濡れ透けJ○雨宿りレイプ2話のあらすじネタバレ感想を紹介中。

 

完全無料立ち読みはコチラから
 クリック 
濡れ透けJ○雨宿りレイプ

[コミックシーモア]【3月】【AC】濡れ透けJ○雨宿りレ○プ

 

濡れ透けJ○雨宿りレイプ2話ネタバレ

 

「はぁ・・・ぁあっ・・・」

 

「ぃやぁっ・・・」

 

「もうやめてぇ・・・」

 

 

雨は一層強さを増し、J◯の声以外耳には聞こえなくなっていた。

 

あれからJ◯の膣の感触に溺れ、何度も何度も犯し続けまくっていた

 

周りの物音さえも全く聞こえなくなっていた。

 

 

あれから一体、どれ位の時間が経過したのだろう・・・

 

 

射精するたびに

「この感覚は最高だ」

と、男の欲望は強くなっていった。

 

レ◯プされているのにもかかわらず、まだ幼いJ◯の体は

 

快楽を覚えていくのだった・・・。

濡れ透けJ○雨宿りレイプ03

 

レイプされているのに締め付けるJ◯のオマ◯コ

濡れ透けJ○雨宿りレイプ03

 

「なんで・・・。こんな・・・。」

「ひぐっ・・・。」

「もぅこわれちゃうよぉ・・・。」

 

雨の中知らない男にレ◯プされ、悲しさと悔しさから涙を流しながら訴えかけるJ◯。

しかし、J◯のオマ◯コは何度も中出しをされているせいで、潤滑に男性器を受け入れていた。

 

「んっ・・・。」

「あっ・・・。」

「ぃ、いやぁぁぁっ!」

 

J◯の気持ちなんて考えずに自分の快楽だけを求める男

濡れ透けJ○雨宿りレイプ03

 

J◯の両腕を後ろから掴み、バックで激しく挿入していく男。

オマ◯コの1番奥深くまで男性器を挿れると、男性器の先端はJ◯の子宮口に当たった。

 

「だめぇ・・・!」

 

男性器が子宮口に当たると、J◯の膣が締め付けてきた

その快感から男は更に激しく腰を振るのであった。

 

揺れる豊満なJ◯のおっぱい

濡れ透けJ○雨宿りレイプ03

 

激しく腰を振り、男性器をJ◯の子宮の奥深くまで挿入していると大きな胸が揺れ始めた

透けるブラウスから見えるJ◯の背中に興奮した男はまた絶頂を迎えようとしていた。

 

「はぁはぁはぁ」

「出る!出る!また出るよ!」

 

「い、いやぁぁぁあああ」

 

また中出しをされる恐怖にJ◯は悲鳴をあげた。

しかし悲鳴と同時にJ◯のオマ◯コは男の精子を欲しがるように男性器を締め付けるのであった。

 

ドクドクと子宮に流し込まれる精子

濡れ透けJ○雨宿りレイプ04

 

ビクンビクンッ

 

男がJ◯の子宮の奥に精子を発射すると、言葉とは裏腹に体を震わせ感じる姿があった。

 

「はぁはぁ・・・。」

「ぁあああああっ・・・。」

 

はじめてのエッチがレ◯プなのに、イッてしまっていたのであった。

男はこう思った。

 

「私のような男にはじめてを奪われ、乳房も子宮も好きなように陵辱され、望んでもいない精液を口と子宮にたっぷりと飲まされ、快楽まで覚えてしまうなんて。」

 

「一体この女の子は今どんな表情をしているのだろうか・・・。」

 

男はJ◯の顔をコチラに向け、その表情を見る事にした。

 

このあと、J◯の顔を見た男の欲望はさらにエスカレートし・・・

 

 

無料試し読みはこちら
⇓ クリック! ⇓

濡れ透けJ◯雨宿りレイプ
「濡れ透け」と検索してください

⇓ クリック! ⇓

[コミックシーモア]【3月】【AC】濡れ透けJ○雨宿りレ○プ

 

 

(FANZAに飛びます。絵がヤバイくらいエロいです!)
【DMMコミック】同人:濡れ透けJ○雨宿りレイプ(モーションコミック版) SP/PC-SEO