ヤリサーの日常
ナンパされて喰われる女子学生達

5話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介中です。

 

「パパ、ママ、ごめんなさい…」
私、会ったばかりの男の人たちに・・・。」

無料試し読みはこちら

♥♥ 画像をクリック! ♥♥

ヤリサーの日常
ナンパされて喰われる女子学生達

ハンディコミック【ヤリサー♂の日常 ナンパされて喰われる女子学生達[KATTS]】LP1※スマホ専用

 

ヤリサーの日常ナンパされて喰われる女子学生達5話ネタバレ

ヤリサーの日常。ナンパされて喰われる女子学生達5話は、

 

オ◯ニーも、セ◯クスも経験の無い真面目な女子学生。

 

楽しかった出来事が嘘のような悪夢に見舞われます。

 

拉致されて、手マンされ・・・。

 

ヤリサー男のデカチンを無理矢理挿れられて。

 

何度も挿入されているうちに、
気持ち良くなってしまう・・・

 

「ぱぱまま、たすけて・・・」

 

女子学生の悲痛な叫びは、愛する親には届かない・・・

【DMMコミック】同人:ヤリサー♂の日常 ナンパされて喰われる女子学生達[タイトル直] SP/PC-SEO

 

前回のヤリサーの日常。ナンパされて喰われる女子学生達4話あらすじ

 

ヤリサーの日常
ナンパされて喰われる女子学生達

4話

→ヤリサー男にとっては女子校生の貴重な初物マ○コも使い捨ての生オ○ホにすぎない

 

ヤリサーの日常。ナンパされて喰われる女子学生達5話登場人物

 

ヤリサーのナンパ師 アキラ

ヤリサーの日常。ナンパされて喰われる女子学生達登場人物アキラ

ヤリサーのナンパ師 五郎

ヤリサーの日常。ナンパされて喰われる女子学生達登場人物五郎

地元の女子学生

 

ヤリサーの日常。ナンパされて喰われる女子学生達5話あらすじ

 

ナンパ男のアキラに手マンされて潮を吹き、イッてしまった女子学生。

 

今までで最大の痴態を男の前で晒してしまいました。

 

「マジイキしてたなぁ、キミ才能あるぜ」

 

処女のマ◯コで潮を吹かせ、イカせた事で自分のテクニックを改めて凄いと思うアキラは満足していました。

 

しかし、満足出来ないのは、五郎。

 

 

「なぁ、そろそろ場所変われよ。」

 

 

五郎がこの女の子を見かけ、狙っていたからです。

 

 

ロリ系の顔が好きな五郎。

 

ロリ系なのに、カラダはオトナ。

そのギャップがたまらなかったのです。

 

 

「しょうがねぇなぁ」

 

 

もっと自分のテクニックで、女の子をイカせたかったアキラ。

 

 

五郎が見つけてきた女の子なので、しょうがなく変わってあげます。

 

 

それくらい、五郎はこの女の子の事が気に入っていたのです。

 

 

昼間の海での瑞穂よりも、この女の子を選んでいたのです。

 

 

狙っていた女の子と
これからセ◯クスが出来る!

 

 

そう思っていた興奮で、ビンビンに勃起している五郎。

 

 

女の子を跪かせ、両手をアキラが持っています。

 

この姿勢では、女の子は抵抗したくても、抵抗出来ないのです。

 

 

「や、やだっ」

 

 

「なに・・・?」

 

 

「何するの・・・?」

 

 

「逃げたいけど、力が入らないよ・・・」

 

 

身動きが取れない女子学生。

 

パンツを履いていない下半身には、五郎のチ◯ポ。

女の子のお尻を両手でつかみ、今から挿入しようとしています。

 

 

ズプゥッ

 

 

五郎はギンギンに勃起しているチ◯ポを女の子のマ◯コに挿れました。

 

 

「んぐぅぅっ」

 

 

あまりの痛さに、悶絶してしまっています。

 

 

「何これっ」

 

 

「裂けるっ!裂けちゃうよぉっ!」

 

 

平均よりも相当大きいサイズの五郎のチ◯ポ。

処女のマ◯コには、太くて長いチ◯ポは衝撃が大きすぎたのです。

 

 

痛がる女の子とは逆に、

「あー◯学生女子の初マ◯コ最高だぁー」

と喜ぶ五郎。

 

 

「やだっ」

 

「やめてぇ!」

 

「いたいよぉ!」

 

 

「ぱぱまま、たすけてぇっ~」

 

 

だめ、やだ、やだぁ・・・
なんで、私がこんな目に・・・

涙を流しながら挿入される女子学生
コンクールで入賞して嬉しかったのに、こんな酷い目に

ヤリサーの日常
ナンパされて喰われる女子学生達
を今すぐ読みたい!

という方はこちらから

▼▼クリック▼▼
ヤリサーの日常
ナンパされて喰われる女子学生達
ハンディコミック【ヤリサー♂の日常 ナンパされて喰われる女子学生達[KATTS]】LP1※スマホ専用

 

ヤリサーの日常ナンパされて喰われる女子学生達5話はまだ続きます

 

五郎のデカいチ◯ポを挿入していると、

女の子の膣口からは、

薄い白濁色の液体と、

処女膜が破れて出てきた血

が、チ◯ポを出し入れしているとにじみ出てきました。

 

 

女の子の表情とその液体が、痛々しさを物語っています。

 

しかし、五郎は

下半身の気持ち良さと、その液体を見る度に興奮していくのです。

 

 

何度もチ◯ポを出し入れしていくうちに、最初は痛がっていた女子学生も次第に感じ始めて、口からは小さい声で

 

 

「あっ」

 

「んっ」

 

と喘ぎ声が出てしまっています。

 

 

「はっ」

 

 

「あっ」

 

 

バックで挿れられ、腰を振られていると

女の子の顔には似つかない大きな胸が揺れています。

 

 

「ううっ」

 

 

「んんっ」

 

 

チ◯ポを挿れられているのに慣れてきたのか、女の子の喘ぎ声は自然に出てきてしまっています。

 

 

自分のチ◯ポで、処女が感じている。

 

 

そう思った五郎の腰を振るスピードは上がっていきます。

 

 

「俺も興奮してきたぜ!」

 

 

「俺の子供を孕みやがれっ!」

 

 

 

「いやぁっ!」

 

 

女の子が拒否したところで、止まらない腰の動き。

 

 

パンパンパンっ

 

 

車の中に響く犯罪の音。

 

 

「やだっ!」

 

 

「だめぇっ!」

 

 

一番奥深くにチ◯ポが当たる所で、
腰を振るのを止めた五郎。

 

 

ドプっ

 

 

処女の女子学生のマ◯コの中に、たっぷりの精子を発射してしまいました。

 

 

あぁぁぁっ」

 

 

「中で、ビクビク動いてる・・・」

 

 

「精子、出されてる・・・。」

 

 

「赤ちゃん、できちゃうよぉ・・・。」

 

 

妊娠の危機。

女子◯学生なのに、妊娠。

妊娠してはいけない年齢。

 

なのに、

拉致されて中出しまでされて・・・

 

 

絶望の淵に立たされ、悲しい顔をしている女子学生。

 

 

しかし、マ◯コが気持ち良すぎた五郎は、

 

「うぉぉぉすげぇぇ!」

 

「気持ち良すぎて、まだ出る!」

 

 

と、腰を振るのを止めないのでした。

 

痛さで放心状態の女子学生は・・・

 

中出し・・・
やだよぉ・・・
赤ちゃんなんて、産めないよ。
痛みで気を失いそうになっている女子学生。

ヤリサーの日常
ナンパされて喰われる女子学生達

無料試し読みはこちらから
▼▼クリック▼▼
ヤリサーの日常
ナンパされて喰われる女子学生達
ハンディコミック【ヤリサー♂の日常 ナンパされて喰われる女子学生達[KATTS]】LP1※スマホ専用

 

ヤリサーの日常ナンパされて喰われる女子学生達5話感想

ヤリサーの日常ナンパされて喰われる女子学生達5話。

とっても残酷な終わり方でした・・・。

 

こんな酷いことをする男って、もう人間じゃないですよね。

まぁ見てる分には興奮してしまうんですけどね♪

 

ロリ顔なのに、オトナ顔負けのカラダ。

こういうギャップのある女の子って、見てるだけでも興奮します。

 

処女。
そして大事に育てられた娘を、親が知らない所で無理矢理・・・。

きっと親にも相談しないし、一生この事を背負いながら生きていくんでしょうね。可哀想です。

 

でも、こういうのって何故か興奮してしまうんですね。

男って罪深い生き物です。

 

今回の5話は、セ◯クスで女の子を気持ち良くさせる方法も紹介されていました。

 

ああいう風にセ◯クスすると、女の子って感じちゃうんですね。(無理矢理挿れられてても。)

 

こんな事を知っているなんて、さすが名の知れたヤリサーのナンパ師です。

そのテクニックのおかげで、痛がっていた女の子も感じちゃっていました。

(感じている顔が別人みたいに色っぽくて、可愛かったです。)

 

感じている顔だけでも満足出来る仕上がりなので、是非読んでみてくださいね!

次回のヤリサーの日常ナンパされて喰われる女子学生達6話はこちらから

 

ヤリサーの日常
ナンパされて喰われる女子学生達

6話

→5話で完結してしまいました・・・。続きが読みたいっ!

 

 

最後まで、ヤリサーの日常ナンパされて喰われる女子学生達5話ネタバレにお付き合い頂きまして、ありがとうございました!