白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう9話ネタバレを紹介しています。【白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう9話タイトル-大切で大好きな人】

 

 

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう9話ネタバレ

 

久しぶりに鳴海に会えたとても嬉しそうなゆり。

 

「やっぱり、ゆりちゃんだ!」

 

声は亮だった。

亮は、鳴海を見て
「お兄さん?」
と聞いてきた。

 

ゆりが鳴海の事を
説明しようとした時、亮は

 

「俺と付き合ってくれない?」

(鳴海を見て兄と思う亮。早く説明しないと!)

 

前回の「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」8話はこんな内容でした。

 

合コンで声をかけてきた亮。

好青年と思ったゆりは、連絡先を渡してしまう。

全然連絡が来ない鳴海に、
「やっぱりワタシの存在って・・・」

不安に思う夜、鳴海から2週間ぶりに電話が鳴ったのでした。

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~
8話

→久しぶりにあえたのに・・・

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう9話あらすじ

 

突然告白されてしまったゆり。

 

鳴海の事を説明しようとするが、言葉が詰まってしまう・・・。

 

 

(『先生を”彼氏”だって…言ってもいいの…?)』

(『そう思っているのは私だけかもしれないのに…?』)

 

 

言葉が出なくて、黙ってしまう。

 

 

「ごめん行かなきゃ…」

 

「いい返事待ってるね!」

 

 

そんなゆりの気持ちなど知らぬ亮は、
友達を待たせているので、早々に立ち去ってしまう。

 

 

「…部屋に戻る。来い!」

 

 

『えっ…せっ先生?!』

 

『先生待って…!』

 

 

内心穏やかではない鳴海。

ゆりを連れ、ホテルに戻るのでした。

 

 

「………」

 

 

(『ずっと無言…先生怒っているのかな…』)

 

 

『あっあの先生…!』

 

 

「さっきのことは誤解」

と鳴海に説明をします。

 

 

でも鳴海は、嫉妬心を剥き出しにしてきます。

 

矢矢継ぎ早に疑問を彼女にぶつけてくるのです。

 

 

「ただの知り合いが告白だって?」

 

 

「さっきの様子では、俺のことを話してないようだったが」

 

 

 

怒りながら問い詰める鳴海。

ゆりにだって、鳴海に言いたい事は山ほどあった。

 

 

『私は…』

 

 

『私は先生の何なんですか…』

 

 

「鳴海の口から聞きたい言葉。それは・・・」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう9話はまだまだ続きます

 

『私は…私は、先生の何なんですか…?』

 

 

大粒の涙をこぼしながら、
会えないさみしさ、不安・・・。

どれだけ先生の事を思っているのか。

 

1人で悩んできた思いをぶちまけていく…

 

 

最後に彼女が鳴海に放った言葉は、いたってシンプルでした。

 

 

『先生が好きなんです…』

 

 

『どうしようもないくらい好きなんです…』

 

 

そんな彼女の訴えを無言で聞いていた鳴海。

彼女を「ぎゅっ」と力強く抱きしめます。

 

 

『せっ先生?!』

 

 

「すまん…そんな思いでいたとは気づかなかった…すまない…」

 

 

「心療内科医なのに”恋人”を不安にさせていたとは…情けないな…」

 

 

(『恋人…』)

 

 

先生の口から恋人と聞き、安心したゆりは

「クスッ」

と思わず笑ってしまいます。

 

 

「先生のそんな顔なんて初めて見た」

と得した気分。ゆりは久しぶりの笑顔を見せた。

 

 

「笑っていられるのも今の内だぞ…」

 

 

『へっ?』

 

 

男と連絡先を交換したり、内緒にしていたことは許せいない様子。

 

 

「言い訳は聞かない…」

 

「悪い子に必要なのは…」

 

「おしおきだ」

 

 

ぐちゅぐちゅにゅちゅ

 

 

『あんっ…やっ…先生?!おしおきってまさか…』

 

 

「自分が誰の恋人か忘れないように、体の奥の奥まで刻み付けてやるんだよ!」

 

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう9話感想

 

待ち望んでいた「恋人」と言われ、安心したゆり。

元々ハッキリしてなかった先生が1番悪いんですけどね!

 

ゆりが涙ながらに言った
「どうしようもないくらい好きなんです」
という言葉。

 

一生に一度で良いのでこんなことを・・・。

言われてみたいものです。

 

そして皆さんお待ちかねの「おしおきタイム」!

 

気持ちが通じ合ったセッ〇スは、いつもより激しいものに…

喜びに子〇をきつく締め付ける描写がとてもエロかった!

是非見てくださいね♪

 

次回もお楽しみに!

次回の「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」10話はこちらから

 

白衣のケダモノ
~先生の指で感じちゃう~
10話

→先生、私をどう思ってる?

「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう」

無料試し読みはこちら

▼▼ クリック ▼▼
白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう

※「白衣のケダモノ」と検索してください※

 

最後まで「白衣のケダモノ~先生の指で感じちゃう~」9話ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました(*´∀`)