親友の母親は俺の恋人 1話ネタバレあらすじ感想を紹介しています。

 

無料試し読みはこちら

▼▼クリック!▼▼
親友の母親は俺の恋人
【コミなび純稿】親友の母親は俺の恋人ver3

親友の母親は俺の恋人1話ネタバレ

 

「年上だって構わない!」

「だって、好き何だもん!」

 

好きな人を恋人にしたい!

たとえその人が親友の母親であっても・・・。

 

小さい頃から好きだった女性を、

自分の恋人にしたい

と思うのは男だったら当たり前の事。

 

親友の母親は俺の恋人1話は、

自分の想いを叶える為、
たとえ断られるかもしれないけど、勇気を出して告白する男の物語が描かれています。

年上の女性には若い女の子には無い、色気と優しさがいっぱいあります♪)

【コミなび純稿】親友の母親は俺の恋人ver3

親友の母親は俺の恋人1話あらすじ

僕は親友の家で、アイツが帰ってくるのを待っていた。

でも、全然帰ってこない。

それでも問題は何も無い。本当は親友を待ってはいないから。

 

 

僕の本当の目的は、

小さい頃から想いを寄せていた親友の母親「依子さん」に告白する事だった。

 

 

幼い頃からの夢を

「今日、叶えたい」

と思っていた。

 

 

この家には小さい頃から何度も来ていた。

親友は俺の幼馴染だ。

 

 

小さい頃から、この家に来ては親友と遊んだりしていた。

俺にはもう一つ、この家に来ている目的があった。

 

それは親友の母親「依子さん」に会いたかったからだ。

 

幼稚園に通っていた頃から、何度も依子さんには告白をしていた。

 

 

(幼稚園の俺)

「よりこさん。好きです。」

 

(小学生の俺)

「依子さん。好きです!」

 

(中学生の俺)

「依子さん。大好きです!」

 

 

何度も告白したが、いつも返ってくる返事は同じ。

 

 

「あらあら、ありがとう。」

 

 

依子さんは、いつもこの返事しかしなかった。

でも、それはきっと僕が子どもだったからだろう。

 

 

「好きです」

と言われても、本気じゃないと思って簡単に聞き流していたんだと思う。

 

今の俺は、あの頃よりは大きくなった。

 

身体はもう立派な大人だ。

精神的にも、あの頃よりは成長して大人になっただろう。

 

 

もう一度依子さんに、告白するつもりだ。

 

 

依子さんへの想いは最初、

ただの憧れ

だったんだと思う。

 

 

でも、今は違う。

それは少し大人になっていくにつれて、

「親友の家が母子家庭」

という事を知ったからだ。

 

 

「母子家庭・・・」

親友には父親がいない。

 

ということは、依子さんは旦那がいなくて自由の身。

 

「俺が告白したって、何の問題も無い。」

 

「恋人になる権利だってある。」

 

自分の都合の良い判断かもしれない。

でも、それはそれで良い。

 

 

告白を失敗したって、何もしないよりはマシ。

上手く告白が成功して、恋人になりたいんだ!

 

 

依子さんは、親友を待っている間、コーヒーを淹れてくれた。

 

「もうすぐ帰ってくるから、待っててね。」

 

今日の依子さんも、いつもどおり優しかった。

 

「はい。ありがとうございます。」

 

依子さんの目を見てお礼を言った。

今日の依子さんも、いつもどおりとてもキレイだった。

 

 

自分の母親とは大違いだ。

 

 

「告白しよう・・・。」

 

そう思った俺は、依子さんの背後に近づいていった。

 

うしろから依子さんに抱きついた。

 

「依子さん。好きです。」

 

依子さんは、こっちを振り向かずにこう言った。

 

 

「ふふ。ありがとね。」

 

 

でも、今日の俺は違った。

そのまま依子さんのうしろから抱きついた。

 

そして、告白の続きをした。

 

 

「俺はもう。。。」

 

「子供じゃないです。」

 

 

依子さんはこっちに顔を向けた。

恥ずかしくて俺は依子さんの顔を見れなかった。

 

そのまま告白をつづけた。

 

 

「わかりますか?」

 

「お、俺・・・」

 

「本気で」

 

 

「あなたが好きです。」

 

 

ずっと抱えていた想いを依子さんに伝え、首筋に優しくキスをした。

 

 

依子さんは首筋が弱いのか、

ビクンっ

と身体を震わせた。

 

 

「ダメならダメって言ってください。」

 

そう言ったあと、依子さんの腰にまわしていた手をギュッと締めた。

 

 

振り返り、俺の顔を見つめる依子さん。

その表情はとてもキレイで、色っぽかった。

 

そのまま依子さんは、俺の口に自分の唇を近づけてきた・・・。

 

「こんなオバサンでいいの?」

母親から女になった依子さんが
色っぽすぎる!

無料試し読みはこちら

▼▼クリック!▼▼
親友の母親は俺の恋人
【コミなび純稿】親友の母親は俺の恋人ver3

親友の母親は俺の恋人1話感想

依子さん。とってもキレイな女性です。

再婚もしないで1人でいるなんて、勿体無いくらいの美人です。

 

上品だし、品が良い!

顔の横で結んである黒髪のロングヘアーがとっても似合っています。

いつも笑顔で、優しい雰囲気。

 

男性なら誰だって、依子さんの大きな瞳で見つめられると、ドキっとしてしてしまいます(*´∀`)

 

顔を赤くして照れている依子さんの顔がまた最高です。

 

柔らかそうなおっぱい。しかも巨乳♪

お尻が少し大きい。(安産型というのかな?)でも、大きすぎる!というほどではない。

 

イマドキの痩せ過ぎている女の子よりは「少しだけ大きい」感じ。でもそれが、大人の色気を出していてとっても良い!

 

キスが上手そう。

キスをしている時の表情が、なんとも言えないくらいエロい!

 

若くはないせいで、少しお腹のまわりに脂肪が付いている。

(と言っても依子さんが気にしているだけで、全然きにならない程度。。こういう所を恥ずかしがるのも、大人のオンナって感じがしますね。)