白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう4話ネタバレを紹介しています。【白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう4話タイトル-思い出すのは先生の・・・】

 

 

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう4話ネタバレ

 

「すごいっ!」

 

「凄く気持ち良いよっ!」

 

 

ゆりは彼氏の男性器を口にして、思いっきりしゃぶりついていた。

 

以前より、明らかにフ〇ラテクが上手くなっているゆり。

 

 

「どうしてこんなに上手くなったの?」

 

上手くなって不思議に思う彼氏は、ゆりに真相を聞くのだった・・・。

 

「白衣を脱いだケダモノ相手に練習してるから。」なんて絶対に言えないですよね(笑)

 

前回の「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」3話はこんな内容でした。

再びクリニックを訪れたゆりは、治療を再開。

白衣を脱いだ先生を相手にして、
”相手を喜ばす術”
を教え込まれました。

ゆりは「治療のため」と鳴海の男性器をしゃぶっていく・・・。

治療が進む中、ゆりは明らかに感じやすくなっていた…

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~

3話

→気持ちいいを教えてあげる

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう4話あらすじ

 

■彼氏の部屋でエッチの真っ最中のゆり

 

 

「すごい気持ちいいよ…ゆり…ッ」

 

 

じゅぷっ・・・

 

 

ゆりは彼氏の男性器にしゃぶりついていました。

 

 

「うわっ!イクっ!」

 

 

ビュルル

 

 

明らかにフ〇ラが上手くなっているゆりのテクニックに、我慢出来ず射精してしまう・・・。

 

 

 

『んっ…んっ…』

 

 

ゴク…ン

 

 

 

ゆりは口内に出された精〇を、
迷うことなく飲み干していく。

 

 

急に「フ〇ラが上手くなった」ことが気になる立樹。

 

質問をするとゆりは、

「勉強してる」

としか言えなかった。

 

「どんな勉強したの?」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう4話はまだまだ続きます

 

■ゆりの心の中では・・・

 

 

『本当の事なんて…』

 

『言えるわけがないよ…』

 

 

『あれから何度も何度も、先生の治療を受けてるなんて…』

 

 

クリニックに通院しては、何度も何度も鳴海の治療を受けていたのでした。

 

 

股をM字に開きク〇ニされ、

壁に身体を預けながらお尻を突き出し、指でアソコをかきまわされたり…

 

 

ゆりは先生の指でイクたびに、潮を吹いてしまうほど「治療されるコト」に酔っていた・・・。

 

 

(『治療を重ねれば重ねるほど気持ちよくなるカラダ。もう、指と舌だけじゃ物足りない…』)

 

 

先生との治療を思い出しながら、アソコは

「じゅんっ」

と濡れてしまっていた・・・。

 

 

『それより先輩…』

 

 

『今日は、この前の続きを・・・』

 

 

『最後までしてください…』

 

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう4話感想

 

あれから「治療」を続けてきたゆり。

いつのまにか鳴海に、快感を教え込まれちゃってますね。

 

回想で出てくる治療シーン。

とてもエロエロでした(*´∀`)※とっても良いシーンです!

 

「もっと欲しい!」と言う所は見ていて何故か「ゾクッ」っとしてしまいます(*´∀`*)

 

彼氏の精液を、迷うことなく飲み干すなんて・・・。

大好きなんですね♪(精子も彼氏の事も)

 

ですが・・・。
最後に出てくる立樹の真実。

 

『ゆり』がとっても可愛そう(T_T)

 

ここからゆりが、どう立ち直っていくのか。(きっとみなさんの想像通りですよw)

 

次回もお楽しみに!

次回の「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」5話はこちらから

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~
5話

→先生、優しくしないで

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

最後まで「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう~」4話ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました(*´∀`)