女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした1話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

無料試し読み
はこちらからどうぞ

▼▼画像をクリック▼▼
女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。New.ver1.2.1

(こんな事が本当にあったら・・・
嬉しすぎます☆)

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした1話ネタバレ

 

女優、アイドル、芸能人・・・。

 

デビューしてテレビや映画で活躍してしまうと、知り合いだとしても、もう絶対に手の届かない遠い存在。

 

しかし、『女優の卵』の場合。
まだ売れていないし、そんなに遠い存在ではありません。

 

そんな女の子が、
自分の部屋の上の階に住んでいたら・・・。

 

しかも、
ちょっとしたことがきっかけで
肉体関係を持ってしまったら・・・。

 

「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」1話は、

 

ボロいアパートに住む普通の男が、
これからテレビや映画で活躍していくであろう女の人と出会い、

 

肉体関係はまだありませんが、
私生活を見てしまったあげく・・・。

 

おっぱいも偶然、
見てしまう内容となっています。
(キレイな乳首も見えてしまいます★)

(「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」1話は、まだ控えめな内容です。

でも!2話以降は・・・とってもとっても過激でエッチな展開となっています♪)

[ComicFesta]女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。.ver1.2.1

(女の子が勝手に落ちてきて、息子の先っぽが女の子のアソコに飲み込まれてしまいます!)

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした1話あらすじ

 

高校を卒業してから、フリーターとして働く男『相川』。

 

この日も仕事が終わると、自分の住むボロいアパートに帰ってきました。

 

フリーターとして働く男の給料は安く、築数十年たったようなアパートにしか住むことが出来ませんでした。

 

現在の時刻は朝。
この日は夜勤明け。

 

夜中ずっと働き、眠い目をこすりながらアパートに帰ると、美人の大家さんが掃除をしていました。

 

 

大家さんは、相川よりも少し年上。

ですが、そうは見えないほど可愛い顔をしています。

 

実際、大家さんの顔は好みのタイプ。

 

大家さんの「笑顔」を見るだけで、
「その日にあった嫌なこと」は完全に消えてしまうほどでした。

 

 

このアパートに引っ越してから、ずっと好きだったのです。

 

 

食事を終え、「夜から始まる仕事」の為に布団に入って寝ることに。

 

 

目を閉じて寝ようとすると、
上の階から「ドタドタ」という足音が聞こえてきました。

 

 

「もう寝ないといけないのに・・・。」

 

 

あまりにもその騒音がうるさすぎて、全然眠れません。

 

 

2階まで行って、
部屋の住人に注意する事にしました。

 

 

コンコンコン

 

 

ドアをノックして、住人に話しかけます。

 

 

「あのー、下に住む相川ですけど。」

 

「もっと静かにしてもらえませんか?」

 

 

ドア越しに話しかけると、中から女の子が出て来ました。

 

 

「す、すいません・・・。」

 

「そんなに・・・。」

 

「うるさかったですか・・・?」

 

 

部屋から出てきた女の子は若く、顔は一般人とはかけ離れた「とてもキレイな美人」でした。

 

 

「こ、こんな美人な女の子が、上の部屋に住んでいたのか・・・。」

 

 

冷静さを保ちたい相川。

でも、注意しようとした上の階に住む女の子が美人すぎて、心の中では喜んでしまっていたのでした。

 

 

女の子に気づかれないように、女の子の着ている服を見ます。

 

下は、カラダにピタッと密着しているホットパンツ。

 

上は胸元が大きく開いた「Tシャツ」という、非常にセクシーな格好。

 

 

しかも女の子のスタイルは・・・。

顔以上に良かった♪

 

 

女の子との会話を長引かせたい相川。

 

「毎日聞こえてくる騒音」

についても聞いてみた。

 

 

「いつもうるさいんですけど、一体何をしているんですか?」

 

 

「悪いことをした」と思っているのか、
目を合わせる事が出来ず、下を見ながら話しはじめる女の子。

 

