女子大生と教授(と僕)のありがちな
2話ネタバレを紹介しています。

※期間限定※
「女子大生と教授と僕のありがちな」は
今だけ1話まるまる無料で読めます
無料試し読みはこちら

▼ クリック ▼
ハンディコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

女子大生と教授と僕のありがちな2話ネタバレ

 

順調に交際を続けていると思っていたB君。

しかし、沙依は
毎晩教授の部屋でイケナイ情事をしていたのです。

 

「B君の為にも、
絶対にバレてはだめ・・・。」

 

そんな少女が出した答えは、

教授に何度も抱かれてしまう

というものでした・・・

(嫌なのに感じてしまう沙依。意思とは関係なく濡れる姿に興奮してしまいます。)

ハンディコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

(今回の「女子大生と教授と僕のありがちな2話」の内容はこんな感じになっています☆)

女子大生と教授(と僕)のありがちな登場人物

女子大生と教授(と僕)のありがちな登場人物1

 

女子大生と教授(と僕)のありがちな2話あらすじ

 

大学のカフェで

 

(僕の心の声)


「ここ数日の間で、なんだか沙依の様子が変わった気がする・・・。」

 

「天真爛漫だった笑顔に影がさして、どこか無理をしているように見える・・・。」

 

「一方で艶っぽく見えるのは、気のせいだろうか・・・。」

 

 

「沙依、体調悪いの?」

 

 

「ううん、何でもないよ?」

 

 

2人ではなしていると、そこにK教授が現れ、上機嫌で僕に話しかけてきた。

 

勉強が苦手な僕は、
教授と専門的な話をして知的な雰囲気に飲まれ、嬉しくなってしまった。

 

 

大事にしないといけない沙依を気にしないで、ついつい話に夢中になってしまった。

 

夢中になっていたせいで、

沙依の細い指が

『ちいさく震えていた』

ことに気付く事が出来なかった・・・。

 

 

僕みたいなレベルの低い学生相手に、話をしてくれる教授。

 

 

「ははは、B君。そんなんじゃあの頑固者の教授からは単位がもらえないぞ!」

 

 

変な噂があったから教授の事を疑っていたけど、

 

「この教授、感じがいい人だな。」

 

と僕は、「勘違いしていたんだ」と思うようになった。

 

 

僕との話が終わると教授は、沙依に話かけていた。

 

「ところで沙依くん。」

 

「今日もこのあと、付き合って貰ってもいいかな?」

 

「キミに資料探しを手伝って欲しくってね。」

 

教授の手伝いをする為に、沙依と僕は別行動になった。

 

 

沙依の心の声・・・

 

「B君と交際を続けるには、あの夜の事を知られるわけにはいきませんでした。」

 

「教授はワタシのそんな考えを見透かして、毎日のように関係を要求してきました・・・。」

 

 

教授の部屋にて

Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

 

ワタシは教授の指示で、部屋の奥に連れて行かれました。

 

教授に言われるまま、壁の方を向かされました。

そのまま、はいているパンツを下ろされました。

 

 

「B君という彼氏がいるのに、また襲われてしまう・・・。」

 

 

大学内でこんな恥ずかしい格好をさせられている事。

そして先日襲われた恐怖から、ワタシは震えてしまっていました。

 

「こんな事をしているところを・・・。」

「誰かに見られてしまったら・・・。」

 

ワタシは教授に、

「こんな場所でこんな格好をしたくありません」

と、言いました。

 

 

そうすると教授は、

 

「大丈夫だよ。」

「この時間は、人が来ないから。」

 

「めったにね・・・。」

 

 

教授はそう言うと、大きくなってる男性器をワタシのアソコに挿れてきました。

 

ワタシのアソコは教授のモノを、また受け入れてしまったのです・・・。

 

ジュブっ

 

くちゅくちゅ・・・

 

いやらしい音が、大学の資料室に響きました。

 

ワタシは教授の男性器を受け入れて、気持ちよくなってしまいました。

 

 

「あっ、あんっ・・・」

 

 

ぬちゅっ

 

ぬちゅっ

 

 

