八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~(はちしゃくはちわけらくめぐり)1話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」は1巻1000円(税抜き)します。「予算別で読む方法」をページ最下部で紹介していますので参考にしてみてください。(急いでその方法を知りたい人は→ここらからスキップ

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~

無料試し読みは
こちら・・・

▼クリック▼

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

【お手軽に】「気軽に1話54円!」で八尺八話快樂巡りを読む!

【お得に】「全話まとめて1000円!」八尺八話快樂巡りを読みたい!

【まずは無料試し読み】で八尺八話快樂巡りを読みたい!

 

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~1話ネタバレ

clouds-1246602_640

地面を叩きつけるような、激しい雨が降っている深夜。

タクシーを運転している女性ドライバーは、『バイクが故障して身動きがとれないズブ濡れの青年』を発見しました。

 

「威吠町へ・・・」と行き先を伝えたあと、「暇つぶしにでもどうですか?」と青年は、女性ドライバーに

怖い話

を語り始めるのでした・・・。

(「八尺八話快楽巡りはタクシーで2人が出会う」ことから始まります。この2人の出会いは偶然だったのでしょうか・・・。それとも?八尺八話の最終話8話まで読むと謎が解決します。)

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~1話あらすじ

八尺八話快楽巡り
~異形怪奇譚~

第1話
「八尺様」

 

 

青年が下を向きながら語りだした内容。

 

それは、「A君という少年について」でした。

 

 

A君は夏休み、1人で田舎のおじいちゃんの家に遊びに行きました。

 

庭で無邪気に、虫取りをして遊んでいます。

 

夢中で遊んでいたにも関わらず、

 

「何か聞こえる!」

「誰かがこっちを見ている!」

 

そう感じたA君は、
視線を捕まえたばかりの虫から、塀の方に向けてみました。

 

 

家の周りを囲んでいる高いコンクリートの塀。そこには高い塀から頭を出すほど背の高い女の人がいました。

 

その女性は、

「ぽっ ぽ ぽ ぽっ」

と奇妙で意味不明な言葉を口ずさんでいます。

 

 

「ぽっ ぽ ぽ ぽっ 」

と不気味な声を発している背の高い女は、A君のほうを「じぃっ」と見つめています。

 

 

謎の言葉を発しながら、まばたきもせず見つめてくる女性。

不気味に思ったA君は恐ろしくなって、おじいちゃんとおばあちゃんのいる家の中に猛ダッシュで逃げ込みました。

 

 

その日の夕食。

A君はおじいちゃん、おばあちゃんと一緒にご飯を食べていました。

 

おばあちゃんは、『A君のお母さんには作れない特製の美味しいカラアゲ』を作ってくれました。A君はカラアゲを食べて、とても満足しています。

 

おばあちゃんも、久しぶりに会えた孫が喜んでくれてとても嬉しそう。

 

笑い声でいっぱいの、楽しい雰囲気がお茶の間に広がります。

 

みんなが笑って楽しく盛り上がってる時、A君は『昼間に出会った女の人』の事をおじいちゃんに聞いてみました。

 

「この辺にね、外国人の女の人はいる?」

 

 

「いいや、いないよ。」

 

 

A君はおじいちゃんに話し続けます。

 

 

「その女の人はね、背が塀から顔が出るくらい大きくって、ぽっぽっぽっと言っていたんだぁ。」

 

 

「そして頭には、麦わら帽子を被っていたんだよね。」

 

 

 

それを聞いたおじいちゃん。

さっきまで笑っていた幸せそうな表情を豹変させ、A君に怒鳴るように問いただします。

 

 

「いつ、それを見たんだ!」

 

 

さっきまで、あんなに優しかったおじいちゃん。

 

でも、今のおじいちゃんの顔は・・・。

顔を真っ赤にしていて、今までに一度も見たことが無いくらい怒っていました。

 

 

驚いたA君は昼間の出来事を、覚えている限り正確に。そして正直に全部話しました。

 

 

A君の話を聞いたあと、おじいちゃんは

「電話をしてくる!」

と、部屋を出ていきました。

 

 

淋しい顔をしているA君に近づいてくるおばあちゃん。

A君を胸に抱きながら、『ある人』についてはじめました。

 

 

 

「おまえはね・・・。」

 

 

