俺得修学旅行~男は女装した俺だけ】 14話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

 

「無料試し読み」
はこちらから

▼ ▼ クリック ▼ ▼
俺得修学旅行
Handyコミック【俺得修学旅行05】LP1※スマホ専用

俺得修学旅行14話 ネタバレ

 

女装で1番大事な勇太のカツラを取ってしまったカメ子。

 

「伊賀沙也加は、男の子だった・・・」

 

女子の制服を着ている男の子の姿に釘付けになってしまいます。

 

 

半裸のカメ子は何を思ったのか突然、

「ねぇ…もう少し思い出…」

「増やしちゃおっか♪」

と映画館の暗闇の中で、勇太の上にまたがってきました。

 

 

そして、

躊躇することなくカメ子はパンツを脱ぎ、勇太の太いチ〇コを握ります。

 

 

今だに「伊賀(姉)が実は男だったのだ」と勘違いしているカメ子。

 

姉の代わりに「弟が女装」して修学旅行に参加してるとは思っていません。

 

 

カメ子は、

 

「伊賀ちゃんが実は、伊賀クンで…」

 

「なんだか、刺激的な良い思い出を作れそう…。」

 

そう言いながら、ゆっくりと腰と落としながら挿入していきます!

 

 

にゅぷぷぷっ

 

 

勇太がビックリしてしまうほど、すでにグチョグチョになっているカメコのマ〇コ。

 

 

勇太の大きなチ◯ポをすんなりと膣穴に受け入れていきます。

 

 

「はぁ…ぁん」

 

 

「おっきぃ…」

 

 

さっきのパイズリ、フ◯ラをしていた時とは打って変わって、エロく思いっきり感じている喘ぎ声を出しています。

 

 

勇太の調査に来たはずなのに、今では調査対象の性器を挿れ、自分が気持ち良くなる為だけに腰を振り続けます!

 

 

「那由華様にバレてしまったら・・・。」

 

と思いつつも、それ以上に快楽に逆らえないカメ子。

実はカメ子は、那由華のやり方に不満を持っていたのでした。

 

 

「お人形さんみたいにカワイイんだけど、男子校との合同祭を禁止にしちゃうし・・・。」

 

「ワタシだって彼氏が欲しいのに、出会いまで潰されてしまった!」

 

 

那由華に不満があるカメ子。

それを快感で忘れようとして、爆乳が上下にゆさっゆさっと揺れるほど腰を激しく振り続けていきます。

 

 

「あん…そうだ!」

 

 

「つき合っちゃおうか・・・アタシたち♪」

 

 

写メのコトは内緒にしてあげるから、私とつき合って欲しいと提案してくるカメ子。

 

 

勇太を誘惑してきました。

濃厚に舌を絡ませてくるベロフェラまでしてきます。

 

 

乳輪以外は自信のあるカメ子。

勇太を自慢のエロボディを使って堕とそうとしていきます。

 

 

このあとも、欲求不満だったカメ子の欲望をぶちまける濃厚なエッチが、暗い映画館の中で繰り広げられていくのです・・・

 

無料試し読みはこちらです

▼ ▼ クリック ▼ ▼
俺得修学旅行
~男は女装した俺だけ~
Handyコミック【俺得修学旅行05】LP1※スマホ専用

 

俺得修学旅行14話感想

男子生徒との出会いがない女子高。

だからこそ、カメ子みたいに飢えた獣のようにエッチに積極的な女の子が多いのかもしれませんね。

カメ子の体は本当にエロいですね~。

ちょっと肉付きが良いくらいが抱き心地もいいですし、爆乳という素晴らしさです!(小さい乳輪じゃないとダメ!という男性でも、あの身体なら許してしまうのではないでしょうかw)

 

こんな魅力的な子に告白されてしまった勇太は、カメ子の誘いを断り切れるんでしょうか!?

 

この窮地を勇太がどうやって乗り切るのか…必見です!(意外と策士でしたw)

 

今回の「俺得修学旅行14話」の見どころは、カメ子の腰使い!

映画館の暗闇の中、ギイッギイッと軋む椅子。

半裸の爆乳女子高生が腰を振り、感じまくる!

大きい乳輪がとっても美味しそうでした♪(コンプレックスを舐められるとあんな反応をするんですね♪)

 

エロいので、是非見てくださいね(*´∀`*)

 

無料試し読みはこちらです

▼ ▼ クリック ▼ ▼
俺得修学旅行
~男は女装した俺だけ~
Handyコミック【俺得修学旅行05】LP1※スマホ専用

次回「俺得修学旅行」15話はこちらから

 

俺得修学旅行
~男は女装した俺だけ~
15話

→美形ギャルに再び挿入(1)

 

 

前回の俺得修学旅行~男は女装した俺だけ13話ネタバレはこちらから

 

 

俺得修学旅行~男は女装した俺だけ
13話

→巨乳と暗がりで(2)

Handyコミック【俺得修学旅行05】LP1※スマホ専用

 

最後まで俺得修学旅行14話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!