秘密の痴漢指導3話のネタバレあらすじ感想を紹介中です。

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

秘密の痴漢指導【3話】ネタバレ

 

先生の指導してくれた痴漢撃退法を素直に従い、

制服の下はノーブラ・・・。

超ミニのスカートで通学する事になった大野。

 

汗っかきの大野は満員の電車の中。

汗をかいて、白いブラウスからピンクの乳首が透けてしまっていました。

 

痴漢ならずとも、

このセクシーな姿に釘付けの電車の乗客たち。

 

しばらくすると、

以前、お尻を触ってきた痴漢が

大野のお尻を触り始めて・・・

前回の秘密の痴漢指導2話ネタバレはこちら

「秘密の痴漢指導」
2話

「先生が特別に、イチから教えてやろう・・・」

秘密の痴漢指導3話【あらすじ】

秘密の痴漢指導人物画像

 

いつもの様に学校に通う為、電車に乗った大野。

まわりにいる男性から物凄く熱い視線を受けています。

 

「ぜ、絶対に見られている・・・」

 

「どうしよう。これって逆効果だったんじゃ・・・」

 

「恥ずかしいよぉ・・・」

 

先生の指導に従った格好で、通学をする大野。

大野の格好は、制服の下はノーブラ。スカートはパンツが見えそうなほどのミニスカートだったからです。

 

 

「本当にこれでいいの?」

 

「昨日はあんな事、言ってたけど・・・」

 

 

いつも以上に『痴漢に遭遇しそうな気配』がしてる大野は、不安でいっぱいです。

 

先生と大野の昨日の会話

 

「さっきの復習で先生は、大野の悪い所を見つけたぞ」

 

「え?」

 

どこが悪い所なのか、指導してほしい大野。

 

 

「大野はな、怖いと声が出ない」

 

「きっと男性恐怖症なんだな。」

 

 

「そうなんです。私も自覚しているんですけど・・・」

 

 

「そんな行為は、痴漢にとっては好都合なんだ。」

 

 

「は。はぁ・・・」

 

 

今まで痴漢に会ってきたのは、

『全部自分のせい・・・。』

と落ち込むマジメな大野。

 

 

「だが先生は大野の為に、良いことを思いついたぞ!」

 

「これからは、痴漢が自分から逃げていく女の子になればいいんだ!」

 

 

そして先生は紙袋から、

痴漢撃退用に用意してきた制服を取り出します。

 

 

「ブラジャーも外してこの制服を着る事!」

 

 

「え?」

 

 

「ブラもしないんですか?」

 

ノーブラという事に抵抗する大野。

しかし、先生は大野を納得させるためにこう言います。

 

 

「いいか?痴漢というのは露出の多いギャルは狙わないんだ!」

 

「露出が多いという事は、気が強い風に見えるからな!」

 

 

無理矢理な説得で大野を納得させる教師。

 

 

「でも、私声が出せないし・・・」

 

 

「大丈夫。痴漢はそんな露出の多い女の子に、睨まれるだけで退散するさ」

 

 

「信用している先生がそんな事を言うのなら・・・」

 

 

先生の言う通りに、特別仕様の制服を着てきたのでした。

 

 

再び満員電車の中

 

大野は、超がつくほどの汗っかきでした。

 

電車の中は暑く、大野はブラウスが透けてしまうほど汗をかいていました。

 

大野はノーブラだった為、当然ピンク色の乳首は透けてしまっています。

 

そして、汗によってブラウスは大野のカラダにぴったりとくっついてしまっていて、とても色っぽくなっています。

 

 

そんな時、車内から大野を見ている男からこんな声が聞こえてきました。

 

 

「おい、見ろよあの女。めちゃくちゃエロいな!」

 

「朝から良いモノ見させてくれてごちそうさま!」

 

「パンツ見えまくり!」

 

 

男たちが大野を見てそんな事を言っているので恥ずかしくなり、涙がでてしまう大野。

 

そんな時、

電車は大きく揺れ、

大野は痴漢が1番出現しやすい場所

「入り口付近」

に移動してしまいました・・・

 

「あ、どうしよう・・・」

 

「ここは1番襲われやすい場所だわ・・・」

 

大野がその場所に移動してきた次の瞬間、お尻を触られてしまいます。

 

ムニュっ

ムニュっ・・・

 

大野の柔らかいお尻を揉みはじめる痴漢。

 

痴漢に会い、恐怖からカラダが震え始める大野。

 

「撃退しなきゃ・・・」

 

大野は恐怖で今まで出来なかった痴漢を撃退しようと、睨みつけます。

 

「先生が近くで見てくれてるし大丈夫!」

 

先生を信用しきってる大野は勇気をふりしぼり、痴漢を睨みつけました。

 

「っっっ・・・」

 

痴漢は大野に睨まれお尻を触る事を止め、その場から居なくなってしまいました。

 

 

「やったぁ!私にも撃退できたぁ!」

 

大野は生まれて初めて痴漢を撃退。

その喜びから顔は笑顔でいっぱいでした。

 

「やったぁ。やったよ先生!先生のおかげだわ!」

 

 

駅に着いた大野と先生

 

「おおーい、大野~。やったなぁ!」

 

「せんせいのおかげです!」

 

ハイタッチして喜ぶ大野と先生。

トイレの個室に入り、恥ずかしい制服からいつもの制服に着替える大野。

 

その時変態教師の頭の中は、

 

「大野のせいで先生、アソコがおさまらなくなっちゃったじゃないか・・・」

 

と思い、大野が着替えているトイレの中に侵入していきます。

 

そして、大野の口を塞ぎ、

 

信じられないような

エッチな痴漢指導をしていくのでした・・・

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

 

「秘密の痴漢指導」3話の感想

秘密の痴漢指導

男を何も知らないからって、
先生の言いなりになりすぎの大野・・・

あんな格好をさせられる時点で、もっと先生を疑っても良いような気がします。

 

それにしても、大野ちゃんはおっぱいが大きくてエロいですね!

痴漢にあってしまうのも納得です。

 

声が出せないから痴漢の行為もエスカレートしていくのも納得です。

 

「秘密の痴漢指導3話」の最後で先生が女子トイレまで来て痴漢を指導するのはヤリ過ぎと思いましたが、大野ちゃんのエロい所を見れたので良しとしましょうw

次回の「秘密の痴漢指導」4話は、今回の3話より、もっと過激になります・・・。

 

次回の「秘密の痴漢指導」4話の内容は?

 

「秘密の痴漢指導」4話の内容は、3話に引き続き女子トイレの中での指導が続きます。

この『指導』というものが、今までの中で1番エロい内容となっています!

アソコを指で触り、おっぱいを揉み、

先生の男性器を大野に触らせたりもします!

 

秘密の痴漢指導4話もお楽しみに!

 

 

次回のネタバレはコチラから

「秘密の痴漢指導」
4話

「密室トイレから漏れる、エッチな汁と音・・・!」

秘密の痴漢指導を試し読みするならコチラ!

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

最後まで「秘密の痴漢指導」3話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。