オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話2話ネタバレあらすじ感想を紹介しています。(タイトル:「おおぉ…!このエロ豚めぇえ…!イク…イクぞ!」)

 

「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話」

純粋な少女が
薄汚れた欲望を持つ陸上部の顧問に
孕まされてしまうストーリです・・・。

 

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に孕まされていたお話
Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

 

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話 2話ネタバレ「あの映像をネットに流すぞ?それでも良いのか?」

 

陸上の顧問に呼び出されたあの日から、ヒマリは顧問の言いなりになってしまいました。

 

「処女を奪われてしまった時の映像をネットに流す!」

 

と脅されたからでした。

 

 

顧問の要求に従えば従うほど、逃げられなくなっていくのは分かっていました。

でも、生徒の私にはどうしようもなかったのです。

 

 

ネットに

『処女を無理矢理奪われたあの動画』

を流されるのはもちろん怖かったです。

 

でもそれよりも・・・。

 

幼馴染の一之瀬君にバレてしまう方が、凄く怖かったのです。

 

 

顧問の先生は、あれから定期的に私を求めてくるようになりました。

 

 

部活が終わった放課後はもちろん、

みんなと一緒に練習している部活中でさえ、容赦なく呼び出してくるのです。

 

 

これは、そんな5月7日の出来事・・・。

 

 

「先生!!部活中ですよ!?」

 

 

「だからどうした!」

 

 

「その陸上のユニフォームがたまんねぇんだよ」

 

「ピッタリとカラダに密着していて。」

 

「悪いが、GW中に溜まっていた分。」

 

「全部出させてもらうぜ!」

 

 

顧問はそう言うとズボンを下ろし、自分の大きくなってるモノを私の顔に向けました。

 

そして、フ◯ラを要求してきます。

 

 

私は顧問の先生に言われるがまま、大きくてギンギンになってる先生のモノを舐めました。

 

 

ぺろぺろ・・・

 

 

アソコには挿れられたけど、まだ一度も『男性のアレ』を舐めた事はありません。

 

 

「いや・・・私、男の人のを舐めてる・・・」

 

 

「そんな舐め方じゃ全然ダメだな!!」

 

「もっと激しく舌を動かせ!」

 

 

「すごい匂い・・・頭がクラクラしちゃう・・・。」

 

 

しばらく舐めていると顧問は、

「顔を見ながら咥えろ!」

と命令してきました。

 

 

「幼馴染の一之瀬くんにバレるのだけは絶対に嫌・・・。」

 

という気持ちで、嫌だけど顧問の顔を見ながら咥えます。

 

 

ぢゅる・・・

 

ぢゅぼっ・・・

 

 

舌でレロレロと舐めていくと口の中に、『男の人の味』がいっぱいに広がってきました。

 

「はっ、むぐっ・・・んむっ」

 

 

「上手くなってきたな・・・もっと奥まで咥えろ!!」

 

 

顧問の先生は気持ち良くなってきたみたいで、今度は私の頭をつかんで上下に動かしていきます。

 

ずにゅん・・・

ぬぷっ・・・

ぬぼっ・・・

 

先生の手は今までよりも左右に大きく振られて、男性器は喉奥まで届いていました。

 

 

「苦しいよっ・・・」

 

「お願い早く出してぇ・・・!!」

 

 

しばらくアレを咥えていると、顧問の呼吸は早くなっていました。

 

 

 

ずにゅ・・・

ぬぷっ・・・

ぬぼっ!!

 

 

顧問に強引に『アレ』を出し入れされていたので、口のまわりはヨダレでビチョビチョになっていました。

 

 

「おおぉ・・・!このエロ豚めぇえ!!」

 

「イク・・・イクぞ!!一滴もこぼすなよ!」

 

 

顧問は生徒の私に「エロ豚」なんて汚い言葉を投げかけました。

 

そして・・・

 

 

「エロ豚め!」

顧問に罵声を浴びせられてしまうヒマリ。

天使のような幼馴染は
顧問の性器をフ◯ラするだけで済むのか?

陸上のユニフォームを着て
チ◯ポを咥える姿がエロ過ぎです・・・

続きをスグ読みたいアナタはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話

Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話2話ネタバレ後編

 

ビクッ!

顧問の下半身が震えたと思った瞬間、

 

びゅるっ!!

びゅるるるるっ!

 

と、勢いよく精子が口の中にたっぷりと出されました。

 

 

「いやぁ!精子が出てる!」

 

「口の中にいっぱい・・・」

 

 

「あぁ・・・たまんねぇ・・・」

 

 

「全部飲み干せよ!」

 

「一滴だってこぼすんじゃないぞ!」

 

 

顧問に言われたとおりに、精子を飲み込みました。

 

 

「よくできたな!」

 

「次は下の口にハメてやる!尻を突き出せ!!」

 

 

「これで終わりじゃなかったの?」

 

今は部活の練習の真っ最中。

一度出したら終わりと思っていたのに、顧問の要求は終わりませんでした・・・。

 

 

「いやっ!もう止めてください!!」

 

 

顧問は自分の持ってきたバックから媚薬を取り出しました。

 

その媚薬を指にたくさん塗って、アソコへ・・・。

 

アソコに媚薬を塗られた幼馴染。

そんなモノを塗られてしまったら・・・。

気持ち良くないのに、感じてしまう。

ここから先、ヒマリは
顧問の男性器を再び
受け入れてしまう・・・。

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に孕まされていたお話

Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

幼馴染には絶対に知られたくないコトを顧問は・・・。

 

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話2話感想

「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話」2話もエロかったですね!

前回の1話の方が僕的には興奮しましたけど♪

今回は口での奉仕が中心に描かれていましたが、最終的には・・・。

みなさんお待ちかねのお約束な展開が待っています☆

 

この陸上の顧問。性欲が半端ないですね。前回はお茶とビデオカメラ。今回は媚薬。

ネットで変なアイテムを購入し過ぎではないでしょうかw

 

幼馴染の一之瀬くん。まだ何も気付いていません。

ひまりの努力の結果なんですけど・・・。

 

ひまりの純真さが、読んでいて興奮度を上げていきます。

それが見ていて、切ないけどストーリーを盛り上げてくれています。

 

時間があれば「無料試し読み」だけでも見ていってくださいね☆

結構、興奮出来ると思いますよ!(エロレベルが高い方は無料試し読みだけでは満足出来ないかもしれませんが・・・。)

 

次回のネタバレも記事にしていますので、そちらも時間があれが覗いてみてくださいね♪

 

次回の
オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話

3話ネタバレ

→露出調教・・・なんだ濡れてるじゃないか

 

 

 

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に
孕まされていたお話
Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

 

最後まで「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話」2話ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました!