八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~(はちしゃくはちわけらくめぐり)3話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」は1巻1000円(税抜き)します。「予算別で読む方法」をページ最下部で紹介していますので参考にしてみてください。(急いでその方法を知りたい人は→ここらからスキップ

 

無料試し読みは
こちら・・・

▼クリック▼

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

【お手軽に】「気軽に1話54円!」で八尺八話快樂巡りを読む!

【お得に】「全話まとめて1000円!」八尺八話快樂巡りを読みたい!

【まずは無料試し読み】で八尺八話快樂巡りを読みたい!

 

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~3話ネタバレ

 

転校生の家に遊びに行く少女。

 

転校生の部屋に入ると、
不自然に置いてあるマネキン・・・。

 

母親が「食べて。」と持ってきたケーキは、当然のようにそのマネキンの前にも置かれた。

 

「この家、何かがおかしい・・・。」

 

そう思った時にはすでに手遅れ・・・。

 

いなくなった母親は、
別の部屋でマネキンの上に乗って、

腰を振り、激しくイキまくるのでした。

(マネキンが実は人間・・・。今回の「八尺八話」3話はストーリーが怖すぎです。)

 

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~3話あらすじ

八尺八話快楽巡り
~異形怪奇譚~

第3話
「マネキン」

 

 

ある暑い夏の日の事。

「清水さん」という名の女子高校生は、
水泳の授業でプールに入ってました。

 

その時、清水さんは
プールサイドから視線を感じます・・・。

 

視線を感じた方を見ると、
「長い黒髪のセーラー服を着た美少女」
がこちらを見ていました。

 

 

何も喋らず、黙って見ていました…

 

夏の暑い日だというのに、
清水という名の、その女の子だけを…

 

 

次の日、清水さんのクラスに転校生がやって来ました。

 

その転校生は先日、プールサイドにいた女性。

名前は「一ノ宮妙子」。

 

近くで見ると、色白の美人。

 

 

転校生は清水さんを見て、

ニコッ

と笑いました。

 

 

転校生に微笑みかけられ、
清水さんは嬉しく思いました。

 

 

それが、

悪夢の始まりだとは思わずに・・・

 

 

妙子さんは清水さん。そして清水さんの友人とも急速に仲良くなっていきました。

 

一緒にいた「さやかさん」だけは時々、
妙子さんの行動が気になる事がありました。

 

それは妙子さんが

「清水さんを見る時、ニタリと不気味に笑うところ・・・」

 

 

ある日、
さやかさんの所に清水さんがやって来ました。

 

「月曜日に妙子ちゃんの家に行くんだけど一緒に行かない?」

 

誘われたその日は、「さやかさんお母さんの誕生日」だったので断りました。

 

 

月曜日になって清水さんは、
妙子さんの家に行きました。

 

和服姿の美しいお母さんが出迎えてくれます。

 

「妙子の母です。これから妙子とよろしくお願いいたします。」

 

と、とても丁寧に挨拶してきました。

 

 

妙子さんに案内され、
清水さんは彼女の部屋に入りました。

 

 

部屋に入ると清水さんは

背筋に戦慄が走り

その場に固まってしまいました。

 

 

清水さんの部屋には、
女性の部屋とは思えない、

異質さを放つ男性のリアルなマネキン

が立っていたのです…

 

 

少しして、妙子さんの母がケーキを持ってきてくれました。

「みんな座って」

と1つずつケーキを配ってくれます。

 

 

妙子さんのお母さんは、
持ってきたケーキを何故か、

マネキンの前

にも置いていきました…。

 

 

 

「こんなの普通じゃない!」

 

 

と思いながらも清水さんは頑張って
妙子さんとおしゃべりをしました。

 

話していながら清水さんは

「おかしい・・・」

「おかしいよ。」

と思っていました。

 

 

清水さんが「おかしい」と思ったのは、

 

部屋にマネキンがあること。

ケーキをマネキンの前に置いたこと。

 

ではありません。

 

 

 

心から「おかしい」と思っていたのは、さっきから

マネキンにずっと見られている気配

を感じていたからでした。

 

 

マネキンの視線が怖く、この部屋にいるのが耐えられなった清水さん。

 

部屋から逃げ出したくて、
お手洗いを借りに部屋を出ました。

 

 

トイレを済ませた清水さんは

「この後どうしようか・・・。」

と考えながら廊下を歩いていました。

 

 

 

その時・・・

 

 

「あ・・・」

 

「ああっ あっ」

 

と、別の部屋から声が聞こえてきます。

 

 

清水さんは、声が聞こえてくる部屋の戸をゆっくりと開けて、中の様子を見てみました。

 

 

そこには、

マネキンの腕を舐めながら自慰をしている

妙子さんのお母さんが居たのです。

 

 

「おばさん・・・」

 

 

「何して…?」

 

 

と言おうとした時、背中に何かが当たります。

 

 

振り返ると、清水さんの背後には

妙子さんの部屋にあるはずの男性のマネキン

が立っていたのです。

 

 

清水さんは腰を抜かしてその場に座り込み、ガクガク震えだしました。

 

 

恐怖で震えていると、声をかけられました。

 

 

「駄目じゃない清水さん…」

 

「人の部屋を勝手に覗いちゃあ。」

 

 

そう言うと、
妙子さんは清水さんの

大きな胸を揉んできたのです・・・。

 

「同級生に胸を揉まれ・・・」

今すぐに
八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

3話を読みたい!
というアナタはこちらから

無料試し読み
こちら・・・

▼クリック▼

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

【お手軽に】「気軽に1話54円!」で八尺八話快樂巡りを読む!

