八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~(はちしゃくはちわけらくめぐり)登場する異形を紹介しています。

 

今回は「八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」5話に登場する「シシノケ」です。

 

各登場人物の目次はこちら

→八尺八話快樂巡り~登場人物一覧

 

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~登場人物

「シシノケ」

 

八尺八話快樂巡り~異形怪奇譚~」の5話に登場します。

 

どこかの山の中に「シシノケ」は存在しています。

 

 

アナタが今までに行ったことのある山かもしれません。

 

これから行くかもしれない山かもしれません・・・。

 

 

「シシノケ」の特徴は、

 

巨大で異様な大きさの目が3つ。

毛の生えたナメクジの様な気味の悪い異形です。

 

それがシシノケ。

 

 

昔、「奇形児を信仰の対象」としていた時代。

手足が少なかったり、多かったりした女性が「神の子」として崇められてました。

 

 

その女性=神の子は「山神の嫁」として差し出されました。

 

「人間」と「山の神」の間に生まれ落ちた異形の子供。

それがシシノケと呼ばれ続けていたのです。

 

 

八尺八話5話では、

 

キャンプ場に遊びに来ていた女の子を襲いました。

 

たくさんの無数の長い触手で、女性達に纏わりつく。

 

服を脱がせ、
強引に3人組の女性達を襲う。

 

 

口の中に触手を突っ込まれた花。

泣きながらよだれを垂らし、恐怖にまみれながらのフ◯ラ・・・。

 

その顔はなかなか、そそる表情をしていました。

 

 

触手は次々に女性達の身体をモノにしていきます。

いやらしく纏わりつき乳首を抓り、そして膣内をずぶずぶと開いて奥深く突っ込んでいく。

 

 

その触手から「精液」が

ドプッ

ドプッ

大量に出されて膣内を犯していく。

 

 

精液を放出されてしまった女性たちはやがて、

短時間で孕んでしまう・・・。

 

 

シシノケの赤ちゃんは無数に誕生するのです。

 

 

恐怖で嫌がっていた女性達も、
体に這いつくばる赤ちゃんたちを見て、自分達の子供だと次第に愛着が湧いていく…

 

 

シシノケは嫁を娶り、
子を成す悦びを求めているのです…

 

 

山という存在は怖いものかもしれません。

 

 

特に女性の方・・・。

 

キャンプ場などに行ったときはご注意を…

 

 

よく目を凝らすとそこには

無数のシシノケ達がいるかもしれませんから…

 

「八尺八話快樂巡り」は本当に面白いので読んでみてくださいね!

 

恐ろしくエロすぎる結末を
読みたい方は

▼こちらをクリック・・・▼

【お手軽に】「気軽に1話54円!」で八尺八話快樂巡りを読む!

 

【お得に】「全話まとめて1000円!」八尺八話快樂巡りを読みたい!

 

【まずは無料試し読み】で八尺八話快樂巡りを読みたい!

 

八尺八話快樂巡り
~異形怪奇譚~

 

各登場人物の目次はこちら

→八尺八話快樂巡り~登場人物一覧