「人妻家政婦は今日も激しくイキ喘ぐ」3話のネタバレと、お得な無料情報を紹介中です!

 

→無料立ち読みはこちら

(「人妻家政婦は今日も」と検索してください)

 

みなさんこんにちわ~

 

 

欲求不満な人妻

 

という言葉。
なんだかとっても素敵ですよね♪

 

前回の「人妻家政婦は今日も激しくイキ喘ぐ」のあらすじ

 

前回の

「人妻家政婦は今日も激しくイキ喘ぐ」

1話は、キモ男の長男に手マンをされ、もう少しで男性器を挿入される!

 

という所で難を逃れた家政婦の加奈子でした。

セ◯クスレスな夫婦だって事も判明しました!

 

前回の記事はこちら

人妻家政婦は今日も激しくイキ喘ぐ2話

ネタバレ記事はこちら

人妻家政婦は今日も激しくイキ喘ぐ3話のあらすじ

 

お風呂の掃除をしていた
家政婦の加奈子。

 

持ちの風呂は最新式らしくお湯の出し方がわかりません。

(そんなに違うものでしょうか?)

 

 

適当にボタンをいじっていた所、
シャワーから水が出てきてしまいました。

 

おっちょこちょいな所がある家政婦の加奈子は、シャワーの水を頭からかけてしまい

 

全身ズブ濡れです。

 

服が透けてしまい本日も下着が見えてしまいます。

(今日もエッチなピンクの下着です。)

 

そこにお風呂に入ろうとした主人の汚いオジサンがやって来ました。

 

 

「風呂に入りたいからそこをどけてくれないか?」

 

 

服が濡れて下着が透けている家政婦を見た瞬間に気が変わりました

 

 

「背中を流して欲しい」

 

 

 

このオジサンもエロそうです!

 

 

家政婦ってそんな仕事までしなきゃならないの?

 

 

と疑問に思った加奈子は主人に尋ねます。

 

 

「前の家政婦はやってくれたぞ!」

(本当でしょうか?)

 

 

「ご主人に言われては逆らえない・・・。」

 

家政婦という立場なので、しょうがなく背中を流すことになった加奈子。

 

 

「強さはどうですか?」

 

 

「いいぞ。次は腕を洗ってくれ!」

 

 

要求はどんどんエスカレートします。

 

加奈子は疑問に思いますが

「家政婦の仕事をクビになってしまっては家計が大変になる」

 

という思いから主人の要求を聞き入れます。

 

調子に乗ってきた主人は

 

「次は前も頼む!!」

 

 

「え?前ですか?」

 

 

 

「時間がないから早くしたまえ!」

 

 

加奈子はご主人の「前の部分」なんて洗うなんて嫌でしたがしょうがありません。(でも、こんな事するのって風俗ですよねw)

 

前も洗うことにしました・・・

 

 

前を向いた汚い主人。

 

アソコがギンギンです!

 

漫画内の絵でみるとわかるのですが

 

超デカいです!

 

性欲が強い人は仕事が出来る。

 

と言いますがこの男も大手会社の社長だけあって性欲が強そうです。

 

 

オジサンなのに勃起しているのに驚いたのか、

 

めっちゃアソコが大きいから驚いた。

 

のか分かりませんが、家政婦の加奈子は大声を出してその場から逃げ出そうとします。

 

が、風呂場で滑って転んでしまいました。

(ホントおっちょこちょいです。この家政婦さん♥)

 

 

加奈子と一緒に主人も転んでしまいました。

 

 

ご主人様は、転んだ拍子に加奈子の

おっぱい

を 鷲掴みにしています。
(多分わざとです!)

 

おっぱいを触らるご主人の手をどけた瞬間、加奈子のTシャツはめくれてしまい

ピンクの乳首

が見えてしまいました。

 

 

加奈子は主人に解雇されたら困るので声も出せません。

 

さっきから調子にのってる主人はこう言います。

 

 

「美味そうなカラダだな。」

 

 

加奈子に聞こえるか聞こえない声でそうつぶやきました。

 

 

この状況から逃げ出した加奈子はこんなセクハラに耐えられるか
自信がなくなり、

 

「家政婦を辞めようかな・・・。」

と考え始めます。

 

ですが、失業中の旦那が許してくれるかわかりません。

 

 

家に帰った加奈子。

 

 

旦那に

 

「家政婦を辞めたい」

 

と相談したいのですが、旦那は今日も仕事が見つからなかった様子・・・。

(めっちゃ落ち込んで暗いです)

 

そんな旦那を見て、

「家政婦を辞めたい」

なんて言えない。

 

そう判断しました。

 

本当にいい奥さんです!

 

「何故、離婚しないのか」

不思議なくらいです。

 

今日一日の仕事の疲れを取ろうと、お風呂に入った加奈子。

 

 

お風呂の中で今日一日の仕事の事を思い出します。

 

 

「美味そうなカラダだな」

 

 

その言葉が忘れられません。

 

 

「わたし、欲求不満なのかなぁ・・・?」

 

 

お風呂からあがって寝室に向かった加奈子。

 

とってもセクシーな下着をつけています。

 

 

セクシーな下着を身に着けていたのには、理由がありました。

 

それは、加奈子は

 

旦那に抱いて欲しかったのです!

 

 

ここから少し夫婦の会話。

 

 

「もう寝ちゃった?」

 

 

「いや、まだ起きてる」

 

 

「久しぶりに・・・」

 

女性にこんな事言わせていいのでしょうか!!!!

 

 

セ◯クスレスなこの夫婦。

 

仕事でセクハラをされて嫌な気分を
旦那に抱いてもらって、解消する事が出来るのでしょうか?

 

 

続きが気になった方はこちらからどうぞ
▼▼ クリック ▼▼

家政婦宣伝コミナビ3

 

→無料立ち読みはこちら

(「人妻家政婦は今日も」と検索してください)

 

 

人妻家政婦は今日も激しくイキ喘ぐ

4話ネタバレ記事はこちらから