【お得に】「全話まとめて1000円!」八尺八話快樂巡りを読みたい!

【まずは無料試し読み】で八尺八話快樂巡りを読みたい!

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~

八尺八話快樂巡り3話後編とエッチシーンはこんな内容

 

「妙ちゃん!」

 

「やめてっ!!」

 

妙子に胸を揉まれて、抵抗する清水さん。

 

ですが、
妙子さんは清水さんの首筋を舐めたあと、口にキスをしてきます。

 

ねっとりと舌を絡ませた、濃厚なディープキス。

 

妙子さんにキスをされると、清水さんの体に異変が起こります。

 

清水さんは体が熱くなり、
いつの間にか自分で下着を脱いでいました…。

 

体が全く、自分の言うことを聞きません。

自分の意思で動くことが出来ないのです。

 

 

妙子さんのお母さんは

「しっかり彼を楽しませてあげて。」

と言いました。

 

妙子さんは

「さっきから待っているわ。」

と、清水さんを寝そべったマネキンの所に導きます。

 

 

清水さんは

「こんなことしたくない!」

と思いながらも、マネキンの乳首をいやらしく舐めていきます。

 

そこで彼女は気づきます。

 

マネキンの下半身がおかしい・・・。

 

 

マネキンのペ◯スの部分は脈打って、

熱く固く勃起しているのです!

 

 

清水さんは泣きながら、

マネキンの
硬くなっているペ◯ス

を舐めていきます。

 

 

そして、彼女は

「化け物のおち◯ちんなんて、絶対に挿れちゃいけない!」

と思いながらも自分から上に乗っておま◯こを開き、挿れてしまいました・・・。

 

 

「ああああああああっ!」

 

 

マネキンの硬くなっている男性器を
自分の意思とは関係なく
受け入れてしまった!

激しく感じてしまう少女の姿。

恐ろしすぎる結末。
エロすぎる内容。
を読みたい方は

▼こちらをクリック・・・▼

「八尺八話快樂巡り」
~異形怪奇譚~

【お手軽に】「気軽に1話54円!」で八尺八話快樂巡りを読む!

【お得に】「全話まとめて1000円!」八尺八話快樂巡りを読みたい!

【まずは無料試し読み】で八尺八話快樂巡りを読みたい!

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

八尺八話快樂巡り3話感想

 

「八尺八話快樂巡り」3話は良かったですね!

 

恐怖とエロス・・・
両方が楽しめました。
(特にエロい部分が濃密で濃厚でした。)

 

快樂にまみれた清水さん。
叫びながら自ら腰を振ってました。

「気持ち悪いのに・・・」

「怖いのに・・・。」

「自分の快樂を求めるあまりにあんなに激しく…」

 

涙を流し、快樂で舌を出しながら朦朧とする彼女。気持ち良くなりながら、気づいてしまいました。

 

「マネキンの目がワタシを見ている。」

 

「ワタシがマネキンを犯しているの?」

「それともマネキンに犯されているの?」

 

途中で「アノ事実」に気づいた時には、どうしようかと思いながらも腰を振り、アヘ顔で喜びながらイってしまいました。

 

 

貴方が今度、
マネキンに出会ったら、

良く確認してみてください・・・。

 

「それは本当にマネキンですか?」

「髪が生えていて、目が動いていませんか?」

 

どうしてこの「八尺八話快樂巡り」
こんなにエロいんでしょう。

 

是非ともアナタだけは、
読んでみて欲しい漫画です♪

 

無料試し読み&本編は
こちら・・・

▼▼ クリック ▼▼

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

【ハンディコミック】【八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚】LP1※スマホ専用

 

次回の八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~4話ネタバレ

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~4話は、
「姦姦蛇螺」が登場します。

 

顔と体は女性。

手は6本。

下半身は巨大な蛇の形・・・。

 

イキがる少年と姦姦蛇螺との
濃厚な快樂シーンもあります!

 

長い舌でペ◯スを舐め・・・

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~
4話ネタバレは
こちらからどうぞ・・・

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

4話

→「姦姦蛇螺」

 

予算別に「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」を読む方法

1巻1000円する「八尺八話快樂巡り」。ちょっと高いな・・・。という人はこちらが参考になるかもしれません。(1話単位だと今なら「54円」という低価格で読めます。)

予算別で「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」を読む方法を紹介しています。

こちらのページで
⇓超詳しく紹介してます。⇓

→予算別に「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」を読む方法

「八尺八話読みたいけど高いんだよなっ・・・」って迷ってる皆様の参考になると、嬉しいです(*´∀`*)

前回の「八尺八話快楽巡り」を見てみたい方はこちら

 

「八尺八話快楽巡り2話を見逃した!」

という人はこちらからどうぞ

 

八尺八話快樂巡り
2話

→ヤマノケ

最後まで「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~3話ネタバレ」にお付き合いさせて頂きありがとうございました!