不覚にも出てしまう声・・・。

教授はこの前みたいに激しく腰を振ることはせず、ゆっくりと男性器を出し入れしてきます。

 

はじめてを奪われた時とは違う、教授の腰の動きが不安になったワタシ。

 

 

教授の顔を見ました。

教授は、にやにやと笑っていました。

 

今思うと、最初から企んでいたのでしょう。

 

教授はそんな事をしている間、

『ある人』

を待っていたのです。

 

 

教授の男性器がワタシの奥に入り、
膣壁を刺激されて気持ち良くなってきた時、部屋に男性の声が響きました。

 

 

「あれ?」

 

「教授!」

 

「いないんですか?」

 

 

ビクッ!

 

 

声を聞いて驚いてしまったワタシ・・・。

 

その声には聞き覚えがありました。

 

声の主は、
ワタシの彼氏。B君だったのです・・・。

 

 

ワタシは慌てて、口を手で押さえました。

 

今も教授に挿れられたままで、声が出てしまう可能性があったからでした。

 

 

ワタシがB君が来て驚いたのを、アソコの締まり具合で判断した教授。

 

 

B君がすぐ近くにいるというのに、
さっきよりも強く激しく腰を振ってくるのです。

 

 

ぐちゅぐちゅ

 

ぢゃぶぢゃぶっ

 

 

「んっ」

 

 

「んっ」

 

 

我慢していても、
教授の腰の動きにあわせて出てしまう、感じてしまっている声。

 

ワタシのアソコは、緊張から締まりが良くなってしまっていました

 

 

それに気づいた教授は、

 

腰を叩きつけるように、
激しく動かしてくるのでした・・・。

 

彼氏がすぐ近くにいるのに、
気持ち良い声が出てしまう・・・。

彼を傷つけない為にしている行為が
バレてしまう恐怖!

背徳感で膣口が
キュッ
締まる美少女姿を
見たい人はこちらからどうぞ!

「女子大生と教授と僕のありがちな」

※期間限定※
「女子大生と教授と僕のありがちな」

今だけ1話まるまる無料で読めます
無料試し読みはこちら

▼ クリック ▼
女子大生と教授と僕の
ありがちな
ハンディコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

女子大生と教授(と僕)のありがちな2話感想

「大好きなB君と交際を続ける為に教授に抱かれる沙依。」

本当はそんな事をしなくても、B君とは交際出来るのに・・・。

沙依の優しい性格なんでしょう。

 

そしてそんな沙依のヤマトナデシコ的な性格を利用して、若くて可愛い沙依を抱きまくる教授。

 

遊びまくっているオトナの男は、女子大生を手玉に取る事なんて簡単なんでしょうね・・・。

 

現在している本棚でのプレイのあと、

教授の部屋で↓の画像みたいにするプレーはエロ過ぎるのでチェックしてみてくださいね。

Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用
気になった方は絶対に読んでみてください!

(ノーパンで机に座らせられ、アソコを舐められまくります!エッチな液体があふれ出てきます♪)

 

(ちなみに、期間限定で「女子大生と教授と僕のありがちな」は1話無料で読めます☆)

 

 

 

※期間限定
今だけ1話まるまる無料で読めます
無料試し読みはこちら

▼ クリック ▼

※期間限定※
「女子大生と教授と僕のありがちな」は
今だけ1話まるまる無料で読めます
無料試し読みはこちら

▼ クリック ▼
ハンディコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

次回の女子大生と教授(と僕)のありがちな内容は?

 

彼氏とのデートの夜にも教授に呼び出され・・・

そして、愛する人のすぐそばで・・・

もはや快楽には抵抗できなくなってしまったワタシ!

 

次回の「女子大生と教授(と僕)のありがちな」3話ネタバレはこちらからどうぞ

 

→久しぶりのデートは、きっと上手くいくはずだ・・・

 

※期間限定※
「女子大生と教授と僕のありがちな」は
今だけ1話まるまる無料で読めます
無料試し読みはこちら

▼ クリック ▼
ハンディコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

 

最後まで「女子大生と教授(と僕)のありがちな」2話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!