「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」8話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

完全無料試し読み
はこちらからどうぞ

▼▼ クリック ▼▼
女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。New.ver1.2.1

(こんな事が本当にあったら・・・
嬉しすぎます☆)

女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした8話ネタバレ

 

今回の「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」8話は、

 

押し入れに隠れているうちに『エッチな雰囲気』になってしまった二人。

 

ビチャビチャに濡れているアソコ。

それを知った相川。

 

「気持ちよくなりたかったら、自分から股を開いてください!」

 

立場が逆転している相川は、

本当は自分が挿れたいはずなのに、命令しちゃいますw

(好きな人の感情を掌握できる快感!言葉攻めが好きな人には堪らない内容ですよね♪)


前回の女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした7話のあらすじ

 

押し入れに隠れた2人。目の前には大家さんの爆乳。

 

小言を言う大家さん。黙らさせるため、相川はキスします。

のんきにパンツを探す女の子が部屋にいるのに、2人はエッチな雰囲気に・・・

ピンク色の乳首を人差し指でイジり、大家さんのアソコへ息子を擦り付けていくと堪らず大家さんは大きな喘ぎ声を出してしまいます・・・。

 

女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
7話

→あの子にバレないように・・・押し入れに隠れてクリクリ

今回の「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」8話あらすじ

 

「あっ・・・」

 

「あぁっ・・・」

 

 

部屋には誰もないはずなのに・・・。
押し入れから音が聞こえた気がして、近づいていく女の子。

 

 

「そこに誰かいるの?」

 

 

押入れの前に女の子が来て、近づいてくる様子を押入れの中から見ていた2人。

 

 

「まずい・・・っ」

 

 

「奥に詰めてください!」

 

 

狭い押入れの中。

少しだけでも『見つかってしまう確率』を下げるために、カラダを密着させます。

 

「ちょっ・・・」

 

大家さんの爆乳が潰れてしまうほど、密着する二人。

 

 

自然に、相川の息子が、「ぎゅうっ・・・」と彼女のアソコに押し付けられてしまいます。

 

 

 

「・・・あっ」

 

さっきよりもカラダが触れ合い、声が出てしまう大家さん。

 

「密着しすぎで・・・」

「限界がきそう・・・!」

 

今の状態で見つかってしまうと・・・。

余計に面倒な事になります。

 

 

なぜなら、

大家さんは爆乳を露出させ、

相川の息子は勃起しているのですから!

 

 

 

『あっ!!』

 

『あった・・・!』

 

 

押入れの入り口に放置されていたパンツ。

ほとんど襖を開けることなくパンツが見つかったので、幸運にも二人の存在はバレていません。

 

『ヤバッ・・・!』

『お風呂入ってバイト準備しないと!』

 

そのまま女の子は自分の部屋(元大家さんの部屋)に帰っていきました。

 

 

「いやー、間一髪だったなあ・・・」

 

 

2人でこんな事をしているのがバレずに済んで、ホッとする相川。

 

 

大家さんは、

 

「もういいでしょ・・・」

「離して!」

 

と、密着していたカラダを離したがります。

 

 

でも、大家さんの「カラダのある部分の変化」に気がついた相川。

 

 

大家さんの腕を掴みます。

 

「待って!」

 

 

「清水さんも限界じゃないですかね?・・・」

 

 

「そんなこと・・・っ」

 

 

「でも、すっごい濡れてますよ?」

 

 

大家さんの内腿を触り、アソコのシミが見えるように足を開く相川。

 

 

大家さんのアソコは、

パンツ越しからでもわかるほど

「じゅわぁ・・・」

と濡れてしまっています。

 

 

「お互いに、どうにかした方がいいでしょ?」

 

 

自然にパンツを脱がせていく相川。
(脱がせ方が正直プロってますwwww)

 

 

「や・・・やだ・・」

 

「脱がさないで!」

 

 

「大丈夫擦り合うだけですからっ・・・」

 

「そういう問題じゃ・・・っ」

 

 

息子を取り出す相川。

 

ワレメに沿うように息子を「スリッスリッ」させていきます。

 

 

「んっ・・・」

 

 

ずっと我慢していたのを、耐えられなくて声が出てしまいます。

 

にちゅっにちゅっ
と、押し入れの、エッチな粘液の音が響きます。

 

 

「自分でしっかり股開いてください!」

 

自分がヤリたいだけだったのに、感じたカラダは意思とは逆に濡れまくる大家さん!

 

ビンビンに勃起している相川。

物凄くエッチな液体てシミが出来る程に濡れてるアソコ!

 

この先、とってもエッチな展開になっています☆

 

 

「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」

無料お試し&本編は
こちらからどうぞ

▼▼ クリック ▼▼
女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
ComicFesta:女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。New.ver1.2.1

(こんな事が本当にあったら・・・
嬉しすぎます☆)

女の子が落ちた先っぽ俺の息子の先っぽでした8話感想

一見、「お堅いイメージ」の大家さんがまさか・・・!!

 

今回の8話も、
本当に素晴らしくエロかったですね♪

 

「バレてはいけないという状況」を上手く使った相川、GJです(*´∀`*)

 

このあとの展開は是非読んでくださいね!

 

「本当は我慢なんて出来ないんだろ?」

と、命令されて女の子が自分から股を開いたら・・・

 

もう止まるわけなんてありませんよねwwww

完全に発情してしまってるのに、それでも「恥ずかしいから」と拒む女の子。

 

本当は我慢できないくせに・・・。

 

主導権を握った!と確信した時の優越感というのは、堪らないものがありますよね。

 

Sの気質がある男性なら、誰もが今回のお話しは共感出来るのではないでしょうか☆

 

 

次回のネタバレはこちらから

 

女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
9話ネタバレ

→大家さんを泣かせちゃった・・・反省の代わりにぶっかけ!

無料お試し&本編は
こちらからどうぞ

▼▼ クリック ▼▼
女の子が落ちた先は
俺の息子の先っぽでした
[ComicFesta]女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。Ver.2.ver1.2.1

(こんな事が本当にあったら・・・
嬉しすぎます☆)

 

最後まで「女の子が落ちた先は俺の息子の先っぽでした」8話ネタバレにお付き合い頂き、ありがとうございました!