 

「実はワタシ・・・。」

 

 

「女優をめざしていて・・・。」

 

 

「まだまだ未熟なので、たくさんレッスンをしないといけなくて・・・。」

 

 

上に住んでいる女の子は、

「女優の卵」

だったのでした。

 

 

「どおりでキレイなわけだ」

 

 

相川は女の子の顔とスタイルを見て、納得するのでした。

 

 

そして、女の子の話しを聞き終わると、

女の子のエッチなカラダ

を頭の中にインプットして部屋に戻ったのでした。

 

 

再び寝ようとして、布団に入りますが、相変わらず上から聞こえてくる騒音・・・。

 

 

なかなか寝れません。

 

「そういえばあの子、可愛かったなぁ・・・」

 

さっき見た女の子のエッチなカラダを思い出すと、下半身がムズムズしてきました。

 

 

「ええいっ!」

 

「このままじゃ寝れないっ!」

 

「息子をシゴいて、スッキリしてから寝ることにしよう!」

 

 

布団に座り、パンツを下げるのでした。

 

 

シコシコシコっ

 

 

相川のオカズは、

さっきの女の子の
Tシャツの隙間から偶然見えてしまった『ピンク色の乳首』

 

 

「そういえば、ツンっと立っていたなぁ・・・」

 

 

シコシコシコ

 

 

加速する手の動き。

 

 

段々と気持ち良くなってきたその時・・・。

 

レッスンをしている時以上の騒音が、相川の部屋に鳴り響いたのでした。

 

 

 

ガッシャー

 

 

騒音が聞こえてきた方を見ると、
部屋の天井から

『女の子の足が2本』

飛び出ていました。

 

 

築数十年というボロいアパート。

激しいレッスンに耐えられず、女優の卵の部屋の床が崩れ落ちてしまったのです。

 

 

自分の部屋から「足だけ」相川の部屋に出てしまっている女の子。

 

 

「ちょっと・・・何これ・・・」

 

 

今、自分に起きている現実が理解出来ていません。

 

 

「助けてっ!」

 

 

下の部屋でオナ◯ーしていた相川に助けを求めます。

 

 

相川が近づいていく間も女の子は、

ゆっくりゆっくり

と、相川の部屋に落ちていきます・・・。

 

 

女の子を受け止めようと、
下で待っている相川の顔に、

薄い素材ショートパンツを

はいている女の子の下半身が当たり・・・

 

 

無料お試し&本編は
こちらからどうぞ

▼▼画像をクリック▼▼
女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。New.ver1.2.1

(こんな事が本当にあったら・・・
嬉しすぎます☆)

女の子が落ちた先っぽ俺の息子の先っぽでした1話感想

女優の卵が自分の部屋の上に住んでいたら・・・。考えただけでも興奮してしまいますよね(*´∀`*)

 

だって、ひとつ屋根の下で一緒に生活しているんですよ?

 

しかもボロアパートなので、
足音だって聞こえるし、声だって聞こえる・・・。

 

夜中に女の子がエッチな事をしていたって、全部聞こえてしまいます。

 

しかもそんなキレイな女優の卵と、肉体関係を持ってしまえるなんて・・・。

 

相川という男。

羨ましすぎです!

 

「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした1話」は残念ながらエロ少なめでした・・・。

 

ところがどっこい!

2話からは、
超エッチな内容になっていますよ!

 

上から落ちてきた女優の卵と激しく・・・

という内容です(*´∀`*)

 

次回の「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」2話はこちらから

 

女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
2話ネタバレ

→降ってきてそのままズブっと・・・こりゃ腰が止まんない

無料お試し&本編は
こちらからどうぞ

▼▼ クリック ▼▼
女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。New.ver1.2.1

(こんな事が本当にあったら・・・
嬉しすぎます☆)

 

最後まで「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」1話ネタバレにお付き合い頂き、ありがとうございました!