白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう1話ネタバレを紹介しています。【白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう1話タイトル-はじめての気持ちいい】

 

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう1話ネタバレ

 

「で…また出来なかったんだ…」

 

大学で出会った『憧れの先輩』と付き合って、もうすぐ2か月。

 

主人公の女の子ゆりは、『ある悩み』を抱えていました。

 

それは、彼氏とのセッ〇ス・・・。

 

 

いくら愛撫されても、いくらキスされても全然、気持ち良くない・・・。

 

 

激しく愛撫されればされるほど、くすぐったいと思ってしまう。

 

 

彼氏はヤル気満々でも、感じないゆりのアソコは絶対に

濡れることはないのだった・・・。

(濡れないと痛いだけ。彼氏も可哀想だけど、女の子も可哀想・・・。)

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう1話あらすじ

■お茶をしながら「あの悩み」について相談中の2人

 

「で…また出来なかったんだ…」

 

 

「先輩も・・・またお預けか。可愛そうに…」

 

 

ゆりはお茶をしながら、親友に相談中。

言いたいコトを『ズバズバ』と言ってくる親友に、タジタジでした。

 

 

「けど仕方ないか…」

 

 

「最初の彼氏に強引に襲われそうになったのが、トラウマ化してるもんね…」

 

 

「先輩の愛の力を持ってしても、ダメだとなると…」

 

 

「あとは・・・」

 

 

「アレしかないわね・・・。」

 

 

 

『ア…アレ??』

 

 

親友に『アレしかない』と言われて意味がわからず、不安になるゆりだった・・・。

 

 

■「アレ」の正体とは?

 

親友に紹介してもらったのは、

「ハートクリニック」とう心療内科。

 

親友の高校の先輩が働いていて、とっても評判が良いクリニック。

 

 

「腕の良い女の先生がいるから・・・。」

 

 

親友は、ゆりにそう伝えていた。

 

 

「アレって、心療内科にまで行って治療しないと治らないのかぁ・・・。」

 

 

 

「でも、女医なら安心かも。」

 

 

「先輩との幸せのために!」

 

 

不安だったゆりでしたが、勇気を出してクリニックに入っていくのでした。

名前を呼ばれ、カウンセリングルームに案内されます。

 

 

■カウンセリングルームに入ると・・・

 

「鮎川さんね。どうぞ座って。」

 

 

「はい…」

 

「えっ…?

 

「男!?」

 

 

椅子に座ってゆりを待っていたのは女の先生ではなく、男の先生。

 

先生の名前は

『鳴海 虹介』

 

先生曰く、「なるみ」という名前のせいで「女の先生」と勘違いされてしまうことがよくあるらしい。

 

 

「女性だと思っていた先生が、実は男・・・」

 

恥ずかしい悩みを治療しに来てるだけあって、緊張が一気にピークになります。

 

 

 

いざ診察が始まると、先生の喋り方はとても優しくて親身になって悩みを聞いてくれます。

 

 

ゆりは次第に「信用出来る先生だ!」と思いはじめていくのでした。

 

 

恥ずかしいけど、ゆりは思い切って

「アノ悩み」

を打ち明けることにしました。

 

 

 

「◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯・・・。」

 

 

 

「なるほど…」

 

 

「感じないし、濡れないと…」

 

 

『は、はい…』

(やっぱり・・・はずかしぃ・・・)

 

 

「じゃあ・・・」

 

「まずは・・・」

 

 

「確かめてみようか?」

 

「どうやって確かめるの?」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう1話はまだまだ続きます

 

「確かめる為に」鳴海は椅子から立ち上がって、ゆりのあごを「くいっ」と持ち上げます。

 

 

そして、着ている服を下から捲り上げ、両手で乳房を揉んでいきます。

 

 

『ふぇっ!?』

 

 

いきなり胸を掴まれて声が出てしまいます。

 

 

白衣を着ている先生は、そのまま彼女のピンク色をした乳首に

 

「ちゅるる」

 

と音を響かせながら吸い付いていきます。

 

 

『ひゃっ…!』

 

 

 

 

困惑するゆり・・・。

ですが、先生の手は下半身に伸びていきます。

 

 

ゾクゾクっ

 

 

小刻みにカラダが震えてしまうゆり。

先生はそのままゆりの反応を確かめる為、パンツの中へ手を入れていくのでした。

 

 

『えっ?」

 

 

「あの…!ちょっとっ!』

 

 

ビクンッ

 

 

『せっ、先生…!?』

 

『そ、そこはっ!』

 

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう1話感想

 

「清純」という言葉がぴったりの女の子という印象のゆり。

でも、悩みは「彼氏とのセッ〇スで全然濡れない」こと。

 

彼氏の為に勇気を出して心療内科にまで行って治療をする。健気ですね^^

先生『鳴海』は、「一見、良い人そう」。

でも・・・、治療がなんというか・・・。凄すぎですよねw

 

「確かめてみようか」

 

なんて先生に言われたら、受け入れるしかありません。

あの行為は本当に診察なんですよね?(男からしてみたら天国かも。あ、女の子からしてみてもあんなにイケメンの先生だった超天国ですよねw)

 

いきなりエロい触診から入るとは。

この「白衣のケダモノ」という漫画。色々と期待しちゃいますよね(*´∀`)

※鳴海先生。物凄いテクニシャンですよ♪(確認してみてくださいね~)

 

次回の
白衣のケダモノ
先生の指で感じちゃう
2話ネタバレはこちらから

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~
2話

→感じないのはどうして?

 

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

最後まで「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう~」1話ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました(*´∀`)