白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう7話ネタバレを紹介しています。【白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう7話タイトル-あれ?付き合ってない?】

 

 

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう7話ネタバレ

 

「一週間ぶりが、そんなに寂しかったのか?」

 

 

『は…はい…///』

 

 

病院にいる時とは違い、違うスーツを着ている鳴海にドキドキしてしまうゆり。

 

 

「正直な奴だな…」

 

「じゃあご褒美に、今夜はその寂しさ埋めてやるよ。」

(今日は白衣じゃない!スーツを脱いだ姿はやっぱりケダモノでした。)

 

前回の「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」6話はこんな内容でした。

ゆりは鳴海との愛情あるセッ〇スをして感じまくっていた。

あまりの快楽に身体を身震いさせ、波打つ快感に酔ってしまう…。

熱い精〇まで出されてしまった彼女は「愛情があるとこんなに気持ちいい」のだと実感するのでした。

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~

6話

→愛あるエッチは気持ちいい

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう7話あらすじ

 

■「治療が終わった」と聞いて・・・

 

 

「もう来なくていいぞ」

 

と言う鳴海。

 

 

「もうこれでおしまいなのか・・・」

 

 

動揺するゆり。

でも、先生が次に言った言葉で

ゆりの顔はとびっきりの笑顔になるのでした。

 

 

「その代わり…俺の部屋に通って来いよ?」

 

 

ゆりはこの日、鳴海を待っていました。

 

ざわつく店内の中、「今月の恋愛運」を確かめています。

 

 

「鮎川悪い…待たせたな」

 

 

ドキっ

 

 

『!』

 

 

『い…いえ!』

 

 

急いで来たのだろう。
額に汗を浮かべながら鳴海はゆりの所にやって来た。

 

 

クリニックにいる時の白衣とは違う、スーツ姿の鳴海に胸が高鳴る。

 

 

「教授との会食の予定が長引いてしまって…」

 

 

「どうした?ボーっとして」

 

 

『えっ?!』

 

 

「一週間ぶりがそんなに寂しかったのか?」

 

 

『は…はい…///』

 

 

白衣を着ていない鳴海の姿に、ドキマギしてしまう・・・。

 

 

「正直な奴だな…」

 

「じゃあご褒美に」

 

 

「今夜はその寂しさ、埋めてやるよ。」

 

 

「白衣じゃない鳴海先生。カッコいい!」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう7話はまだまだ続きます

 

「正直な奴だな…」

「じゃあご褒美に今夜はその寂しさ埋めてやるよ」

 

 

2人きりになったゆりは、
鳴海の宣言通りに「ご褒美」を貰っていた…。

 

 

「くちゅっくちゅっ」

 

という卑猥な音が響く。

 

 

「どんどん溢れてくるな…」

 

 

ゆりのパンツをずらし、
直接彼女のアソコを指で激しく刺激していく。

 

 

くちゅぐちゅ

 

 

『あっ…先生…』

 

『わた…し…私もう…ッ…』

 

 

『あっあっ』

 

 

ずちゅっにゅぷっ

 

 

「イキたいのか?」

 

 

『んあっ!は…はい…ッ!』

 

 

「だーめ!」

 

 

ゾクッゾクッ

 

 

鳴海はゆりの「トロットロッ」に濡れたアソコから手を離し、イキたいゆりを焦らし始める。

 

 

彼女のアソコに、
男性器を当て…挿〇しようとしたとき・・・。

 

 

鳴海の携帯が部屋に鳴り響いた。

電話を出るために行為はストップしてしまう。

 

 

「早く続きがしたい・・・」

 

でも、鳴海は急用が・・・。

ゆりはタクシーで帰らせられてしまった。

 

 

(『最近ずっとこの調子…』)

 

(『アレ?これってなんだか…』)

 

 

親友に会ってその事を相談すると、

 

「それって付き合ってなくない?」

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう7話感想

 

病院での白衣とは違うスーツで登場した鳴海先生。

ドギマギしてしまったのは、ゆりだけではないはず♪

 

部屋でご褒美をもらっている時の「激しい手マン」・・・。

・・・非常にエロかった(*´∀`)

 

女の子って焦らされるのが、とっても好きなんです☆

 

鳴海は相当忙しいみたい。
優秀でやり手の先生なんですね。

「付き合っているのだろうか?」
疑問に思ってしまったゆりを親友がBBQパーティーに無理やり連れていき・・・。

 

ちょっと心配になってしまう展開になりそうです。

 

次回もお楽しみに!

次回の「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」8話はこちらから

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~
8話

→久しぶりにあえたのに・・・

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

最後まで「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう~」7話ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました(*´∀`)