白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう3話ネタバレを紹介しています。【白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう3話タイトル-気持ちいいを教えてあげる】

 

 

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう3話ネタバレ

 

「おや?もう来てくれないと思った。」

 

『私だって・・・』

 

『本当はこんなとこ・・・。』

 

 

『来たくなかったです!』

 

 

先生に対して、怒りをぶつけるゆり。

 

 

でも先生は、

「ゆりにまた会えて嬉しい。」

と言う・・・。

 

 

先生の口から、そんな言葉を聞いてしまって

「ドキッ」

胸が高鳴ってしまうのでした・・・。

(今回は胸がドキっとするだけではありません。白衣を脱いでしまう先生はケダモノに・・・。

 

前回の「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」2話はこんな内容でした。

「不感症は治った!」
「元カレとのトラウマは乗り越えた!」

ウキウキしながら彼氏の部屋に行き、初エッチをしようとしたゆり。でも・・・。

彼氏とのセッ〇スで、ゆりのアソコは濡れることはありませんでした・・・。

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~

2話

→感じないのはどうして?

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう3話あらすじ

 

■再び、鳴海が勤務するクリニックを訪れたゆり

 

 

「おや?もう来てくれないと思った。」

 

 

『私だってこんな所、二度と来たくなかったです!』

 

 

前回の出来事もあり、怒っているゆり。

 

 

年下の女の子が怒ってるのを上手くかわして先生は、

「また君に会えて嬉しい」

と、意味深な発言。

 

 

ゆりは先生の言葉に一瞬、

「ドキッ」

と胸が高鳴ってしまう・・・。

 

 

先生は診察を続けていく。

 

「でも・・・。医者としては残念だな。」

 

 

「君が来たってことは、俺の治療が効果なかったって事だろ?」

 

 

「それですよ!」

 

「ちゃんと治してください!」

 

 

「セ◯クスをしたけど濡れなかった」という事実を伝えているようで、恥ずかしいゆりは顔を真っ赤にさせていた。

 

 

ゆりの頭の中では、前回の治療では

「特別なことをしたから上手く感じて濡れたんだ。」

と思い込んでいる。

 

 

先生は1つ質問をした。

 

「セッ〇スに大切なのは?」

 

 

 

『えっ・・・』

 

 

いきなり下ネタみたいな事を聞かれ、戸惑うゆり。

でも、「治療だから・・・」と一生懸命に考えてみる。

 

 

『な、なんだろう…』

 

 

1つの答えが頭に浮かんだ。

 

 

「あ・・・。」

 

 

愛とか・・・?」

 

 

普段使わない「愛」という言葉を口にして恥ずかしくて、赤くなってる顔をさらに赤くしてしまう。

 

 

しかし先生は冷静に、

「そう。相手を大切に思う気持ちが大切。」

 

「そして、キミが感じるようになるには、まず相手が”喜ぶ術”を身に着けること」

 

と言ってきた。

そして・・・驚く言葉を口にする。

 

 

 

「試してみる?」

 

 

「何を試すの?」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう3話はまだまだ続きます

 

■「試してみる?」と言い、白衣を脱いだ先生

 

先生は立ち上がり、白衣とシャツを脱いだ。

 

そして、ズボンを下ろしていく・・・。

 

 

「さぁ、治療を続けるなら考えてみて」

 

「相手を喜ばす術を。」

 

 

白衣を脱ぎ、アソコまで出している先生。

 

治療とはいえ、男性器を目の前に出され戸惑ってしまいます。

 

 

 

しばらく沈黙が続く・・・。

 

 

 

先生が言った「相手を喜ばす術」を一生懸命に考えた。

 

 

考え抜いた答えは・・・。

 

 

先生の男性器に指を伸ばし、そのまま

口に咥えて、しゃぶるコト

だった・・・

 

 

ちゅっ…

 

 

「正解。いい子だね。」

 

 

「歯を立てちゃダメだよ」

 

 

ちゅぽっ・・・

じゅる・・・

 

 

診察室で行われる恥ずかしい治療。

ゆりは「彼氏の為」と思い込むのだが・・・。

 

 

(『これは治療…ただの治療…』

(『先生のすごい…』)

(『先輩のよりずっと固くて熱い…』)

 

 

ゆりはまだ気付いていなかった。

 

自分のアソコが濡れ始めていることに・・・。

 

 

『こんなおっきいの…』

 

 

『挿れたら、どうなっちゃうのかな…』

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう3話感想

2人っきりの診察室という密室で行われた先生とゆりの行為。

なんだかとっても・・・(照)

 

先生に言われた通り”オトコを喜ばす術”を考えた結果、フ〇ラをするゆりでしたが、しゃぶらせながら優しくアドバイスをしていく『鳴海』には好感がもてました(*´∀`*)

 

『立樹』より『鳴海』の方が、相性がいいんじゃないかと思ってしまいます(^◇^)

(学生より、白衣を着ている職業の方が良いですよね☆)

 

そして…アソコを濡らせてしまう『ゆり』もエロかったですね。(濡れるのはしょうがないです☆)

このあと繰り広げられる「治療」もなかなか激しかったです(*´∀`)オトコはみんな、ケダモノですw

 

やはり立樹の不穏な気配が怖いですね…(何か起こりそうです。)

 

次回も気になってしまいます♪

 

次回の白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう~4話はこちらから

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~
4話

→思い出すのは先生の・・・

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

最後まで「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう~」3話ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました(*´∀`)