女子大生と教授(と僕)のありがちな
4話ネタバレを紹介しています。

※期間限定※
「女子大生と教授と僕のありがちな」は
今だけ1話まるまる無料で読めます
無料試し読みはこちら

▼ クリック ▼
ハンディコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

女子大生と教授と僕のありがちな 4話

 

突然、
沙依の部屋にやって来た教授。

 

教授は何も言わずに沙依の服を脱がし、胸にしゃぶりつきます。

 

いつもとは違う教授を心配した沙依。

ズボンのチャックを開け、教授の男性器を取り出します。

 

気持ち良いトコロを刺激されて、教授は

あっという間

に発射してしまったのでした。

Handyコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

女子大生と教授(と僕)のありがちな登場人物

女子大生と教授(と僕)のありがちな登場人物1

 

前回の女子大生と教授(と僕)のありがちな3話は

B君と久しぶりのデート。

「豪華なレストランで沙依を喜ばせよう。」

と、考えていたB君でしたが、
沙依はデートの途中で帰ってしまったのでした。

 

沙依は教授から呼び出されていました。場所は高級ホテル。

そこで、教授から女子大生には似合わないような、エッチな下着をプレゼントされて・・・。

 

前回の
「女子大生と教授(と僕)のありがちな」

→3話ネタバレはこちら

 

女子大生と教授(と僕)のありがちな4話あらすじ

(僕の心の声)

沙依の顔に憂いは消えたが、僕たちの関係は薄くなっていた・・・。

 

彼女はゼミに入り浸り、夜も忙しいみたいだ・・・。

 

 

(僕)
「ねぇ、沙依。僕たちって・・・。」

 

(沙依)
「ん?どうしたの?」

 

(僕の心の声)
「僕たちは付き合ってるんだよね?」という事を聞きたかったが、それは言えなかった。

「今思えば、この頃から沙依の目には僕が映っていなかった。」

 

(沙依の心の声)
「B君にそっけなくしすぎかな・・・。」

「B君との付き合いが、面倒臭くなってしまった」

 

それから1週間後、教授は沙依の部屋に。

 

教授はお酒にだいぶ酔っていました。

いつもの威厳のある教授ではありません。

 

何も言わず、
床に座っていた沙依の着ている服を全部脱がします。

 

そしておっぱいを舐めていきます。

 

 

ジュルッ

ジュパッ

 

 

沙依の部屋に響く乳首を吸う音。

 

「あっ」

 

「あぁっ」

 

乳首を強引に吸われ、感じてしまっています。

 

「待ってくださいっ。」

 

「せ、せめてベッドで・・・。」

 

「黙れ!」

 

「ワタシに逆らうんじゃないっ!」

 

いつもは沙依の事を気遣ってくれる教授。

でも、この日は違いました。

 

 

そんな教授を見て沙依は、

 

「何だか先生、今日は怯えている・・・。」

「いつもよりも荒々しい・・・。」

 

沙依の胸を吸い続ける教授。

おっぱいにだけ執着していました。

 

 

乳首が感じる沙依は、

ビクンビクン

とカラダを揺らせていました。

 

教授の様子を見て沙依は、

「なんだか可哀想・・・。」

 

 

教授のズボンのチャックを開け、固くなっている男性器を取り出したのです。

 

教授の大きい男性器を沙依は小さい手で握りました。

男性器は、先走り汁で濡れていました。

 

シコシコ

スコスコ

 

 

教授も、

「女子大生ごときに、主導権を握られまい!」

と沙依のアソコに指を挿れてきました。

 

お互いの気持ち良いトコロを触り合う2人・・・。

 

そして・・・。

 

※期間限定※
「女子大生と教授と僕のありがちな」は
今だけ1話まるまる無料で読めます
無料試し読みはこちら

▼ クリック ▼
ハンディコミック【女子大生と教授(と僕)のありがちな】LP1※スマホ専用

 

最後まで「女子大生と教授(と僕)のありがちな」4話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!