スクールカースト11話感想を書いています。

 

 

 

スクールカースト11話登場人物

三島君

里見絢子

 

スクールカースト11話あらすじと感想

 

「ううっ」

 

椅子に座らせられて、両手を縛られている三島君。

 

パンツは脱がされ、勃起しているチ◯ポは里見さんの目の前にさらけ出されていました。

 

里見さんは、三島君のチ◯ポを指でさわり、

 

「ばっかじゃない?」

 

「こんなに大きくして」

 

と三島君を罵っていきます。

 

 

汚い言葉をかけて、そのまま里見さんは

 

チ◯ポを舐めていきます。

 

 

「汚い・・・」

 

「チンカス付いてるんですけど」

 

 

言葉責めというよりも、馬鹿にしている方が強い。

 

でも、言葉責めをされて、悔しい思いをしているかと思いきや、

三島くんは何故か、興奮してしまっているのでした。

 

 

三島君が興奮しているのに気付いている里見さん。

 

さっきよりも激しくチ◯ポを舐めていくのです。

 

 

ギンギンになっていくチ◯ポ。

 

里見さんはパンツを脱いでいきます。

 

 

「ココに挿れたい?」

 

 

スクールカースト11話の見どころ

スクールカースト11話の見どころといえば、やっぱり

 

里見さんが言葉責めをしながら、三島君にエロい事をしていくトコロですね。

 

チ◯ポを舐めながら、汚い。

と言ったり、

チンカスついてるんですけど~

って、馬鹿にしてみたり。

 

でも、汚いチ◯ポをなんの躊躇もなく、舐めていく。

 

里見絢子。

ドエロイ女です。

 

スクールカースト11話の詳しいネタバレはこちらで書いています。

是非、読んで下さいねっ

 

スクールカースト11話ネタバレ

→スクールカースト11話ネタバレ【屈辱的なのにすっごく気持ち良い】

 

 

次回のスクールカースト12話感想はこちら

→スクールカースト12話感想

 

最後まで「スクールカースト11話感想」にお付き合い頂きまして、ありがとうございました!