オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話7話ネタバレあらすじ感想を紹介しています。(タイトル:「太くて逞しいオチ○ポ、私はコレじゃないとダメなんだ」)

 

「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていた話」

純粋な少女が
薄汚れた欲望を持つ陸上部の顧問に
孕まされてしまうストーリです・・・。

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に孕まされていたお話

Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

 

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話 7話

 

それから冬休みの間中。

私は先生と毎日激しくセ◯クスをしたのです。

 

 

年末もお正月も・・・

 

1人で過ごしている時も、頭の中は先生でいっぱいになっていました。

 

 

今日はどんな風に愛してもらえるのかな・・・

 

淫らな期待に胸を高鳴らせて毎日過ごしていくのでした。

 

 

もう・・・。

以前みたいな私に戻ることはできません・・・

 

 

身も心も。

先生のモノになってしまったのだから・・・

 

 

ヂュブ・・・ヂュブ・・・

 

合体したまま、私は顧問の先生にディープキスをします。

 

そして、貧欲に腰を振ります。

 

 

「あの夜、乱交したから」

こそ、はっきりと分かる先生は他の男性とは違う太くて逞しいオチ○ポ。

 

 

「私はこれじゃないと駄目なんだ・・・」

 

「じゅるっ・・・んっ・・・先生とのキス・・・あぁンたまらない」

 

ヂュプッヂュプッ!!

キスをしながら激しく腰を動かします。

 

 

「先生・・・先生のチ○ポ気持ちいい」

 

「あぁ・・・オレもいいぜ?」

 

「しかしヒマリ。お前すっかり堕ちたな」

 

「ふふ。先生が私をこうしたんですよ?」

 

「そうか・・・悪いがそろそろ飽きてきた。」

「お前緩くなってきたし、新入生も入ってくるし、代わりのヤツを探さねぇとな」

 

 

捨てられる!

顧問に言われた言葉にヒマリはショックを受けます。

 

 

「あぁ・・・イヤぁ・・・イヤっ!!そんな事言わないでぇ!」

 

「何でもしますから・・・だからっヒマリを捨てないで・・・!!」

 

 

「ヒヒヒ・・・何でもします・・・か・・・」

 

 

「そうだなぁ・・・」

 

 

顧問の先生の鬼畜な指示がヒマリと幼馴染との関係を崩壊させていきます。

 

 

でも、それを考えるだけで・・・。

堕ちたヒマリは興奮してしまうのでした・・・

 

 

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に
孕まされていたお話
Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

 

オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話7話感想

最後まで顧問は鬼畜のような事をヒマリに言いますねぇ。

あ、でも。

最後は責任をとってヒマリを・・・。(ネタバレ過ぎるので自粛しますwこのへんは確認してみてくださいね♪)

ヒマリに告白の返事を聞かされた幼馴染の一之瀬君。

相当ショックを受けていました・・・。

それもそうでしょうね。「あんな汚い言葉」を言うような女の子ではなかったのですからね。

 

「私はチ◯ポ中毒女です!」なんて・・・。

見た目純情そうな真面目系女子の口からそんな言葉を聞いたら、ギャップで萌えてしまいそうですw

 

時間があれば「無料試し読み」だけでも見ていってくださいね☆

結構、興奮出来ると思います!(エロレベルが高い方は無料試し読みだけでは満足出来ないかもしれませんが・・・。)

 

 

無料試し読みはこちらから

幼馴染のヒマリをクリック

オレの天使のような幼馴染が
いつの間にか顧問に
孕まされていたお話
Handyコミック【オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話。】LP1※スマホ専用

 

最後まで「オレの天使のような幼馴染がいつの間にか顧問に孕まされていたお話」7話ネタバレにお付き合い頂きましてありがとうございました!