神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出-3話のネタバレ・あらすじ・感想を紹介中。

 

無料試し読みはこちら
▼▼クリック▼▼
神待ちサイト
ハンディコミック【神待ちサイト~俺と彼女の秘密の思い出~】LP1※スマホ専用

神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出-3話ネタバレ

 

男がシャワーに入ってる間に、お酒を飲んで寝てしまった愛花。

 

「しょうがないなぁ・・・。」

 

愛花を起こさないように、ゆっくりとベッドに運んでいく男。

 

「こんな無邪気な顔を見せられたら、何も出来ないじゃないか・・・。」

 

と、一瞬思いましたが我慢出来なくなってしまった男は、愛花のワイシャツをめくり、

 

おっぱいを舐めはじめるのでした!!

(美少女の無防備な姿を見せられて、我慢出来る男なんてこの世にいません!)


ハンディコミック【神待ちサイト~俺と彼女の秘密の思い出~】LP1※スマホ専用

前回の「神待ちサイト」2話のネタバレはこちら

神待ちサイト
-俺と彼女の秘密の思い出-2話

→「色々がんばるので泊めて下さい」

神待ちサイト3話のあらすじ

 

シャワーを浴び、浴室から出てきた愛花。

 

男の指示で愛花は、「ノーブラで白いワイシャツに、ニーハイ」という格好に着替えさせられていました。

 

ノーブラという事は当然、乳首が透けてしまいます。

 

 

愛花はさっき「神待ちサイト」で出会ったばかりの男に乳首を見せたくありませんでした。

 

しかし、今着ているワイシャツは、男性が仕事で着るような薄い生地のもの。

 

乳首が透けて見えてしまわないように、愛花は手で胸のあたりを押さえ、背中を丸めていました。

 

 

「手が邪魔だな・・・」

 

「下ろして・・・」

 

 

男は、愛花の乳首をどうしても確認したかったようです。

 

 

「えっ・・・。」

 

「おにいちゃん、はずかしぃよぉ・・・」

 

 

愛花は乳首を見せたくありません。

 

しかし、どうしても愛花の乳首を見てみたい男はこう続けます。

 

 

「何でもするんだよね?」

 

「今日泊まるって事は・・・」

 

「わかるよね?」

 

 

「うぅぅ・・・」

 

 

ここで男に乳首が透けているトコロを見せないと、泊まる場所が無くなってしまう愛花は胸を隠していた手を下に下げるのでした。

 

 

「おぉ!透け乳首!」

 

「しかも立ってる!」

 

 

愛花の乳首は、「ツン」と少し立っていたのでした。

 

言う事を聞いた愛花に調子に乗ってきた男は次の命令をします。

 

 

「じゃあ、つ、つぎは・・・」

 

「ぱ、パンツを・・・」

 

「み、見せてもらおうか・・・」

 

 

あまり女の子と話をした事のない男は、ストレート過ぎる希望を緊張しながら言ってしまうのでした。

 

 

「えっ」

 

「でも、断ってしまえば泊まる所が・・・」

 

 

そう判断した愛花は、ワイシャツの裾の部分に手を伸ばしていくのでした。

 

ぐいっ

 

愛花は顔を真っ赤にしながら、ワイシャツの裾をめくり上げます。

 

男の目の前には、白いパンツが現れました。

 

 

「こ、これでいいですか?」

 

ゴクリ・・・

 

 

さっきサイトで出会ったばかりの美少女が、恥ずかしくて震えながら見せてくれたパンティに興奮して唾を飲む男。

 

 

次の瞬間、自分の感情を抑えきれなくなった男は、

愛花の下半身に顔をくっつけていきます!

 

 

「あ、ちょっ・・・っと・・・」

 

「ま、待ってください・・・」

 

 

男にいきなり顔を下半身にあてられ、困惑する愛花。

 

しかし、男の興奮は収まりきらず顔を股間にグリグリと押し付けてきます。

 

 

グリグリグリグリ・・・

 

「あぁ。。。。」

 

「いいニオイがする~」

 

 

愛花の股間のニオイに興奮して顔を押し付けるのを止めない男。

 

 

「おにいちゃん!ダメ!」

 

 

グリグリを止めない男。

 

 

「お願い!」

 

 

愛花の必死の叫びに、我を見失っていた男は冷静さを取り戻すのでした。

 

 

「ご、ごめん。。。」

 

「シャワーを浴びて頭を冷やしてくるよ。」

 

 

そう言うと男は、シャワーを浴びに浴室へと向かうのでした。

 

 

「適当にくつろいでいて。」

 

「飲み物を飲んでても良いからさ。」

 

 

愛花はそう言われ、さっき神待ちサイトで出会った男の優しさに嬉しくなってしまうのでした。

 

男がシャワーを浴びている間、冷蔵庫から飲み物を取り出し飲み始めた愛花。

 

しかし愛花が飲んだそれは、ジュースではなくお酒でした。

 

 

家出をしてきて、神待ちサイトに書き込んだ経緯は不明ですがよっぽど疲れていたんでしょう。

 

愛花は、座ったまま寝てしまったのです。

 

 

「しょうがないなぁ・・・」

 

 

座ったまま寝ている愛花を抱っこしてベッドまで運んでいく男。

 

ノーブラで、ボタンを外しているワイシャツから見える谷間に我慢出来なくなってしまった男は・・・

 

 

神待ちサイトでやって来た女の子は
想像以上のハイレベルだった!

こんな可愛い女の子のカラダを
好きにしても良いなんて・・・。

興奮せずにはいられない!

続きと無料立ち読みはコチラ!

▼▼クリック▼▼
神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出-
ハンディコミック【神待ちサイト~俺と彼女の秘密の思い出~】LP1※スマホ専用

神待ちサイト3話の感想

愛花ちゃんの透け乳首。とってもエロかったですね!

 

ノーブラで見えそうな乳首を手で隠してるのも良いですけど、頑張って手を下げる場面はリアルで興奮します。

 

あと、股間に顔を近づけられて顔を赤くして恥ずかしがる愛花ちゃんの表情がとっても良かったです!

 

目を閉じて、唇を噛む顔はなんだか物凄く興奮しました(*´ω`*)

 

そして、物語の後半で見えた愛花ちゃんのおっぱい!

 

ピンク色の乳首に、形の良い乳房!

 

あどけない顔をした少女のおっぱいは

超絶エロいです!!

 

次回は、

愛花ちゃんのオマ◯コが!!

 

おっぱいを舐めて、興奮してしまった男は愛花ちゃんの下半身に手を伸ばしていきます!

クリを刺激してエッチなシミがパンツに付いてしまった愛花ちゃんがパンツを脱がされ・・・

 

次回の「神待ちサイト」4話もエロ度が急上昇しています!

次回の「神待ちサイト」4話のネタバレはこちら

 

神待ちサイト
-俺と彼女の秘密の思い出-
4話

→「つるつるおマ〇コ!夢にまで見たくぱぁ~ 」

 

「神待ちサイト」の無料立ち読みはコチラ!

「神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出」を無料試し読みするならコチラからどうぞ。

無料試し読みだけでも、楽しめると思いますよ!

 

▼▼クリック▼▼
神待ちサイト
ハンディコミック【神待ちサイト~俺と彼女の秘密の思い出~】LP1※スマホ専用

神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出

▲▲試し読みは完全無料!▲▲

 

最後まで「神待ちサイト」3話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!