スクールカースト1話感想を紹介します。

 

 

 

スクールカースト1話登場人物

鈴木さん
(カースト2軍)
(⇓の画像の女の子)

 

スクールカースト1話感想

 

学校では目立たないようにしている鈴木さん。

学校を出た瞬間から、別人みたいになります。

 

学校では地味なイメージで過ごしているから、変装をして別人になる。

 

というのではなく、
学生なのにセ◯クスが大好きなエロ女に変貌していくのです。

 

 

塾の講師をセフレに持ち、
みんなが帰った学習塾の講師の部屋でセ◯クス。

 

 

ラブホには制服を着たままいけないから、塾でセ◯クス。

 

普段、学校ではカースト2軍。

言いたい意見も言えないし、やりたい事もできない。

 

塾の講師の部屋だけでは、自分のヤリたい事をやりまくる。

 

 

講師も学校での鈴木さんの事なんて知らない。

ただ、見た目が良く、マ◯コの締まりも良い鈴木さんとセ◯クスしたいだけ。

 

 

もう何回目のセ◯クスなのかわからないけど、鈴木さんのカラダを熟知している。

 

 

マ◯コに飽きてきたのか、興味からなのか。

「お尻の穴に挿れたい。」と言う。

 

 

最初は「痛いから嫌」と言っていた鈴木さん。

 

 

だけど、

 

「セ◯クスは気持ちいいから好き。」

 

というだけあって、初めてのお尻で受け入れていく。

 

 

痛がるけど、挿入されながら

 

クリ

 

を触られると、思いっきり感じてしまう。

 

 

授業中はまた、いつも通り「本当の自分を隠した」生活。

 

「カースト1軍には入りたくない。」

 

「かといって、カースト3軍も無理。」

 

「今の自分には、カースト2軍でいるのが1番合っている。」

 

セ◯クスが大好きな鈴木さん。

トイレでオ◯ニーまでしてしまうのでした。

 

 

女子校生でセ◯クス好き。

 

自分が望めば、カースト1軍には入れる容姿。

 

 

だけど、面倒だからそれはしない。

 

 

そんな女の子を生み出したのも、

「スクールカースト」

の弊害なのかもしれませんね・・・。

 

 

もっとエロく、詳しい

スクールカースト1話のネタバレを本気で書きました。

 

スクールカースト1話ネタバレ

→スクールカースト1話ネタバレ【大人しい女の子は淫乱だった】

 

 

次回のスクールカースト2話感想はこちら

 

→スクールカースト2話感想

 

最後までスクールカースト1話感想にお付き合い頂きまして、ありがとうございました!