濡れ透けJ○雨宿りレイプ1話のあらすじネタバレ感想を紹介してます。

 

完全無料立ち読みはコチラから
 クリック 
濡れ透けJ○雨宿りレイプ

[コミックシーモア]【3月】【AC】濡れ透けJ○雨宿りレ○プ

 

濡れ透けJ○雨宿りレイプ1話ネタバレ

東京から日帰り出張で、ある田舎の町にやってきた中年のサラリーマン。

 

商談も終わり、帰ろうとすると突然の大雨。

 

お客さんに傘を借りる訳にもいかず、いつ来るかわからないバスを待つ為にバス停に走った。

 

そのバス停には、雨宿りをするJ◯の姿がありました。

 

雨でベチョベチョに濡れてしまっているこの少女はとても可愛く清楚。

 

少し茶色な大きな瞳に、ショートカットの髪型。

 

雨で濡れてしまったスカートの水を、手で頑張って絞っていました。

 

よく見てみると、太ももの少し上にはパンツが・・・。

 

最近は年頃のせいか、全く話をしなくなってしまった自分の娘と違い、このJ◯はとても気さくにそして優しく話をしてくれます。

 

J◯の上半身をよく見てみると、雨で濡れたせいで白い制服からは薄紺の下着が透けています。

 

呼吸する度に、

上下に揺れる大きな乳房と、

白いブラウスにぴったりとくっついている肌のせいで

我慢できなくなってしまったおじさんは・・・

 

(普段しゃべる事なんて出来ないくらいのレベルのJ◯が優しく話てくれたら、レ◯プされてしまうのは仕方が無いのかもしれません)

濡れ透けJ○雨宿りレイプ02

 

雨で濡れて透けているブラ・・・

01濡れ透けJ○雨宿りレイプ

 

雨のせいで、濡れてしまった制服はJ◯の胸にぴったりと張り付いていました。

さっき出会ったばかりのおじさんが「自分の胸を見ている」とは思わないであろう純真なJ◯。

 

「東京からお仕事で出張なんですね。こんな大雨で大変ですね。」

 

優しく気遣ってくれる少女の言葉に自分の娘の事を思い出す。

 

「そういえば最近、娘とは話もしていないな・・・。」

 

俺は何を考えているんだ・・・・

濡れ透けJ○雨宿りレイプ02

 

雨で透けている胸元。

優しく話続けてくれるJ◯の目を盗みながら見ていると、こう思ってしまった・・・。

 

触ったらどんな感じなんだろう・・・

 

濡れ透けJ○雨宿りレイプ02

 

J◯の上下に揺れる胸を見ていると、下半身がジンジンと疼き始めた。

さっき会ったばかりの女の子なのに・・・

「大きく揺れるおっぱいは触るとどんな感じなんだろう・・・」

 

もうだめだ・・・我慢できない・・・

濡れ透けJ○雨宿りレイプ04

 

理性が頭の中で話かけてきた。

 

「このJ◯から目を離すんだ!ダメだ!これ以上考えるな!」

 

「この衝動を抑えられなかったら、レイプになってしまうんだぞ!」

 

でも、もう我慢が出来なくなってしまっていた・・・

 

「きゃぁぁぁぁぁ!」

 

男はJ◯をベンチに押し倒し、胸に口を近づけていた。

 

「えっ・・・おじさ・・・ん・・・。」

 

震えた声を出し、驚いた表情をするJ◯

 

しかしもう男の目には、少女の雨に濡れた胸しか見えていなかった。

少女の細い腕を強引に掴み、無我夢中で胸元に吸い付いていた。

 

濡れ透けJ○雨宿りレイプ1話感想

我慢出来ずにおじさん遂にやってしまいました。レイプを。。。

このおじさんの気持ちよくわかります。仕事で疲れて、家でも娘と会話も無くて・・・。

 

たまたま雨宿りの為に出会ったJ◯がとっても可愛く、清楚で優しく話しかけてくれて。

しかもJ◯のカラダが超好みだったら、理性が崩壊してレイプしたくなるのもしょうがないです(レイプは犯罪です。絶対にしないでね。)

 

無料試し読みはこちら
⇓ クリック! ⇓

濡れ透けJ◯雨宿りレイプ
「濡れ透け」と検索してください

[コミックシーモア]【3月】【AC】濡れ透けJ○雨宿りレ○プ

 

次回の
「濡れ透けJ◯雨宿りレ◯プ」
2話のネタバレはこちらから

 

→濡れ透けJ◯雨宿りレ◯プ2話ネタバレ

 

最後まで
「濡れ透けJ◯雨宿りレ◯プ」1話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました。