オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話 1話ネタバレあらすじ感想を紹介しています。(タイトル:「出すぞ!処女マ○コに中出しだぁあ!」)

 

「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話」

純粋な少女が
薄汚れた欲望を持つ陸上部の顧問に
孕まされてしまうストーリです・・・。

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に孕まされていたお話

Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

(オレの天使だと思っていた少女が顧問の男性器で孕まされていく!)

 

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話し1話あらすじ「睡眠薬を飲まされ処女を奪われていく」

 

「ヒマリ~」

 

 

「あっ!一之瀬君!」

 

 

 

少年とヒマリは幼馴染。
今年の春から同じ学校に通うことになったのです。

 

 

 

「陸上部はどうだった?友達できそう?」

 

 

「うん、先輩や顧問の先生も優しそうだったよ」

 

 

 

ヒマリは少年にとって天使のような女の子。

彼女の笑顔に常に癒されていたのでした。

 

 

「早くみんなと仲良くなれるといいな。」

 

 

「うん、ありがとう一之瀬君」

 

 

他愛もないごく普通の会話だけでも、少年の中では嬉しくて心が躍ってしまいます。

 

 

少年とヒマリは付き合っているわけではありません。

でも、『お互いに相思相愛なのではないか?』と、淡い期待を抱いていたのでした。

 

 

「ただの幼馴染から卒業して、彼氏彼女の仲になれたらいいな」

と少年は思うのでした。

 

 

入学式から数日たったある日。

 

ヒマリは部活が終わった夕方。所属している陸上部の顧問の先生に、

「話がある」

と呼び出され、体育教官室へ行きました。

 

 

 

初めて入る体育教官室。

緊張気味のヒマリに、顧問はお茶を出してくれました。

 

いいニオイがするお茶を美味しそうに飲むヒマリ。

 

 

 

「今日の走りも良かったぞ。」

 

「お前には天性のスピードがあるな!」

 

 

1年生のヒマリの素質を見抜いた顧問は、ひまりを褒めてきました。

 

 

「ありがとうございます。」

 

「それで先生、私に話したいことって?」

 

 

先生に勧められたお茶。

 

 

そのお茶を飲んでいくウチに、

だんだん眠たくなってくるのでした・・・

 

 

顧問に出されたお茶を飲んで、眠くなってしまうヒマリ。

もう、孕まされてしまうのか?

 

天使のような美少女が
誰もいない学校で顧問によって犯されていく・・・。

続きをスグ読みたいアナタはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に
孕まされていたお話

Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

 

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話1話ネタバレ後編

 

ボーッとしたまま顧問と話をしていると、夜になっていました。

 

学校にはもう誰もいません・・・。

 

部活をしている生徒も。

もちろん、他の先生たちも・・・。

 

 

不思議と火照ってくるカラダ。顧問の出してくれたお茶のせいでしょう。

 

 

「どうしたんだろう・・・。」

 

「体調が悪いわけではないのに・・・」

 

 

何の話をしているのかも分からなくなってきました。

 

 

「一之瀬君とは、ただの幼馴染です。」

 

「付き合っているわけではないけど・・・。」

 

「そうなれたら良いなって思っています・・・」

 

 

そんな事も顧問の先生に話してしまった気もします。

 

 

ボーッとしていると、

 

「キスもまだなのか?・・・それじゃあ先生が指導してやろうか?」

 

と言った顧問の先生は顔を近づけてきて、キスをしてきました。

 

 

「え・・・」

 

 

「そうだ、そのまま口を開け」

 

 

ちゅうちゅう・・・

 

 

「幼馴染の一之瀬君の為に大事にしていたファーストキス。それを・・・。」

逃げたいのに、どうしても身体が動きません。

 

 

抵抗出来ないのを確認した顧問の先生。

そのままスカートをめくって、パンツの中に手を入れてきました。

 

指でヘアを触って、ワレメの方に向かっていきます。

 

 

ビクッ!!

 

 

「ひっ!!」

 

 

「ヒマリのマ◯コは、ぷにぷにだなぁ」

 

 

自分でも触ったことのないアソコ。

顧問の先生は執拗に刺激してくるのでした。

 

 

「んぅ・・・やっ・・・先生っ・・・」

 

 

「先生!やめてください!!」

 

 

必死にお願いしても、顧問の先生は手の動きを止めてくれませんでした。

 

 

身体はビクビクと反応して、思うようには動けません・・・

 

 

そして、そのまま顧問の先生は・・・

 

 

キモい顧問の標的にされてしまった
ヒマリの運命は・・・。

ここから先、ヒマリは
顧問に外道のようなコト
されてしまいます・・・。

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に孕まされていたお話

Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

幼馴染には絶対に知られたくないコトを顧問は・・・。

 

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話1話感想

ヒマリが可愛いですね(*´∀`*)

ピュアな女の子って本当っに可愛く見えてしまいます。

 

陸上を一生懸命に頑張って、幼馴染と恋愛関係になりたい!

 

そんな思いで入学した学校生活。

始まってまだ数日で、その純粋な思いが壊されていきます。

 

顧問の教師も危険な行動に出ましたね!

ヒマリが可愛いので、わからなくもないですが早すぎですw

 

次回の「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話」2話からは、もっと過激な展開になっていきます。

 

お楽しみに!

次回の「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話」はこんな内容です。

 

男性器を無理矢理、口に咥えさせられてしまうヒマリ。

「嫌だけど幼馴染には絶対に知られたくない!」

純粋な少女の気持ちが顧問によって、踏みにじられていきます・・・。

 

「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話」

2話ネタバレ

→おおぉ…!このエロ豚めぇえ…!イク…イクぞ!

 

 

 

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に
孕まされていたお話
Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

 

最後まで「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話」1話ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました!

※「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話」1話は、相当エロい内容になっていますよ☆