スクールカースト14話感想を紹介しています。

 

 

スクールカースト14話登場人物

三島くん

里見絢子

漫画研究部の女の子2人

 

スクールカースト14話あらすじと感想

 

椅子に裸で座らせられている三島君。

その場所には、里見さん。そして漫画研究部の女子2人が呼ばれてやって来ていました。

 

女子2人は処女。

男の子の性器なんて、見た事がありません。

 

日頃から漫画ばかり描いている漫画研究部の部員。

描いているジャンルがBLという事で、

 

男子同士が愛し合うシーン

 

を書かなければいけません。

 

 

でも、

スクールカースト3軍のオタク系女子に、

男性の性器を見る機会なんて、ありません。

 

 

今回は、勉強の為。

と、興味津々で集まっていたのでした。

 

 

「本当にいいの?絢子。」

 

里見さんは、女の子に

「何でもしていいよ。」

「三島君は、私達のオモチャだから」

そう言っていたのです。

 

 

女の子は三島君のチ◯ポに顔を近づけていきます。

 

そして、

口を開けて、

 

チ◯ポを

 

ペロっ

 

と舐めました。

 

 

「うぉぉぉっ」

 

驚く三島君。

でも、女の子はどんどんチ◯ポを舐めていきます。

 

 

女の子がチ◯ポを舐めているのを後で見ていた、もう一人の女の子。

 

当然、この子も処女。

 

男の人とは、普段から話しすらしたことがありません。

 

 

里見さんがこの女の子に近づき、おっぱいを揉んでいきます。

 

「あっ」

 

他人のエッチの現場を見て、少し興奮していた女の子。

カラダは敏感になっていました。

 

「恵理子の乳首勃ってるよ?」

 

「舐めてもらえば?」

 

スクールカースト14話の見どころ

スクールカースト14話の見どころといえば、やっぱり

 

処女の女の子が、チ◯ポに興味津々で、自分のヤリたいようにヤッていくところですね。

 

「普通なら、フ◯ラしてもいいよ。」

なんて、言われたってしないものですが、チ◯ポが好きな女の子は積極的に舐めていく。

 

里見さんが連れてこなかったら、チ◯ポを舐める事なんて出来なかった女の子。

 

欲望のままに、舐めていく姿がエロ過ぎでした!

 

もっとエロく、詳しく!スクールカースト14話をネタバレしています。

こちらでネタバレしているので、よかったら覗いていってくださいねっ

 

スクールカースト14話ネタバレ

→スクールカースト14話ネタバレ【これがおち◯ちんなの?す、すごいっ!】

 

 

最後まで「スクールカースト14話感想」にお付き合い頂きまして、ありがとうございました!