神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出-8話のネタバレ・あらすじ・感想を紹介中です。

 

無料試し読みはこちら
▼▼クリック▼▼
神待ちサイト
ハンディコミック【神待ちサイト~俺と彼女の秘密の思い出~】LP1※スマホ専用

神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出-8話ネタバレ

 

「うぇ」

 

「んんっ」

 

バックで挿入されたまま、口の中に指を挿れられてる愛花。

 

その可愛い顔から、ヨダレが垂れてしまっているのでした。

 

挿入されている気持ち良さと、会ったばかりの男の人の前でヨダレを垂らしてしまっている羞恥心で、

 

愛花は激しく

 

イッてしまうのでした!

(バックのポーズで男性器を抜いたあとのカラダ・・・。超エロいです!)


ハンディコミック【神待ちサイト~俺と彼女の秘密の思い出~】LP1※スマホ専用

 

前回の「神待ちサイト」7話のネタバレはこちら

神待ちサイト
-俺と彼女の秘密の思い出-
7話

→「熱いのが…ナカでいっぱい出てる… 」

 

 

神待ちサイト8話のあらすじ

 

 

「おぇっ・・・」

 

「うぇ・・・」

 

 

バックで挿入されたまま、口の中にも指を突っ込まれる愛花。

 

 

可愛らしい愛花の顔からは想像出来ない、下品な嗚咽が出てしまっています・・・。

 

 

「恥ずかしいよぉ・・・」

 

 

そう心の中では思っていましたが、カラダは違う反応をしてしまいます。

 

だらぁ~・・・

 

愛花の口からは、ヨダレがダラダラとこぼれてしまっていました。

 

 

「そんな・・・。お口の中まで・・・。」

 

「よだれがぁ・・・。」

 

「こんなのいやだよぉ・・・」

 

 

神待ちサイトで会ったばかりの男に処女を捧げた上に、こんな恥ずかしい格好をさせられるなんて・・・

 

愛花のそんな気持ちも知らないで、口に指を突っ込んだまま腰を振り続ける男。

 

 

パンパン

 

パンパンパン・・・・

 

 

「あんっ・・・」

 

「あぁぁぁあん・・・」

 

 

口もアソコの穴も男に挿れられてしまっているのに、愛花はめちゃくちゃに感じてしまっているのでした。

 

愛花の反応を見た男は、今度は使っていない右手で愛花のおっぱいを揉み始めました。

 

 

モミモミ

 

モミモミ

 

びくっ!

 

おっぱいも感じやすい愛花。

 

おっぱいを揉みながら今度は愛花のピンク色の乳首をつまみます。

 

クリクリ・・・

 

乳首が性感帯の愛花は、こんな恥ずかしい格好をさせられているのにさっきよりも感じてしまうのでした。

 

クリクリクリクリ・・・

 

「あんっ」

 

さっきよりも大きな声で感じてしまう愛花。

 

 

 

神待ちサイトでやって来た女の子は
想像以上のハイレベルだった!

こんな可愛い女の子のカラダを
好きにしても良いなんて・・・。

興奮せずにはいられない!

続きと無料立ち読みはコチラ!

▼▼クリック▼▼
神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出-
ハンディコミック【神待ちサイト~俺と彼女の秘密の思い出~】LP1※スマホ専用

 

神待ちサイト8話の感想

神待ちサイト8話・・・。

 

可愛い顔で、よだれを垂らしてしまうっていうのも良いですね!

 

 

 

次回の「神待ちサイト」9話のネタバレはこちら

 

神待ちサイト
-俺と彼女の秘密の思い出-
9話

未配信です。
もしかしたら「神待ちサイト」は8話で
最終回なのかもしれません。。。

 

「神待ちサイト」の無料立ち読みはコチラ!

「神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出」を無料試し読みするならコチラからどうぞ。

無料試し読みだけでも、楽しめると思いますよ!

 

▼▼クリック▼▼
神待ちサイト
ハンディコミック【神待ちサイト~俺と彼女の秘密の思い出~】LP1※スマホ専用

神待ちサイト-俺と彼女の秘密の思い出

▲▲試し読みは完全無料!▲▲

 

最後まで「神待ちサイト」8話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!