言葉に詰まってしまうおばあちゃん。

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

 

「八尺様に、魅入られてしまったんだよ・・・。」

 

 

「八尺様に魅入られた」と言いながら、とても悲しそうな表情をしています。

 

目には大粒の涙を浮かべています。

 

 

さっきまでの、明るくて楽しかった食事の雰囲気はもうありません・・・。

 

 

A君はおばあちゃんに、
「八尺様」の事を詳しく聞きました。

 

 

おばあちゃんが言うには、

八尺様とは、

「この家の近くにいる化け物で、身長が八尺もある大女。」

 

「子供だけが狙われる。」

 

「八尺様が姿を現す時、格好も年齢も色々。頭には必ず、何か被り物をしている。」

 

 

そして、おばあちゃんは、

 

出来るなら言いたくない言葉・・・。

A君も聞きたくない言葉を口にしました。

 

 

「八尺様に魅入られてしまうと・・・」

 

 

 

 

 

「数日で殺されてしまう・・・」

 

 

 

 

大事な孫を守る為、おじいちゃんたちは「A君を八尺様に会わせないよう」に部屋に閉じ込めました。

 

 

部屋の『ドア、壁、天井、床』には、八尺様が近づけないように、一面全部にお札を貼っていきます。

 

 

そしてお札を貼り終わったあと、A君が部屋に入る前におじいちゃんは『とても大切な忠告』をしました。

 

 

「いいか?」

 

 

「決しておじいちゃんたちは、オマエの事を呼ぶことはない。」

 

 

「朝の七時になったら、自分で部屋から出てこい。」

 

 

「部屋の戸は、何があっても絶対に開けるんじゃないぞ!」

 

 

いつ近づいてくるかわからない八尺様の恐怖に怯えながら、A君は1人で暗くてお札だらけの部屋に身を潜めました。

 

 

そんな状況で恐怖に怯えるA君。当然ですが、なかなか寝付けません。

 

 

ガクガク・・・

ブルブル・・・

 

と、1人で恐怖に耐えながら小さい体を震わせていました。

 

 

しばらく時間が経過したその時。

 

 

部屋にいるA君の耳に、
八尺様の声が聞こえてきました。

 

 

「ぽぽぽ・・・」

 

 

「八尺様が近づいてきた!」

 

 

怯えるA君。

続けて、おじいちゃんの声も聞こえてきました。

 

 

「もう駄目だ!」

 

 

「八尺様に見つかった!」

 

 

「早く、そこから出ろ!」

 

 

A君は、八尺様から逃げ出す為に戸を開けてしまいます。

 

 

廊下に出ると、
そこにいるはずの・・・

 

おじいちゃんの姿はありません・・・。

 

 

「えっ?」

 

「おじいちゃん・・・」

 

 

「どこっ・・・?」

 

 

するとA君の後ろから

 

 

「こんばんは。」

 

 

と言って女性が抱き着いてきました。

 

 

それはA君が
「絶対に会ってはいけない人」

八尺様でした・・・。

 

 

A君は必死に八尺様の顔を見ないように手で顔を隠します。

 

 

顔を近づけてくる八尺様。

「お顔を見せて」

と迫ってきます。

 

 

恐怖に怯え、体がガクガクと震えるA君。

 

耳元で「お顔を見せて」という八尺様の恐怖に負けてしまったA君は・・・。

 

 

怖いと思われていた八尺様は
とてもキレイな女性だった!

今すぐに
八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

1話を読みたい!
というアナタはこちらから

八尺様との濃厚なプレイ・・・
エロすぎです・・・

無料試し読みは
こちら・・・

▼画像クリック・・・▼

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

【お手軽に】「気軽に1話54円!」で八尺八話快樂巡りを読む!

【お得に】「全話まとめて1000円!」八尺八話快樂巡りを読みたい!

【まずは無料試し読み】で八尺八話快樂巡りを読みたい!

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~

八尺八話快樂巡り1話後編とエッチシーンはこんな内容

「八尺八話快楽巡り」1話
エッチなシーン
の見どころといえば後半にたっぷりと!

