ちいぃ・・・」

 

 

大野はアソコを自分でも
今まで一度も触った事がないのかもしれません。

 

 

先生にアソコを触られ、大野のアソコは

ベチョベチョ

に濡れ始めました。

 

 

先生は大野のアソコをまだ触り続けています。

 

中指を使い、
指は奥までは入っていませんが、

 

敏感なトコロを刺激しまくっています。

 

その時、
大野のカラダに変化が現れます。

 

 

「やだ・・・」

 

「なんかヘン・・・」

 

「先生に触られてるのに私・・・」

 

 

「そこ擦るのダメぇえええ」

 

 

大野は先生にアソコを激しく擦られ
電車の中だというのに

 

イッてしまったのです!

 

 

大野を指でイカせた所で、電車は駅に到着しました。

 

駅に到着した2人は、電車の中で行われた

「痴漢撃退法」について反省会が行われました。

 

 

「大野。ダメじゃないか!」

 

「あんな反応じゃ、痴漢の思うツボだぞ」

 

「先生の指導の意味が無いじゃないか!」

 

 

痴漢相手に上手く声を出せず、
先生に痴漢されまくった大野は

 

しゅん

 

としています。

 

 

「よし、わかった」

 

「放課後、もう一回復習だ!」

 

 

「はいっ!わかりました!」

 

 

大野はまだ、
先生の事を疑いもせず、感謝しています。

大野は先生の言いなりになって、放課後また痴漢撃退法を復習をすることにしたのでした。

 

 

授業が終わり、放課後

 

先生の『言いつけ』を守り、
更衣室で体操着に着替える大野。

 

ですが、

男性の事をよく知らない純情な大野は、先生の事を信用しきっています。

 

 

復習は「生徒指導室」で行われる事になっていました。

 

先生と大野の二人っきりの密室です。

 

 

まず先生は

 

「大野はカラダが固い」

 

「まずはストレッチをしよう」

 

 

と言い、大野のカラダを触り始めました。

 

そして、

「痴漢」について講義が始まりました。

 

 

「痴漢の目的は、一体何だと思う?」

 

 

「カラダを触ることですか?」

 

 

「そういう痴漢もいるだろう・・・」

 

 

「でもな、それだけじゃない者もいる」

 

 

「私、男の人の事全然わからなくて・・・」

 

「男の人が読むような、エッチな本も見たこと無いし・・・」

 

 

先生は

「ストレッチ」と言っていたはずなのに、

大野の太ももを触り始め、手はどんどんと敏感な部分に近づいていきます。

 

「先生としては、その年なら男というものを知っておく必要があると思うがな」

 

 

そういうと、先生は

 

大野のTシャツをめくり、

ブラジャーを外しました。

 

 

ここからもっと、
エスカレートしていく

超エロい、秘密の講習

が始まるのでした。

放課後先生が指導する、秘密の講習の内容は?

 

「この胸がイケナイ!」

 

「この尻がイケナイ!」

 

「形も肌触りも、痴漢好みだ!」

 

「これじゃあ、痴漢に触られても仕方ない・・・」

 

 

そう言って大野のカラダを
触りまくった先生の手が辿り着いたのは・・・

 

感じやすい大野の

敏感なアソコでした・・・。

 

 

「そんなトコ、汚いから・・・」

 

という大野に対し、

 

 

「男は皆、ココが好きなんだ!」

 

 

と、変態の先生は

パンツを下げたお尻を突き出させ、

 

 

アソコが丸見えの状態に・・・

 

 

「秘密の痴漢指導」2話は、

エロいシーンがたくさんあって

超オススメですよ!

 

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

 

次回のネタバレはこちらから

「秘密の痴漢指導」

3話ネタバレ

濡れ透けノーブラ姿でカゲキな痴漢撃退・・・!?

 

 

最後まで「秘密の痴漢指導」2話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。

 

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※