秘密の痴漢指導13話のネタバレあらすじ感想を紹介中です。

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

秘密の痴漢指導13話ネタバレ

「秘密の痴漢指導」13話タイトル

放課後の更衣室・・・生徒会長に忍び寄る影

 

 

「時間切れだ!」

 

来栖のマ◯コに押し当てられている、勃起してるチ◯ポ。

 

来栖は

「写真を撮った人物が誰なのか」

知っていました。

 

でも、

 

「あの人を、ワタシと同じ目に合わせる訳にはいかない!」

 

「あの人」をかばい、

再び、先生に挿入されてしまうのでした。

 

「すまんなぁ。来栖。」

「また入っちゃたよぉ・・・」

 

先生の腰は激しく動き、

来栖はイカされ続けるのでした・・・。

前回の「秘密の痴漢指導」12話ネタバレはこちら

「秘密の痴漢指導」
12話

「ギャルにスク水を着させてヘンタイ尋問・・・!」

 

秘密の痴漢指導13話【あらすじ】

 

 

「時間切れだ」

 

ニィっと笑う変態教師。

来栖のアソコに押し当てていた男性器を、奥深くへと挿入していくのでした。

 

 

「ひぁぁぁ・・・」

 

 

嫌なのに、
カラダを震わせて、感じてしまう来栖。

 

 

「んはぁぁぁぁ・・・」

 

「んっ・・・」

 

 

「すまんなぁ、来栖。」

 

「先生のモノ・・・。」

 

「また、入っちゃまったよ・・・」

 

 

来栖の顔を舐めながら、口ずさむ。

 

 

「い、いやぁぁぁ・・・!」

 

 

目に涙を溜めて、本気で嫌がる来栖。

 

来栖の願いも虚しく、
先生の腰は、

奥深くまで

何度も何度も突いていくのでした。

 

 

「いやっ!」

 

「抜いてっ!」

 

「お願い!」

 

 

激しく動く腰の先生の腰の動き。

 

来栖のおっぱいは、大きく揺れていました。

 

 

来栖が着させていたスク水。

おっぱいの部分だけ、穴が空いていました。

 

 

「ひゃぁぁぁ!」

 

 

先生のチ◯ポで突かれて、
嫌なのに声がでてしまう来栖。

 

 

「そんな声出しておいて、何を言っておる!」

 

 

先生は来栖の喘ぎ声に興奮。

更にスピードアップするのでした。

 

 

「気持ちよければ、イッても良いんだぞ?」

 

 

「ホレ!イキたければイケ!」

 

 

「どうだ!ほれ!」

 

 

バックで挿入されている来栖。

気持ち良いけど、イク訳にはいきません。

 

 

「絶対に嫌だぁぁ!」

 

 

「馬鹿め・・・」

 

「そんな態度が、俺を興奮させるんじゃよ」

 

 

「アソコの具合で、イッてるかどうかなんてわかってるんだ!」

 

 

来栖は先生に挿れられながらも

「絶対にイクもんか!」

と拒絶。

 

 

でも・・・

来栖のアソコは

 

大量に潮を吹いてしまっていました。

 

 

これから来栖は

先生の性奴隷

として、

毎日学校で犯されること

になってしまったのです・・・。

 

 

■次の日

 

先生の命令に従って、
登校した来栖。

 

生徒会室にやって来ました。

 

 

コンコン・・・

 

 

「はい」

 

 

生徒会室の中にいたのは、
黒髪で真面目そうな女の子。

 

 

この女の子の名前は小野田と言い、生徒会長でした。

 

 

来栖は

先日の電車の中の事

を小野田に話します。

 

 

「やっぱりあの時の女の子は、アナタだったんだ・・・」

 

 

「ごめんね。あんな状況で怖くて・・・」

 

 

「写真撮るだけで精一杯だったの」

 

 

「あの状況じゃぁね。しょうがないよ・・・。」

 

 

「それで、どうしたの?」

 

 

「あの写真を消去してくれないかな?と思って。」

 

 

「まさか?脅されてるの?」

 

 

さすが生徒会長。

鋭い判断能力でした。

 

 

誰にも聞かれてるとは思っていない2人。

生徒会長室の壁には、

下田が壁に耳をくっつけ話を聞いていたのでした。

 

 

「まさか、生徒会長が犯人だったとはな・・・」

 

 

下田はこの日の放課後、

 

生徒会長の小野田が、

女子更衣室で着替えをしている最中に・・・

 

秘密の痴漢指導
13話の続きと
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

秘密の痴漢指導13話の感想

今回の「秘密の痴漢指導」13話もエロくて良かったですね(*´∀`*)

来栖ちゃんが嫌がりながらも、
あんなに激しくイッてしまうなんて・・・

しかも、潮まで吹いてしまうとは(*´∀`*)

 

生徒会長を守る為、
口を割らずに隠しきったせいで、先生に挿れられてしまうのですが、来栖ちゃんやっぱり良い子なんですね^^

 

先生が許せなくなってきました(怒)

(先生のおかげでこんなに楽しめてるんですけど・・・)

 

後半で出てきた黒髪の美少女。

生徒会長の小野田ちゃんが
これからどんな手で先生に陵辱されていくのか。

 

次回の「秘密の痴漢指導」14話も気になっちゃいますね!

次回「秘密の痴漢指導」14話の内容は?

「秘密の痴漢指導」14話の内容は、誰もいない学校。

女子更衣室では先生と小野田ちゃんの二人きり。

ブラジャーを剥ぎとった先生は小野田ちゃんの脇を舐め、おっぱいを揉み、パンツを脱がせていきます!

 

そして、この女の子も実は◯◯。

 

なのに、この鬼畜の先生は・・・・

 

次回、「秘密の痴漢指導」14話はめっちゃ興奮します!

 

お楽しみに♪

 

次回のネタバレはコチラから

「秘密の痴漢指導」
14話

→暗闇の中、初めての教育的ナマ指導・・・!?

秘密の痴漢指導を試し読みするならコチラ!

 

男を知らない純情少女
キモ教師に汚されていく!

「秘密の痴漢指導」
無料試し読みはコチラから
 クリック 

→秘密の痴漢指導

「秘密の痴漢」と検索してください。

※1話~6話まで無料です※

最後まで「秘密の痴漢指導」13話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。