 

それは、

A君と八尺様が再開

したところからはじまります。

 

 

目を開けてしまったA君。

彼の目の前には、『黒髪の美しい八尺様』がいました。

 

A君は強引に八尺様にキスをされます。

八尺様の「長くてエロい舌」がA君の舌と絡まっていきます。

 

八尺様はA君のズボンを脱がし、下半身を露出させます。

 

怯えるA君を楽しむかのように

「食べちゃおうかなぁ。」

と、激しいフ◯ラをしてペ◯スを舐めていきます。

 

A君はプレイ中に、
『八尺様の美しさと優しさ』
に麻痺してました。

 

美しさに麻痺しているA君に八尺様は、

「私の事も気持ちよくしてくれる?」

と聞いてきます。

 

魅力的な八尺様の問いにA君は、

「きもちよくする・・・。」

と答えてしまいます。

 

A君は、ちゅぱちゅぱと
音を出しながら八尺様の乳首を吸います。

 

 

やがて八尺様、

「おち◯ちんを入れる穴はこっち。」

と自らの指で、自分のおま◯こを広げます。

 

A君は、八尺様のアソコに
おっきくなったおち◯ちんを・・・

 

妖艶な雰囲気の八尺様

我慢できないA君は
遂に八尺様のアソコに!

「おちんちんを挿れる穴はこっちよ」

「八尺八話快樂巡り」
~異形怪奇譚~
▼▼ クリック ▼▼

【お手軽に】「気軽に1話54円!」で八尺八話快樂巡りを読む!

【お得に】「全話まとめて1000円!」八尺八話快樂巡りを読みたい!

【まずは無料試し読み】で八尺八話快樂巡りを読みたい!

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

八尺八話快樂巡り1話感想

美しく妖艶な八尺様がとても魅力的です。

八尺様の大きい胸。そして妖艶な表情。

 

それだけで、イキそうになる男性も多いでしょう♪

 

こんな美しい女性がいたら、
男は理性がぶっ飛んでしまいます。

 

A君みたいに
『すぐに挿入したくなる』に違いありません。

 

八尺様が「自分でアソコを開く仕草」がとってもエロかったです!

 

八尺様の爪。
セクシーで艶があります。

 

美しさに反比例して、黒の鋭い爪が凶悪で・・・

そのギャップがまた良いですよね。

 

あんな手でペ◯スを弄られたり、吸われたりしたら・・・

 

あっという間に・・・
果ててしまいます(*´∀`*)

 

八尺様の魅力の虜になってしまったA君。

遂にペ◯スを、八尺様の膣へ入れてしまいます。

 

「すごい!ちんことける!!」

 

パンパンと、獣のように腰を振り続ける気持ちもわかりますね。

 

最後には、

「八尺様!八尺様!八尺様!!」

と・・・快樂の中、気を失っていきました…。

 

「八尺八話快樂巡り」1話の後半は、翌朝の出来事がとても悲しく、描かれています。

 

「ぽぽぽっ」

と言う八尺様の姿がとても悲しいです。

 

続きは本編で読んでみてください。

 

「八尺様が化け物じゃなかったら・・・」

そんな気持ちになるかもしれません。

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

【お手軽に】「気軽に1話54円!」で八尺八話快樂巡りを読む!

【お得に】「全話まとめて1000円!」八尺八話快樂巡りを読みたい!

【まずは無料試し読み】で八尺八話快樂巡りを読みたい!

 

次回の八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~2話ネタバレ

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~2話は、
「ヤマノケ」が登場します。

異形をしているヤマノケ。
ドライブをしていた若いカップルに襲いかかります!

 

触手を女性のアソコに・・・

「やだっ、もう入らない!」
「壊れるっ!」

男性器のような舌で
膣内をかきまわすシーンは
エロすぎでした・・・

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~
2話ネタバレは
こちらからどうぞ・・・

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

2話

→「ヤマノケ」

予算別に「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」を読む方法

1巻1000円する「八尺八話快樂巡り」。ちょっと高いな・・・。という人はこちらが参考になるかもしれません。(1話単位だと今なら「54円」という低価格で読めます。)

 

予算別で「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」を読む方法を紹介しています。

 

こちらのページで
⇓超詳しく紹介してます。⇓

→予算別に「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」を読む方法

 

「八尺八話読みたいけど高いんだよなっ・・・」って迷ってる皆様の参考になると、嬉しいです(*´∀`*)

 

最後まで「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~1話ネタバレ」にお付き合いさせて頂きありがとうございました!