眠るあの子にハメてみた。

1話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。


眠るあの子にハメてみた1話ネタバレ

 

可愛い女の子が、

性に対して無防備

というのは、

近くにいる男の子にとっては、
幸せな瞬間がたくさん訪れてしまうものです(*´ω`*)

 

 

今回の「眠るあの子にハメてみた」1話は、

 

美少女なのに、無防備すぎる女の子『立花愛実』。

 

かがんだ時にパンツは見え、
おっぱいが小さいのにブラを付けないで学校に・・・

 

お風呂上がりに、
Tシャツ1枚というパジャマでは、

 

隣に座られてしまうと、

隙間からおっぱいが見えてしまうのも、

当然の成り行きです・・・

(運良く見れたおっぱいって、最高の幸せです。)

眠るあの子にハメてみた1話あらすじ

 

「もー!起こしてって言ったじゃない!」

 

学校に行く時間に起こしてくれず、兄に怒る妹。

妹の名前は「立花愛実(たちば なあいみ)」

 

 

外には幼馴染の「叶多(かなた)」が待っていました。

 

 

慌てて靴を履いていると、短いスカートからパンツが見えてしまっていました。

 

 

「今日はヒヨコか・・・」

 

 

年頃の女の子なのに、ヒヨコ柄のパンツを履いている愛実。

 

ショートカットで元気いっぱいの愛実。

 

「女の子らしい。」

という言葉が不似合いなのでした。

 

 

学校に向かって歩いていると叶多は「ある事」に気づきます。

 

 

「あいみ?」

 

「ふぇ?」

 

食パンを食べながら歩いている愛実。

 

 

 

「今日、ブラ付けてないでしょ?」

 

 

「!!!!!!」

 

 

ビックリして、
食べていた食パンを落としてしまいました。

 

 

 

「ちゃ、ちゃんと付けてきたわよ!」

 

 

ブラを付け忘れるなんて、ありえないでしょ!

と、少し起こり気味の愛実。

 

少し離れて、学校に向かう2人。

でも、叶多は「愛実がノーブラだ。」と、まだ疑っていました。

 

 

愛実の背後から近づいて、制服の上からおっぱいを触っていきます。

 

 

「ほら!付けてないだろ!」

 

 

ノーブラがバレて、顔を真っ赤にしてしまう愛実。

 

 

「もう、年頃なんだから」

 

「おっぱいが小さいからって」

 

「ブラはしないとダメだろ?」

 

 

白い学校のブラウス。

 

ツン

と小さく突起している愛実の乳首・・・。

 

 

まだ愛実の小さいおっぱいを揉んでいる叶多。

 

「くすぐったいてぇっ」

 

おっぱいを触られて、くすぐったくなってしまうのでした。

 

 

この夜、愛実は叶多を家に泊まらせます。

お風呂に入った愛実が着ているのは、少し大きめのTシャツ。

 

ノーブラの愛実の

小さなおっぱい

は、横に座ってる叶多に思いっきり見られてしまうのでした。

 

年頃の男の子、叶多。

叶多の反応は・・・。

 

眠るあの子にハメてみた。

無料試し読み
はこちら

眠るあの子にハメてみた

▼▼ 画像をクリック! ▼▼
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた1話感想

愛実ちゃんが、とっても可愛いですね(*´ω`*)

普段からノーブラな事が多いんでしょう♪

 

愛実ちゃんのおっぱいのサイズは、推定Aカップ。

「ブラなんて、おっぱいの大きい女の人が付ける物。」

愛実ちゃんは思ってるのかもしれません。

 

そんな女の子が多ければ、胸チラのチャンスなんて、この世のあちこちに落ちているわけで★

毎日、外出してしまいたくなってしまいますよね~(*´ω`*)

 

今回の「眠るあの子にハメてみた」1話は、愛実ちゃんのパンチラと胸チラが少々・・・。

少し物足りない気がしてしまいました。(胸チラが大好物なので、そこは満足していますけど♪エッチなシーンが少なくて・・・)

 

でも、次回の「眠るあの子にハメてみた」2話からは今回以上のエッチなシーンが詰め込まれております!

 

夜這いというよりは、もっとエロ過ぎる展開になっています。

 

次回の「眠るあの子にハメてみた」2話をお楽しみに!

 

次回の「眠るあの子にハメてみた」2話ネタバレはこちら

 

眠るあの子にハメてみた
2話

→起きないなら、チンコ挿れていい?

(タイトルだけで、過激な予感がします★)

 

 

こちらのページで「眠るあの子にハメてみた。」全話まとめています。

 

→眠るあの子にハメてみた【無料画像・ネタバレ・感想】まとめ

 

最後まで「眠るあの子にハメてみた」1話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!