監禁嬢1巻–1話【蜜の部屋】
ネタバレあらすじ感想を紹介しています。

 

期間限定

期間限定で
監禁嬢
第1話が無料で読めます!
(会員登録ナシで監禁嬢が読めます♪)

「監禁嬢」
無料試し読みこちら

検索窓に「監禁嬢」
入力するだけで、すぐ読めます♪

監禁嬢1話ネタバレ

ハダカで椅子に座らされている男。

服は脱がされ、手足は拘束具に繋がれていた。

 

肩からは流血・・・。

 


自分が拉致され、監禁されているのはすぐ気付いた。あたりを見渡すも、今いる場所には全く記憶がない。

 

監禁されパニック状態の男。

 

 

それを嘲笑うかのように、近づいてくる女がいた。

女は男の後ろにまわり、男の目を両手で塞いだ。

 

 

「だーれだ?」

 

 

「…え?」

 

男の名前は岩野裕行。

目隠しをしてくるこの女に、見覚えは無かった。

 

「くっ…」

 

思いっきり暴れてでも、この状況から脱出したい岩野。

しかし、拘束具で両手・両足を繋がれているので、身動きすることすら出来なかった。

 

 

「ワタシが・・・」

 

 

「誰だかわかりませんか?」

 

 

謎の茶髪の女が裕行に質問をする。

 

 

何も答えられない岩野。

 

「残念だなぁ…でもまぁいいです。」

 

 

「これからアナタに、いくつか問題を出します。」

 

「全部簡単なんで、正直に答えて下さいね。」

 

「まずは一問目。アナタのお名前は?」

 

 

「何なんですかっ?ココどこですか?こんなコトしてっ何が目的なんですか?アナタ誰ですか?俺が一体何をしたって!」

 

 

パニクる岩野。

謎の女は不気味なほどに冷静だった・・・。

 

 

「ゴメンなさい。問題の順番間違えました。」

 

 

女は一枚の写真を目の前に出した。

 

「これは、だーれだ?」

 

写真を見た瞬間、裕行の表情が豹変した。

そこに写っていたのは、愛する妻と子供の姿。

 

 

「何をした!」

 

 

「2人に何しやがった!答えろよっ!!」

 

 

裕行は目の前の女に対して、怒りを抑えきれずにいた。

 

 

「ハハッ。何もしてないですよ・・・。」

 

 

「私が用があるのは、アナタだけですから!」

 

 

期間限定

監禁嬢が今なら期間限定で
第1話が無料で読めます!

(会員登録ナシで監禁嬢が読めます♪)

「監禁嬢」
無料試し読みこちら

※「監禁嬢」と検索してください。

 監禁嬢1話ネタバレはまだ続きます。

 

(この女が誰なのか全然わからねぇ。けど思い出した。ここに連れてこられるまでのコト・・・)

 

監禁される前のことを思い出した裕行。

 

「ただいま」

 

家に帰ると妻の美沙子は娘、日輪子(ヒワコ)をあやしていた。

 

 

「帰りにヒワのオムツ買ってきてほしかってんケド…」

 

「行ってきます。すぐ帰ってくるよ!」

 

赤ちゃんもいて、仲の良い幸せそうな夫婦。

 

ドラッグストアで、愛娘のオムツを買った帰り道。女性が倒れているのを見つけてしまう。

 

「大丈夫ですかっ!?どうされましたっ!?」

 

倒れている女性に呼びかけるが、返事はない。

 

 

「…っダメだ。返事がない・・・。」

 

「マジかよっ!救急車呼ばないと!」

 

 

慌てている裕行がスマホに手を出した時だった…

 

女は突然起き上がり、握っていた鍵を裕行の左肩に思いっきり突き刺した。

 

 

「痛っ!!」

 

 

不意打ちを喰らい、うずくまっている岩野。

女は背後にまわり込んで裕行の首にスタンガンを当てた。

 

 

身体に流れる高圧電流

 

 

そのまま気を失ってからの記憶がない・・・。

 

 

「ちょっと~ちゃんと聞いて下さいよぉ~。」

 

「アナタにとっても、自分を見つめ直す楽しい問題ですよ?」

 

 

裕行は自分の監禁されている場所を見回した。

 

(見たところ、どっかの廃屋だ)

(口を塞がれてない。という事は、叫ばれても誰にも聞こえないってコトか・・・。)

 

監禁されているこの場所から、一刻も早く逃げ出したい裕行。

しかし、手がかりさえない状況から脱出する方法は思いつかなかった・・・。。

 

 

「それじゃぁ、いよいよ本題!!」

 

「さっきからずっと、気になってるでしょう?」

 

 

「私が誰なのか?」

 

「私の目的は?」

 

 

「難しそうなんでヒントをあげます…」

 

 

女は突然、自分の指を舐めはじめた。そして

 

「これでも思い出せませんか?」

 

と言うと、裕行のペ○スに指を伸ばして、しごいていく・・・

 

 

「ちょっやめろっ!何してんだ!」

「放せっ・・・。」

 

 

ペ◯スを触られ抵抗する裕行。

抵抗されたところで女は、手の動きを止めなかった。

 

 

「これでも?」

 

 

「これでも思い出せない?」

 

監禁嬢1話感想

冒頭からインパクトある描写でしたねー。

主人公の高校教師、岩野裕行が目覚めた場所は見たこともない廃屋。

しかも裸で拘束されている・・・。

(あの女の登場した時の顔が、1番インパクトありましたけど・・・。マジでビビります・・・。)

 

カコと呼ばれる謎の女。

奥さんや子供、学校の生徒の写真まで撮っているなんて。

これだけだと、ただの異常な怖いストーカー。ですが、裕行にはこの女の記憶が全く無い。ストーカーにしても行動が尋常じゃありません。

 

振りかぶって思いっきり力を入れて鍵を体に突き刺す・・・。一歩間違えばケガだけではすみません。しかも、スタンガンまで用意しているなんて。

 

猟奇的というか、完全に異常な思考の持ち主の行動ですよね。

 

異常な女・・・。

だけど、後半のエッチのシーンは興奮するものがありました。

 

カコが裕行のペ◯スを弄ってフ◯ラするのは、なんだか妖しいエロさがありました。

無理矢理犯すみたいに、挿入している時に裕行に唾を顔に掛けられても怒りもせず、それを舐めるなんて・・・。

表情が色気を思わず感じちゃいました。

 

 

ただ・・・

最後に見せたカコの表情にはゾッとしました・・・。

 

アレは人間の顔ではありません。
何か異形の生物にでも見えてしまいました。(このシーンは本当にドキッ!ってします。監禁嬢はこの1話が無料で読めるので是非アナタの目で確認してみてくださいね!)

 

裕行はカコにこれからどうされていくのか?

監禁状態から脱出することが出来るのか?

 

次の「監禁嬢2話」が気になってしょうがありません!

 

 

期間限定

期間限定で
監禁嬢
第1話が無料で読めます!
(会員登録ナシで監禁嬢が読めます♪)

「監禁嬢」
無料試し読みこちら

検索窓に「監禁嬢」
入力するだけで、すぐ読めます

次回の監禁嬢2話ネタバレはこちらから

監禁嬢
2話

→濡れる少女

 

最後まで「監禁嬢」1話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!