眠るあの子にハメてみた。

4話ネタバレ・あらすじ・感想を紹介しています。

 

眠るあの子にハメてみた。画像

眠るあの子にハメてみた4話ネタバレ

 

「眠るあの子にハメてみた。」4話は、

挿れても、全然起きない愛実。

叶多が前回よりも激しくハメても、一向に起きる気配がありません・・・

 

朝、眠りから覚めると

乳首が痛い

ことに愛実は気付き、不思議がります。

 

「成長期なのかな・・・。」

(眠ってる間にハメられている事に気づかない愛実がとっても可愛いです♪)

 

「眠るあの子にハメてみた」を
早速、
無料立ち読みしたいんだっ!

という方はこちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

 

眠るあの子にハメてみた。4話あらすじ前編

「眠るあの子にハメてみた。」4話タイトル

やべ…睡姦マ●コ気持ち良すぎ…

 

 

愛実の家に泊まり続けている叶多。

ハメても起きない愛実を良いことに、毎晩ハメ続けていたのでした。

 

 

日を重ねていく事に、叶多のハメはエスカレートしていきます。

 

小さくて可愛らしい愛実のおっぱいを

くりくり

と刺激していくのです。

 

 

「あっ・・・」

 

「んっ・・・」

 

 

眠ったらなかなか起きないのを知ってる叶多は、耳元で

 

 

「愛実・・・」

 

 

「起きないとまた・・・。」

 

 

「おかしちゃうよ・・・?」

 

 

と囁きます。

話しかけても起きない愛実。

 

 

指で触ってみると、眠ってるのに

 

ヌレヌレのマ◯コ。

 

濡れているマ◯コを触って、叶多は我慢出来なくなり、

愛実のマ◯コに、

チ◯ポをハメていくのでした・・・

 

 

グチョグチョに濡れている愛実のマ◯コに挿入する叶多。

 

正常位でゆっくりとハメていきます。

愛実の両足を持ち上げ、マ◯コの奥深くにハメていきます。

 

 

 

「んんっ・・・・」

 

 

「あぁぁっ・・・」

 

 

「んっ・・・」
「あっ・・・」

夢の中で感じている愛実!

眠りから覚めない愛実に、
叶多はもっと大胆なことをしていく!

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

無料立ち読みと本編は
こちらからどうぞ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

眠るあの子にハメてみた4話感想

 

ハメられても、全然起きない愛実が良いですよね(*´ω`*)

叶多みたいに、眠ってる女の子に「こんな事」をしても良いなら、世の中の女性は全員眠っていたら良いのに・・・。と思うのはイケナイことでしょうかw

 

服を脱がされて、股を広げさせられてる愛実が

とってもエッチ

なので、「愛実ちゃんが気になる男性」は是非、「眠るあの子にハメてみた4話」を読んでみて下さいね~。

 

ちなみに今回登場した「園村知華さん」。

この女の子が次回以降、良い活躍をしてくれます♪

 

 

次回の「眠るあの子にハメてみた。5話」は、

兄が日勤になって、セ◯クス出来ない叶多。

 

ノイローゼ気味になってしまいますw

何日間も「愛実にハメられない日」が続き、ムラムラしています。

 

ですが!

という内容になっています。

 

次回の「眠るあの子にハメてみた。」5話のネタバレもお楽しみに!

 

次回の「眠るあの子にハメてみた」5話のネタバレはこちらから

 

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

5話

→お預けされてもう我慢できない!

 

 

「眠るあの子にハメてみた。」
を無料立ち読みしたいんだっ!

という方はこちらからどうぞ

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイっても起きないんだもんっ

▼▼ クリック! ▼▼
眠るあの子にハメてみた。
【コミなび純稿】眠るあの子にハメてみた。~入れてもイっても起きないんだもんっ!ver1

前回の「眠るあの子にハメてみた3話ネタバレ」を読んでみても良いかな?という優しいアナタはこちら

 

眠るあの子にハメてみた。
入れてもイッても起きないんだもんっ

3

→寝ているあの子にナマで中出し

 

 

 

こちらのページで「眠るあの子にハメてみた。」全話まとめています。

 

→眠るあの子にハメてみた【無料画像・ネタバレ・感想】まとめ

 

 

最後まで「眠るあの子にハメてみた。」4話ネタバレにお付き合い頂きまして、有難うございました!